88件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

東京・大手町の本社と横浜支店の社員を対象に地方都市6支店でのテレワークを認めたり、コアタイムがない「フルフレックス制」を導入したりする。... 東京五輪・パラリンピックの期間中はさらに、コアタイムがな...

20春闘/関電、ベア見送り (2020/3/13 総合3)

一方、柔軟な働き方実現に向け、コアタイムのないフレックス勤務制の原則、全事業所への拡大を決めた。

具体的には「自分のパソコンでの作業が容認された」が6人、「事前承認制がなくなった」が4人、「コアタイムがなくなった」が3人、「外部持ちだし資料の許容範囲が変更された」が2人など。

新型肺炎/感染対策導入相次ぐ (2020/2/28 総合3)

双日は既存のスーパーフレックス制度(コアタイムなし、7―20時までの間、1日5時間以上の就業)を活用し、比較的空いた時間帯での通勤や、混雑を回避したルートの選択を推奨する。... 併せて10―15時の...

通勤時の混雑を避けるため、コアタイムを11時からに設定した。... 4月以降は週2回以上のテレワークと、時差出勤やフレックスタイムを組み合わせた対策に着手する。

コアタイムである11時―15時30分の勤務を守りながら出退勤時間を調整する制度などを活用している。

通勤ラッシュと重ならない時差出勤のほかフレックス勤務制度のコアタイム短縮も行っている。

神鋼商事はフレックスタイム制度を4月に導入する。... 通常の勤務時間が9時から17時15分まで(東京本社は9時15分から17時半まで)なのに対し、11時から15時までをコアタイム...

経営革新計画承認/東京都・33件 (2019/12/27 中小企業・地域経済)

▽小川テキスタイル(千代田区)=インクジェット技術を転用した住宅のトータルデザインの提供▽三耀フーズ(港区)=安心安全な外国産水産物の魅力をアピールする飲食店支援事業▽日本シスラボ(豊島区)=ビジュア...

コアタイムは10時―16時。リモートワークは週3日までとするなどコアタイムやリモート勤務地の一定の制限を設けて行った。

併せて、自由勤務時間制(フレックスタイム)のコアタイムを廃止。

会議などが集中する時間帯の11―15時をコアタイムに定め、始業や終業時間は社員の裁量に委ねる。

【電子版】先週の注目記事は? (2019/10/8 特集・広告)

4位 青山学院大、院生40人を助手に雇用 文系の研究者育成 5位 山善、取引先の事業承継支援 第1弾に石原技研 6位 おいしいポテトサラダの作り方、科学的に解明 キ...

三洋化成、フレキシブル休職導入 来月から最大2年間 (2019/10/3 素材・医療・ヘルスケア)

このほか現在時短勤務で働く正社員もコアタイムのない「スーパーフレックス制度」を適用できるようにする。

NEC、服装自由に フレックスはコアタイム廃止 (2019/10/1 電機・電子部品・情報・通信1)

働き方改革の一環として、勤務しなければならない時間帯(コアタイム)のないフレックスタイム制度「スーパーフレックス」を10月から導入する。従来のフレックスタイム制度におけるコアタイム(8時30分から15...

生産面では「リードタイム3分の1、生産性2倍という目標を掲げ、“よどみのない流れでつながるモノづくり”改革に取り組んでいる」(中村工場長)という。コア部品からの一貫工程や、多くを占める一品一様品をスピ...

【広島】広島銀行はフレックスタイム制度で設けている必ず働かなくてはならない時間帯「コアタイム」を4月1日に廃止する。... このうちコアタイムは13―16時となっている。コアタイムを廃止することで、各...

世界に最善を DMG森精機・森雅彦社長 コアタイム制など柔軟な働き方の支援や20日間の有給休暇取得、勤務間インターバル制度を徹底する。

本製品で加工することで、設備投資を抑制できるほか、生産リードタイムを短縮できる。... これら独自開発のコア部品によりイオンの動きを制御。... 砥石(といし)台の軽量化と低重心化で研削性能を高め、サ...

多様な人材の活躍を促進する働き方改革において、住友商事は国内単体で11月に在宅勤務などのテレワーク制度(週あたり2日分が上限)と、コアタイム(勤務義務のある時間帯)をなくした「スーパーフレックス制度」...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる