55件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

研究グループは、体内時計をつかさどる時計細胞の集団のリズムの同調が壊れリズムが消失する「シンギュラリティー」に注目した。

人工知能研究の世界的権威のレイモンド・カーツワイル氏は、地球上に存在するあらゆる情報の学習の結果、45年に量から質への転換が起こり、技術的特異点(シンギュラリティ)に到達するとの衝撃的なシナリオを提唱...

中小経営に影響する『シンギュラリティ・ビジネス―AI時代に勝ち残る企業と人の条件』 中小企業支援など産業振興の仕事が長いが、ビジネス環境や生活環境の変化を通して、ここ20年くらいの技...

伊藤忠商事は、米シアトル在住のITエンジニアで起業家の中島聡氏が代表理事を務める一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティ(東京都渋谷区)と、飲食店向けテイクアウト支援サービス「おもちかえり.com=イ...

【人のために】 テクノロジーの活用に際しては、AI(人工知能)の能力が人類を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が到来するという議論がある。しかしながら、重要なのはシンギュラリ...

「三重県四日市市をメモリータウンにしたい」と夢を語るのは、『シンギュラリティの衝撃』(PHP研究所)の著者でも知られるウエスタンデジタルジャパン社長の小池淳義さん。

シンギュラリティ到来でAIが代替 ―人工知能(AI)によって世界がどう変わるかを小説の形で大胆に描いています。... 「(コンピューターの能力が人間の全般的な能力を超える時点である)...

それゆえにディープラーニングが登場した当時話題になった、2045年にAIがシンギュラリティー(技術的特異点)に到達するという「2045年問題」についても、乗り越えるべき技術的課題が非常に多く、短期的に...

スマホアプリや自動運転車、企業の業務AI化、さらには遠くない将来、AIの発展が人間の知性を超えた時点で社会に大きな変化が起こること、いわゆる「シンギュラリティ」への危機感が世間をにぎわせるなど、話題は...

ロボに人生目標を聞かれる時代に ―なぜシンギュラリティ(技術的特異点)について本を執筆しようと思われたのですか。 ... 明確な人生のゴールを語れる人間にならないと...

人間の能力を超えるような思考・判断ができる人工知能(AI)を実現する「シンギュラリティ(技術的特異点)」が到来するのか否か。... シンギュラリティの実現について、シンギュラリティ提唱者である未来学者...

AIが人間の頭脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)が2045年に起こり、現存する職業のほとんどが名や形を変えると言われている。

主催者のシンギュラリティ大学ジャパン/一般社団法人21Foundation代表のパトリック・ニュウエルさんは、課題を指摘しつつ専門や立場の異なる人同士の協働による「クリエーティブ・コレクティブ・インテ...

19入社式TOP語録/キヤノン・御手洗冨士夫会長ほか (2019/4/3 電機・電子部品・情報・通信1)

無限の可能性を秘めるITだが、シンギュラリティやサイバー攻撃など使い方次第で良くも悪くもなる。

 いずれ人工知能(AI)が人間の知性を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)といわれるレベルに到達し、人間や社会に多大な影響を及ぼすようになる――。... 発明家・未来学者で、著名なAI研究者でもあり...

【シンギュラリティいつ?】 ... 米国の未来学者レイ・カーツワイル氏が、05年に出版した『The Singularity Is Near(邦題『ポスト・ヒューマン誕生』)で、204...

分析レベル別に研修仕組み化 【人材不足】 2005年にレイ・カーツワイル氏がシンギュラリティの到来を予言して以来、人工知能(AI)がブームとなって13年が経過した。

「人工知能(AI)が人の脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)が2028年や45年に来ると言われている」と切り出すのは、伊藤忠テクノソリューションズ社長の菊地哲さん。

AIが人間の能力を超えるとされる、2045年のシンギュラリティ(技術的特異点)を見据え「今から日本の大変革にめどをつけなければならない」が持論の経済同友会の小林喜光代表幹事。

近年、孫氏が多用する言葉に、「シンギュラリティー」(技術的特異点)がある。... このシンギュラリティー時代に備え、孫氏が打ち出した戦略が「AI群戦略」だ。... 当時は「SBGと半導体事業のアームの...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる