83件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

傘下のそごう・西武を売却し、百貨店事業から撤退。好調な北米コンビニ事業をはじめ海外に成長の軸足を移す。... アクティビストの要求は、そごう・西武だけでなく、コンビニ以外の非中核事業を対象にしており、...

セブン&アイ、通期上方修正 海外コンビニ事業伸長 (2022/1/14 建設・生活・環境・エネルギー)

米ガソリンスタンド併設型コンビニエンスストアの買収で、海外コンビニ事業が大きく伸長するのが要因。 ... 海外コンビニ事業が営業収益で前年同期比2・1倍、営業利益で同56・2%...

海外コンビニ事業を「グループ成長のメーンドライバー」と位置付け、特に北米での成長拡大を重要テーマにしており、シナジーの早期発現・拡大にはスピード感が求められる。 ... 北...

コンビニ、日販回復 大手3社とも伸長 3―8月期 (2021/10/18 建設・生活・環境・エネルギー)

さらなる回復に向けて、事業環境は好転しているように映る。... セブン―イレブンを傘下に置くセブン&アイ・ホールディングス(HD)は22年2月期通期での国内コンビニ事業で、売上...

そこから自社や顧客の設備の組み立てに事業領域を拡大。... 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業で、大手コンビニ事業者の仕分け自動化に関する開発案件に参画した。... ...

主力のコンビニ事業に経営資源を集中させるよう要求した。 報道によると、バリューアクトは投資家向けの書簡で、コンビニ事業に集中するか、分離すれば、企業価値が倍以上になると主張したほか、...

セブン&アイの通期見通し、営業益3400億円 海外回復で上方修正 (2020/10/9 建設・生活・環境・エネルギー)

海外コンビニエンスストア事業が回復し、さらに国内のスーパー事業も好調なのが主因。... 国内コンビニ事業は売上高が同6・1%減、営業利益が同11・5%減。百貨店事業の売上高は同33・4...

電話会見したセブン&アイの井阪隆一社長は「成長ドライバーと位置づける北米コンビニ事業の成長と価値創造につながると確信している」と説明。... (総合1参照) ...

セブン&アイの通期見通し、当期益45%減 コロナ影響を考慮 (2020/7/10 建設・生活・環境・エネルギー)

休業が続いた百貨店事業の売上高減少が大きく、国内外コンビニ事業の売上高も減少した。

伊藤忠商事はファミリーマートの上場廃止によって、コンビニエンスストア事業の変革に踏み切る。... そうなると、コンビニ事業がこれまで前提としていた出店立地や決済手段、商品構成などは大幅な変更を迫られか...

セブン&アイの前2月期、営業最高益 コンビニ事業好調 (2020/4/10 建設・生活・環境・エネルギー)

国内のコンビニ事業は粗利率が改善し販管費が減って営業増益となり、米国のコンビニでも販管費削減に成功した。 売上高は国内のコンビニは増税後のキャッシュレス決済伸長で好調だったが、スーパ...

人手不足などの課題を抱え国内コンビニ事業は大きな伸びは見込めず、セブン&アイは海外での成長を探る。 同社は05年11月に米セブン―イレブンを完全子会社化し、18年1月には米・...

北京ローソン、現地企業の合弁会社に (2019/4/8 建設・生活・環境・エネルギー)

株式の持ち合いによって、北京首農グウフェンは中国でのコンビニ事業を拡大させ、ローソンは北京市内での出店を加速できる。

セブン&アイの3―11月期、最高益更新 (2019/1/11 建設・エネルギー・生活1)

国内で加盟店に対して実施しているセブン―イレブン・チャージ1%特別減額実施などが影響して、国内コンビニ事業の営業利益は微減。一方、海外のコンビニ事業は北米で収益性の低い既存店の閉店やオリジナル...

今後コンビニだけでいいわけではないが、規模は重要だ。... しかし当時のユニーGHD経営陣がGMS事業切り離しを拒否。16年9月の統合時点では、ユニーGHD側が不採算の店舗や事業からの撤退などに取り組...

セブン&アイHDの通期予想、営業益8期連続最高 (2018/4/6 建設・エネルギー・生活1)

1月に取得が完了した米スノコ(テキサス州)のコンビニエンスストア事業やガソリン小売事業が貢献する。スーパーストア事業や百貨店事業の構造改革も引き続き進める。 18年2...

コンビニ事業テコ入れ/「中食」生産管理システム統一 ユニー・ファミマHDがグループ戦略の核に位置付けるコンビニ事業も、決して安心できる状態にはない。 .....

航空機事業では、日本の代理店となっている米ボーイングと、グローバルでのパーツアウト事業を検討している。自動車事業では、独BMWのディーラー事業を米国、ブラジル、大阪で手がけ、関係が出来つつあるので、ア...

日本の事業モデルであるFCを導入し、25年までに17年比8倍の800店舗に拡大する計画を達成する。 双日は15年にミニストップやベトナムの企業と合弁会社を設立し、現地のコンビニ事業に...

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が12日発表した2017年3―8月期連結決算は、国内、海外ともにコンビニエンスストア事業が好調で、増収当期増益となった。コンビニ事業は国内...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる