7,444件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

NEC、カゴメと契約 海外営農支援、トマト栽培にAI活用 (2020/4/2 電機・電子部品・情報・通信2)

熟練栽培者のノウハウを習得したAIが、水や肥料の最適な量と投入時期を指示することで、栽培の巧拙にかかわらず、収穫量の安定化と栽培コストの低減を実現する。

飛島建、低コスト防振堤を開発 敷鉄板・土のう活用 (2020/4/2 建設・生活・環境・エネルギー2)

飛島建設は建設工事で発生する振動を、伝搬経路に敷鉄板と複数の土のうを設置するだけで低減できる「防振堤」を開発した。剛性の高い下層部分と質量を付与する上層部分が一体となって挙動し、地表面の変位を拘束して...

ただ2次以下のサプライヤーの中には、安価なコストを背景に中国で大量生産しているケースもある。サプライチェーン全体を密に管理することで、調達リスクの低減を図る。 ... 国際貿易投資研...

休眠設備の有効利用につながったほか、ポリエチレンの外部調達が減少、原料調達コストの低減に寄与したという。

従業員は出社すると作業着に着替え、現場に入る際はさらに白衣を着てリスク低減につなげている。 ... ギョーザの加工は食品ロス低減に力を入れる。型抜きした皮や成形後に不良品と判断したも...

荏原、トンネル内の換気設備を首都高に納入 (2020/3/31 機械・ロボット・航空機2)

荏原は、送排風機やジェットファン(写真)などの設備、排風機の運転音を低減する「サイレンサ」などの換気設備を首都高速道路(東京都千代田区)に納入した。... トンネル内環境に合わせた各換気設備の効率的な...

火力発電のアンモニア混焼商用へ IHIなど、事業化調査 (2020/3/30 機械・ロボット・航空機1)

IHIはアンモニア混焼時の熱効率評価を行うためのアンモニア貯蔵・供給設備やボイラ関連設備、JERAは混焼に向けたアンモニア貯蔵・気化器の仕様設計、丸紅は大型船の活用など輸送効率向上の検討、ウッドサイド...

ダンプ業者もコスト交渉などに手間がかかる。 ... アプリ一つで建設現場とダンプカーの橋渡しができ、運行ロスの低減にもつながれば、業界イメージを刷新できるとふむ。

コストは従来工法の約半分だ。... 続いてダム現場のコンクリート骨材貯蔵施設には天然パルプ系不織布が原料の紙製シートを内蔵した「アースカラークールシート」を適用、断熱材のみと比べ最大15度Cの温度低減...

ダイダン、三重大にパッケージ型細胞培養加工設備 (2020/3/26 機械・ロボット・航空機1)

納入したユニットは再生医療等製品の製造施設に必要な部屋や機能をコンパクトにしたことで、建設コストや初期費用を低減した。

両者で知恵を出し合い、原価低減に向けた細かなすり合わせを推進。... トヨタは2010年から、中長期の視点で競争力ある部品づくりを進める「良品廉価コストイノベーション(RRCI)」を始めた。... シ...

実用化にはハスクレイの製造コストの低減が課題だ。... 農家への普及につなげるには「半額程度にする必要がある」(鈴木グループ長)と低コスト化を目指す。 ...

これらの機能を利用することで、顧客に対して迅速な修理計画を提案するとともに、大きな故障が起こる前に診断するため、顧客のメンテナンスコスト低減にもつながる。

情報通信審議会(総務相の諮問機関)は19年末、市場に与える影響が低くなったほか、調達コスト低減で消費者への利益還元や先端的な研究開発投資を促せるとして、公正競争を阻害しない範囲で例外的に共同調達を認め...

電力自由化に伴う公平性や、災害復旧を含めた安定供給網の維持、そしてコスト低減が求められる。... 基本的使命は電力を低コストで、安全に安定供給すること。... コスト上昇要因が多い中、いかにコストを下...

食品トレーとの比較で二酸化炭素(CO2)排出量35%以上削減や包装コスト低減、消費者や店舗がトレーを洗う手間を省ける利点を訴求。... 食品の酸化、変色を低減する新機能も加える方向。

コスト低減や時間の短縮につながる利点を訴求し、全国で事業展開していく。

二酸化炭素(CO2)を大幅に低減する中型コージェネレーション発電システムとしての実用性を立証した。 ... 事業化にあたっては500キロワット級で従来のディーゼルエンジンと同程度のコ...

Cat325は、各種機能を採用することで、燃料効率の向上やメンテナンスコストの低減などに貢献する。... 設定した角度に近づくと旋回の動きを自動停止し、旋回による接触や衝突のリスクを低減。

挑戦する企業/住友化学(16)化学で地球を救う (2020/3/19 素材・医療・ヘルスケア)

技術・研究企画部を担当する執行役員の栗本勲は、「重点4領域の中で『環境負荷低減』の領域は開発ステージが進んでいる」と話す。... 既存手法のCO2をアミン溶液に吸収させた後、溶液を加熱して高純度のCO...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる