29件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

積水化学、資源循環方針を策定 (2021/9/14 素材・医療・ヘルスケア)

積水化学工業は2050年のサーキュラーエコノミー(循環経済)実現を目指し、資源循環方針を策定した。... 製品製造工程では、新製品の設計や既存製品の各製造プロセスを見直して資源循環を後押しする。

環境省、経済産業省、経団連は2日、日本の先進的なサーキュラーエコノミー(循環経済)の取り組みを集めたウェブサイトを開設したと発表した。... 循環経済は資源を有効活用し、大量生産から脱却する経済モデル...

資源を長く使うサーキュラーエコノミー(循環経済)が浸透し、リフォームやリペア(修理)などの市場拡大を見込む。... 19年には環境産業が23兆円の経済波及効果を生み、国内総生産(GDP)の8・3%を占...

企業制服の廃棄ゼロへ 高宮・警備ログなど、リサイクル構築 (2021/6/4 建設・生活・環境・エネルギー)

企業は制服の廃棄をなくし、化石資源の循環利用に協力できる。... 資源を有効活用するサーキュラーエコノミー(循環経済)や持続可能な開発目標(SDGs)が登場し、企業は廃棄物削減が迫られている。... ...

サーキュラーエコノミー(循環経済)実現に向け、35年までに使用済みプラスチックを100%リユースやリサイクルする。

廃棄物ゼロを目指すサーキュラーエコノミー(循環経済)への転換も企業の課題となっている。

“脱石油樹脂” パナソニック・小原英夫マニュファクチャリングイノベーション本部長 当社はサーキュラーエコノミー(循環経済)の思想をモノづくりに取り入れている。

「資源を使い捨てるのではなく循環させていく『サーキュラーエコノミー』(循環経済)。... 「今までの経済活動では、専門分化することが効率的な生産に結びついていた。

サーキュラーエコノミー(循環経済)の実現に向け、タイヤをゴム、原材料に戻すリサイクル事業にも着手する。

三菱UFJリサーチ&コンサル、「循環経済協会」を共同設立 (2021/3/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京都港区)とハリタ金属(富山県高岡市)は16日、一般社団法人「循環経済協会」を設立したと発表した。限られた資源を有効活用しながら利益を生むサーキュラーエコノミー...

JX金属、阪大に共同研究講座 ビジョンを共有 (2021/3/8 素材・医療・ヘルスケア)

JX金属は、大阪大学に共同研究講座「JX金属サーキュラーエコノミー推進共同研究講座」を開設する。4月1日付で大学院工学研究科に設置し、サーキュラーエコノミー(循環経済)の実現に向けたビジョン共有型の産...

環境省、WEFと循環経済で来月会合 (2021/2/10 建設・生活・環境・エネルギー)

小泉進次郎環境相は9日の閣議後会見で、環境省と世界経済フォーラム(WEF)が共催し、3月2、3日に「循環経済ラウンドテーブル会合」をオンライン形式で開催すると発表した。国内外の企業トップが参加し、資源...

気候変動対策やサーキュラーエコノミー(循環経済)の実現に寄与する製品や技術の開発に向け、企画や研究、マーケティングに取り組む。

環境省と経団連は20日、サーキュラーエコノミー(循環経済)で連携することに合意した。... 欧州を中心に海外で循環経済への移行が進む中、官民で連携して日本の存在感を高める狙い。 .....

不用な衣料や生産時の裁断くずを分解し、チップから糸にした後、衣料品として再生するサーキュラーエコノミー(循環経済)の実現を目指しています。

サーキュラーエコノミー(循環経済)やバイオ素材など、環境に寄与する技術が求められる。

大企業にないアイデアや技術を持つ新興企業との連携を深め、サーキュラーエコノミー(循環経済)に関係する技術革新を加速する。

「国連の持続可能な開発目標(SDGs)やサーキュラーエコノミー(循環経済)の流れは欧州が主導しており、技術開発のハブに位置付ける。

また欧州ではエンジニアリングプラスチックリサイクルを手がけるスイスのミンガーグループも2月に買収しており、サーキュラーエコノミー(循環経済)に向けた取り組みに注力している。

ダイキン工業は、地球温暖化対策やサーキュラーエコノミー(循環経済)への取り組みをまとめた「サステナビリティレポート2020」を公開した。... 循環経済の取り組みとして、空調機器に使われた冷媒の再生拠...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる