1,070件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の進展で、車1台当たりのコンデンサー搭載数が増えており、ニチコンは旺盛な受注が続く。

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)が進展する中、電話がスマートフォンに進化したように、車でも最新の情報やサービスを提供できるかが重要になっている。  ... コ...

日産は新車開発時にどのような半導体を採用しているかをあらためて確認した上で、例えばCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)関連の技術で、日産固有の特殊半導体を搭載した部品を使う場合、同...

さらに最近のCASE(コネクテッド、自動化、シェアリング、電動化)の進行で、ビジネスシーズや変化の兆候を求める姿勢が強まっている」 自動車産業支援ファンドに参画する動機として「情報収...

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)などの新技術により自動車が変容し、部品メーカーの既存事業は縮小が避けられず、新たな収益源を確立することの重要性が増している。

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の流れをつかみ、成熟事業であるカーナビゲーションやカーオーディオ偏重の事業構造からの脱却を目指す。

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)技術の進展を受け、自動車部品各社が事業領域を広げている。

一方で、次期トップにはCASE(コネクテッド、自動運転、サービス、電動化)の進展や脱炭素への急速な流れへの対応が欠かせない。

CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)への対応などで既存事業の延長線上にない変革を迫られる中、ジョブ型制度の導入で多様な人材の確保につなげる。

「ソフトウエアやコネクテッド技術も“手の内化”する」と力を込めるのは、トヨタ自動車執行役員の山本圭司さん。

サスペンションなどの足まわり部品を得意としてきたが、CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)時代を前にして新しい収益の柱を模索している。

CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)への対応で研究開発費は膨らむ。

企業や団体、個人が集い自由な発想でイノベーションを起こす場として、一般社団法人「コネクテッド・インク・ビレッジ」を設立。

業種別では、輸送用機械が市場回復を踏まえた新モデル開発やCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)、安全性向上関連を中心に同5・7%増加するほか、電気機械では省エネルギー用、車載用、第5...

自社開発探る車メーカー 【新「垂直統合」】 「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」では半導体の利用が質・量ともに格段に上がる。

いずれにしろCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)やカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)といった、押し寄せる難局を柔軟に乗り切る資質が求められることは確実だ。

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)やMaaS(統合型移動サービス)など自動車や交通に関する新たなニーズを社会に反映させる上で、インフラとしての維持管理や機能強化も求められる。

《自動車業界ではCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)技術活用が広がる》 「新技術の投入はプロダクトアウトかマーケットインかという議論もあるが“どちらか”ではない。

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の進展具合が速度を左右する。

カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)やCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)など、変化が激しい自動車業界を勝ち抜くため「真にグループ経営を進める上での象徴」(伊勢清貴副...

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる