32件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

展望2022/東レ社長・日覚昭広氏 環境素材、ナノで付加価値 (2022/1/14 素材・医療・ヘルスケア)

これには人材育成が重要で、「基本はメンバーシップ型でやっていく。... 最近はジョブ型雇用へ移行を図る企業が増えてきた。価値観が変わる中、日本型企業の競争力のあり方についても注目される。

展望2022/資生堂社長・魚谷雅彦氏 創業150周年、転換の年 (2022/1/11 素材・医療・ヘルスケア1)

ピープルファーストという考え方のもと、適材適所のジョブ型雇用制度などを採り入れてきた。

米国でのアクリル樹脂原料工場新設は、できれば22年に決めたい」 ―“ジョブ型”雇用への移行や人事制度改革の手応えは。

JCOMは、直接雇用社員1万2000人を対象に、成果を重視する報酬体系や専門人材の育成などを盛り込んだ新人事制度を全面導入した。... 富士通や日立製作所など大手企業を中...

組織階層をシンプルにし意思決定を迅速化するとともに、ジョブ型とメンバーシップ型を組み合わせたハイブリッド型を導入した。... また、専門性が高い職種にジョブ型雇用制度を導入した。... 対して、一般層...

自己啓発の実施率低く 日本型雇用制度を見直す動きや、コロナ禍を契機としたテレワークの普及に伴って、欧米で主流のジョブ型雇用が注目されている。日本で主流のメンバーシップ型とは異なる新た...

ワクチン接種の進展に伴い、なし崩し的に出社に移行していくことが懸念される中、提言案は会員制交流サイト(SNS)なども活用して「日本型テレワーク定着」を実現すべきだと訴えた。 &...

グループ再編ではソニー、東芝と中小型液晶パネル事業を統合したほか、古巣のHDD事業を米ウエスタンデジタルに売却した。... 日本で21年度から本格的に導入したジョブ型雇用は、中西氏が描いた人事戦略の総...

文部科学省の17年調査によると、博士号取得者の就職先は正規雇用が53%に留まる。大学や研究機関は、期限付き雇用が多く、安定した生活の保障がない。 ... ポテンシャル採用や専...

【ジョブ型の波】 新型コロナを契機に欧米で主流のジョブ型雇用が脚光を浴びている。しかし、人を基本とする日本的経営では、ジョブ型雇用が主流になることはないと考えている。 ...

ほしい人材×育てる人材(9) (2021/6/1 マネジメント)

メルカリ 執行役員最高人事責任者 木下達夫氏 即戦力期待のジョブ型雇用 世界中から優秀なエンジニアを採用し、成長を続けるメルカリ。... 「ジョブ型雇用を基本...

国際的な人材活用や多様性、ジョブ型雇用などをテーマに検討を進めている。 三菱ケミカルは、4月にジョブ型の人事制度を導入した。... ジョブ型マネジメントの採用による適時・適所・適材の...

また、企業、労働組合、行政は、多様なキャリア開発に向けたジョブ型雇用へのシステム移行や雇用契約の明確化、職種ごとの社会横断的な賃金テーブルの構築など環境を整備する必要があるとした。

将来、新制度を発展させ、仕事の内容や役職で処遇を決める「ジョブ型」雇用の導入を視野に入れる。 ... 一般的なジョブ型雇用は、具体的な職務内容や求める能力などを明確にしたジョブディス...

さらに22年4月からは、ジョブ型雇用の新設や全域社員と地域社員で分かれていた社員区分の一本化などを予定している。

日立、来春の新卒採用横ばい (2021/3/24 総合3)

同社はジョブ型雇用への転換を進めており、21年度から学生にジョブ・ディスクリプション(職務定義書)を明示した上でジョブ型インターンシップを始める。

業務やスキルを規定して募集するジョブ型雇用を採用する企業もでてきた。 ... 賃上げの相場があいまいになる一方、コロナ禍で雇用情勢が不透明など労働側に不利な要素もある。

コロナ禍による雇用情勢の悪化で、障がい者雇用のコンサルティングを担う企業には法定雇用率未達成を懸念する企業の問い合わせが増えている。... D&I(東京都千代田区)は障がい者の...

日本ペイントホールディングス(HD)は管理職約650人を対象にジョブ型雇用制度の導入を始めた。... 海外ではジョブ型制度を導入している地域も多く、今回の制度導入は国内の雇用制度をグロ...

業績好調の企業はベアも「選択肢」としたが、業績悪化の企業はベアは困難で「事業継続と雇用維持を最優先にすべきだ」とする。 ... また、テレワークはジョブ型雇用と親和性がある。... ...

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる