電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

412件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

サーキュラーエコノミー(循環経済)に寄与する素材として、既存のテーブルウエアに加え、自動車や建造物の内装材、電気製品の筐体(きょうたい)など用途開発を推進。

同行主導で化学メーカーや関連事業者を結びつけ、サーキュラーエコノミー(循環経済)のサプライチェーン(供給網)を築く。

インタビュー/大同特殊鋼社長・清水哲也氏 高合金増強に300億円投資 (2024/7/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

また自動車メーカーともサーキュラーエコノミー(循環経済)推進を目指して手を組む。

企業スクエア/ANA・中部空港など (2024/7/10 生活インフラ・医療・くらし)

愛知県が発足した「あいちサーキュラーエコノミー推進プロジェクトチーム」メンバーの大和エネルフ(同春日井市)、山陽化学(同蒲郡市)、愛知プラスチックス工業(同&#...

廃棄物を最小化する「循環経済(サーキュラーエコノミー)」への関心の高まりを背景に、現状100億円強の海外売上高を4年後に約3倍、将来的には1500億円に拡大し、「ブランドリユース売上高...

新日本電工、焼却灰の処理能力7割増 溶融し建築資材に (2024/7/8 素材・建設・環境・エネルギー)

サーキュラーエコノミー(循環経済)の推進に貢献したい考えだ。

限られた資源有効活用 カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向け、サーキュラーエコノミー(循環経済)に関わる市場が拡...

JARECなど、再生材基準改定を働きかけ まず自治体ゴミ袋 (2024/7/2 素材・建設・環境・エネルギー1)

サーキュラーエコノミー(循環経済)実現への貢献を目指す。

環境対応では「樹脂リサイクルや貴金属の再資源化など、サーキュラーエコノミー(循環経済)に産学官連携で取り組む」考え。

大林組、構造体を再利用 新築建物にコンクリ製部材活用 (2024/6/28 素材・建設・環境・エネルギー)

カーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)やサーキュラーエコノミー(循環経済)に寄与する技術の開発や提案につなげる。

東京都はサーキュラーエコノミー(循環経済)の実現に向け「プラスチック資源循環」「食品ロス削減」「地域に密着したサーキュラーエコノミーの社会実装」の三つの補助事業を始める。... サーキ...

それを当社で組み立てることでカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)やサーキュラーエコノミー(循環経済)につながる」と期待する。

深層断面/建設業界、木材活用進む (2024/6/24 深層断面)

さらにサーキュラーエコノミー(循環経済)、ネイチャーポジティブ(自然再生)といった考えの浸透も木材の活用の大きな原動力になっている。

サーキュラーエコノミー(循環経済)の実現を目指す県内企業が取り組みなどを紹介した。... 「カーボンニュートラルとサーキュラーエコノミーへの期待は広がっている。... 春日社長は間伐材...

DMG森精機は工作機械の使用済み鋳物部品を回収し、再び同社製工作機械の鋳物部品の原料に再資源化するサーキュラーエコノミー(循環経済)の構築に乗り出した。

CE推進で重要な情報プラットフォーム サーキュラーエコノミー(CE)を推進する重要なカギとして情報プラットフォームが挙げられる。

パナHD、循環経済前提に家電設計 修理・耐久性向上 (2024/6/17 電機・電子部品・情報・通信)

修理のしやすさや耐久性の向上などを取り入れた設計に最適化する試みを今春から開始し、サーキュラーエコノミー(循環経済)の実現に向けた商品展開を強化する。

定型業務も軽減 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月に機構改革を実施し、水素・アンモニアや半導体、サーキュラーエコノミー(循環経済)な...

そのため、大量生産・大量消費・大量廃棄を前提とした経済システムである「リニアエコノミーモデル」から、モノを長く使い、廃棄物を資源に循環する「循環経済(サーキュラーエコノミー、CE)シス...

ファンドを通じ、資源消費の最小化、廃棄物の発生抑止を目指すサーキュラーエコノミー(循環経済)や、自然生態系の損失を防ぎ、回復するネイチャーポジティブ、気候変動問題を解決するクライメート...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン