93件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

シェールガス開発の行方注目 新政権発足が世界のエネルギー市場に影響を及ぼす要素は気候変動対策、シェール開発政策、イランなど中東外交と大きく三つが考えられる。... シェール開発を規制...

中国石油化工、新ガス田の第1期開発を完了 (2021/1/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

中国石油化工(シノペック)は同国南西部の四川省で新しいシェールガス田「威栄」の第1期開発を完了したと明らかにした。... 威栄は四川省の内江市と自貢市にまたがっており、シノペックにとって涪陵シェールガ...

東ガス、前3月期予想を下方修正 海外事業で特損 (2020/4/24 素材・ヘルスケア・建設・生活・環境・エネルギー)

東京ガスは23日、2020年3月期連結業績予想で、シェールガス開発など海外事業の減損損失約284億円を追加で特別損失に計上し、営業利益を前回発表より120億円減の1010億円、当期利益を同340億円減...

米国で買収したシェールガス開発会社や出資する液化天然ガス(LNG)事業「フリーポートLNGプロジェクト」など複数の米国事業が収益増に貢献する。

展望2020/大阪ガス社長・本荘武宏氏 再生エネ開発、倍増視野 (2020/1/10 建設・生活・環境・エネルギー)

先月に米国シェールガス開発会社の買収手続きが終わり、米国で出資する、天然ガス火力発電所と液化天然ガス(LNG)事業『フリーポートLNGプロジェクト』が商業運転を始めた。... 「30年度に再エネ電源の...

シェールガスや液化天然ガス(LNG)の調達拡大など米国プロジェクトの立ち上げ効果が大きい。... (建設・生活・環境・エネルギー1に関連記事) 米国では約650億円を投じ、7月に買収...

都市ガス業界、海外CO2削減に年1820万トン貢献 ガス協 (2019/8/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

都市ガス大手の海外での液化天然ガス(LNG)開発や受け入れ基地建設などの事業を通じて、石油と比べて二酸化炭素(CO2)排出量をどれほど抑えているかをまとめた。... 都市ガス大手は17年度の海外でのガ...

大ガス、650億円で米シェール開発会社買収 年内に全株取得 (2019/7/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

大阪ガスは29日、米国シェールガス開発会社の「サビンオイル&ガス」(テキサス州)を買収したと発表した。... 日本企業の米国シェールガス開発会社の買収は初という。... サビンは06年に設立したシェー...

山東省の勝利油田や四川省のシェールガス開発区における探査の増強に備え、昨年の上流部門の設備投資は596億元(約89億ドル)に上り、2014年以来の高水準となった。 ... 勝利油田の...

展望2019/大阪ガス社長・本荘武宏氏 エネルギーソリュ推進 (2019/1/17 建設・エネルギー・生活1)

「国内は再生可能エネルギー中心に電源開発を着実に進める。... 18年に参画した米国2カ所目のシェールガス開発の投資効果も高めたい。

石油資源開発が事業参画するカナダのブリティッシュコロンビア州北東部におけるシェールガス開発・生産プロジェクト「ノースモントニープロジェクト」で、高圧ガスパイプライン建設工事が始まった。 ...

住商、タイトオイル権益取得 投資総額110億円 (2018/7/6 建設・エネルギー・生活1)

住友商事は5日、米テキサス州でシェール(頁岩〈けつがん〉)層から採れるタイトオイルの生産・開発権益を取得すると発表した。... 住友商事が取得したのは、IOGなどがテキサス州イーグルフォード地域に保有...

大ガス、米シェールガス開発 2カ所目に160億円投資 (2018/7/2 建設・エネルギー・生活)

大阪ガスは米国テキサス州でシェールガス生産開発事業に参画する。... 大阪ガスのシェールガス開発の参画は米国で2カ所目。... 今回のシェールガス生産開発は、サビンオイルなどがテキサス州に保有する約4...

加えて、英エネルギー大手BPや米アナダルコ・ペトロリアムを含む海外企業と、シェールガス開発に関する協議を行っている。

純国産のエネルギー資源と期待されるメタンハイドレート開発が分水嶺(れい)を迎えている。... 原油安や米国のシェールガス開発の進展で、足元ではメタンハイドレート由来の液化天然ガス(LNG)が競争力を持...

【完全子会社化】 2000年代後半にわき起こった「シェールガス革命」を背景に、天然ガスの一大産出国に変貌した米国。... 【北米でガス販売】 しかし、その後にシェー...

そうなれば、我々の米国でのシェールガス開発や国内産ガスを使ったLNG(液化天然ガス)、化学品事業の収益基盤もより強固になるだろう」 ―原油などの資源価格が回復していますね。 ...

経済協力開発機構(OECD)は「保護主義の高まりは、すでに弱まっている世界貿易をさらに悪化させる恐れがある」と警鐘を鳴らす。 ... だが、この合意の遂行には不透明感が残るほか、トラ...

三井物産は22日、米国シェールガス事業の一部権益を、米石油・ガス開発会社のアルタに売却すると発表した。... マーセラス地区でのシェールガス開発権益は10年に14億ドルで取得し、探鉱・生産に取り組んで...

東京ガスは21日、米テキサス州南部のシェール構造「イーグルフォード層」におけるシェールガス開発・生産事業に参画すると発表した。米開発事業者のバーテックスグループが保有する25%の権益をすべて取得した。...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる