927件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

コロナ禍の影響で第5世代通信(5G)対応スマホの量産に遅れが生じるなど需要は低調だが、主成分の銅やスズの国際相場が堅調だったため価格が押し上げられている。

結晶育成時の原料組成を調整し、硫化スズ太陽電池の発電効率向上につながる幅24ミリメートルのn型硫化スズ単結晶を作製した。硫化スズ太陽電池実用化への寄与が期待される。 硫化スズは、希少...

ただスズ、タングステン、タンタルなどの鉱産量は大きく減少した。 ... もう一つは、これまで続けられてきたコバルト、スズ、タングステン、タンタルの精鉱に関する輸出禁止を解除し、さらに...

アルミ合金などの表面処理技術を応用し、シリコンゲルマニウム(SiGe)やシリコンスズ(SiSn)の合金薄膜層を低コストに形成する技術を開発。

主成分の銅やスズの国際相場が、中国景気の回復を受けて5月以降は堅調に推移したことが反映されており、需要は不安定だが在庫の評価損は発生しにくくなっている。

だが、その最大の産出地である湖南省錫鉱山(産出された当初はアンチモンではなくスズと認識されていた名残り)では、河川へのヒ素を含んだ残渣(ざんさ)流出という大きな環境汚染を生じたこと、自動車用蓄電池での...

具体的には、ペロブスカイト活性層と酸化スズ電子輸送層の間に、エチレンジアミン四酢酸二カリウム塩(EDTAK)層を導入。電子輸送層作製に使う酸化スズ溶液中に少量含まれる水酸化カリウムによる分解を防ぎ、安...

【ベンガルール=ロイター時事】スズキの子会社でインド自動車最大手のマルチ・スズキが発表した4―6月期決算は、純損益が24億9000万ルピー(約3330万ドル)の赤字だった。2003年の株式上場以来初の...

【秋田】秋田化学工業(秋田県にかほ市、丹野恭行社長、0184・37・3166)は、電気メッキを用いたニオブスズ薄膜生成技術の開発に着手する。... 秋田化学工業はニオブ材へのニオブ...

3官能性のエステル結合含有末端チオール化合物とジエポキシ化合物を、スズ触媒を加えて結合(架橋)した。

酸化スズは長く実用されている酸化物半導体で、その多結晶薄膜は透明電極として薄膜シリコン太陽電池などに使われている。... 研究グループは、パルスレーザー蒸着法で二酸化チタン単結晶基板上に特定の結晶配向...

透明な物質は基本的に電気を流さないが、中には酸化インジウムスズなど電気を流す材料もある。

日立ハイテクサイエンス、蛍光X線装置 高分解能で検出 (2020/7/9 電機・電子部品・情報・通信2)

蛍光X線エネルギーが高いとされるパラジウムやカドミウム、スズ、バリウム、アンチモンなどの検出性能を従来機比で倍増した。

顧客の声、今後に生かす オースズ(横浜市港北区、鈴木瑞貴社長、045・592・4511)は、新型コロナウイルス感染症の影響で受注が減った期間を生かし初の自社ブランド「Cuplus(カ...

IDDK(東京都江東区、上野宗一郎社長、03・6821・1873)は17日、東芝、大日本印刷、ミスズ工業(長野県諏訪市)の3社から第三者割当による資金調達を行ったと発表した。

酸化して電荷の多いスズイオンは光電変換効率を下げるが、電荷を持たないスズ微粒子と反応させて除去する。... 不純物を徹底して除去した材料から作った薄膜でも、膜中に電荷の多い4価スズイオンを不純物として...

日本モレックス、コネクターに金メッキ仕様 (2020/5/21 電機・電子部品・情報・通信1)

従来のスズのメッキに比べ電気導電性や耐食性が高く、信頼性と耐久性に優れる。

その一環として、銅、アルミ、鉛、亜鉛、スズ、ゲルマニウム、インジウムなどの重点非鉄金属で約80万トンの商業備蓄を行うとしている。... 12年には銅、亜鉛、アルミ、ニッケル、スズ、アンチモン、希土など...

開発の舞台裏 中小企業優秀新技術・新製品賞(5)優秀賞 (2020/5/14 中小・ベンチャー・中小政策)

釜状の蒸留器の形は鐘に近く、音の響きが良くなるスズを銅に混ぜるのも釣り鐘作りでお手の物。

スズキ、100周年記念サイト開設 (2020/3/17 自動車)

スズキは1955年に日本初とされる量産軽自動車「スズライト」を発売。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる