578件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

NEC、5Gモバイル伝送運用開始 アマゾンのクラウド活用 (2020/3/24 電機・電子部品・情報・通信2)

ローカル5G向け法人需要も含め、5Gモバイルコアネットワーク事業全体で2023年度末までに売上高100億円を目指す。 ... 法人は既設業務ネットワークとシームレスに接続することで、...

東京・大手町の本社と横浜支店の社員を対象に地方都市6支店でのテレワークを認めたり、コアタイムがない「フルフレックス制」を導入したりする。... また、五輪期間中は自宅やサテライトオフィスなど「業務遂行...

エネ効率90%、公共施設など開拓 三浦工業は、業務用燃料電池「FC―5B」を拡販する。... 産業用ボイラのトップメーカーとして存在感を示す三浦工業は「熱、水、環...

特に業務のICT(情報通信技術)化が急速に進んでいます。... 製品自体がコモディティー化されて、当社の主要なお客さまである製造業自体が、各種業務のICT化の目的をこれまでの業務効率化から、生産効率を...

例えば日々の業務を標準作業化したり、トラブルが起きた場合にすぐ上長に報告・対策して手戻りを減らす仕組みを作ったりしている。... 既存のリアクトルコアに加え、部品一体成形型の電波吸収体や、モーターコア...

新型肺炎/感染対策導入相次ぐ (2020/2/28 総合3)

双日は既存のスーパーフレックス制度(コアタイムなし、7―20時までの間、1日5時間以上の就業)を活用し、比較的空いた時間帯での通勤や、混雑を回避したルートの選択を推奨する。... 同支社の従業員約50...

また、中国人と濃厚接触した社内システム開発業務担当を4日から2週間、自宅待機とした。その間、通常業務時間の8時半から17時15分まで自己申告によるテレワークを実施した。... 通勤時の混雑を避けるため...

日本生命保険は全職員を対象に、業務に支障がない範囲で10時までの時差出勤を認めた。 ... コアタイムである11時―15時30分の勤務を守りながら出退勤時間を調整する制度などを活用し...

大興、製造業の業務を総合支援 設計―保守まで一括 (2020/2/24 電機・電子部品・情報・通信)

一つのプラットフォーム(基盤)として提供し、顧客の業務効率向上に役立てる。... DDXは独自開発のソフト「DDXコア1」を活用し、CADデータをXVL形式に変換するなどデータを軽量化できる。... ...

ソフトバンクは17日から全社員1万7000人を対象に業務に支障のない範囲での時差通勤、100人以上が参加する不要不急な会合の参加自粛を呼びかけた。... 通勤ラッシュと重ならない時差出勤のほかフレック...

2018年5月に開設した保育所「はにかむほいくえん」は、コア技術のハニカムローターと子どもたちの笑顔をかけ合わせて名付けた。... 要望がある0―1歳の受け入れ拡大には、社会的な保育士不足の中で業務委...

「(継続の)判断基準はコア事業として成長の見込みがあるか、もしくはニッチでも強みを生かせる分野。(業務委託やコーティング技術を生かした製品など)強化する分野では、他業種から配置転換した人材の教育や採用...

「投下資本利益率(ROIC)を基準に決めるがコア事業は維持する。例えば働き方改革の課題が増えている中で(顧客からの)受注業務という受け皿は必要だ」 ―海外情勢や国内景気はどうみていま...

従業員個々の事情や、商社ならではの業務実態に即した柔軟な働き方を目指す一環として、管理職を含む全従業員を対象に実施する。... 通常の勤務時間が9時から17時15分まで(東京本社は9時15分から17時...

2020 TOP年頭語録/東京電力HD・小早川智明社長ほか (2020/1/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

誰のため、何のため、何ができるか心にとめ、業務を遂行しよう。... コアとなる分野で人の力は欠かせない。

2020予測/エンジ3社、新分野に挑む (2020/1/6 機械・ロボット・航空機)

国内は新規案件受注だけでなく既存プラントの点検業務に注力する。... 「当社のコア事業はあくまでもLNGプラント建設。

だからこそ一人一人が業務効率化や変化への対応を意識して働かねばならないと思います。... 日々の業務と勉強を両立してスキルアップし、人や社会に貢献できるインパクトのある製品を開発したいですね。 ...

他社に先駆けて業務のIT化を進め、特注品への対応力を高める。 ... 《喜びの声》「イノベーションを起こす」ことを事業のコアに据えており、まさにこれを象徴するような賞を頂戴しました。

全国地方銀行協会がまとめた地銀64行の4―9月期決算は、当期利益が前年同期比18・8%増の3994億円となったものの、コア業務純益は同9・3%減の5036億円。日銀のマイナス金利政策で預貸業務の利ざや...

効率性を上げるために製造現場や本社業務でもロボティクスやIoT(モノのインターネット)の活用を広げ、価値を生む仕事に人材の登用を進めたい」 【記者の目/協業などで競争力向上】 ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる