277件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

東ガスが新中計、契約件数21%増 電力は6割増380万件 (2020/3/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

東京ガスは25日、2020―22年度の新中期経営計画をまとめ、ガスと電気、関連サービスの合計契約件数を19年度見通し比21・3%増の1480万件に伸ばすと発表した。... 住宅回りの定額制などサービス...

東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期が決まったことを受け、経済界やスポンサー企業などが相次いでコメントを発表した。... 延期に伴うパートナー契約への影響を確認している。 ......

大会スポンサー契約をしている企業は、さまざまな関連キャンペーンの変更を余儀なくされる。

赤穂化成はプロeスポーツチーム「Creatives(クリエイティブス)」を運営するActive(アクティブ、東京都葛飾区)とスポンサー契約を結んだ。eスポーツチームとの契約は初めて。

資金繰りに窮する中、19年2月頃からスポンサーを探し始めたが見つからず、6月には金融機関に対して12月末までの暫定的な返済猶予を要請していた。そうした中、12月に土壇場で候補先が現れ、事業譲渡契約を締...

NEC、五輪に無線システム提供 (2020/2/28 電機・電子部品・情報・通信1)

NECは東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会とのパートナー契約「東京2020ゴールドパートナー」において、新たに「業務用無線システム」のカテゴリー追加契約を結んだ。これにより、NECのスポンサー...

花王は、サンケア専門ブランド「ビオレUV」を通じて、日本テニス協会とスポンサー契約を締結した。

NTT、スポーツで知名度向上 欧米メジャーと提携 (2020/2/5 電機・電子部品・情報・通信2)

米大リーグ機構(MLB)とも提携したほか、北米最高峰のモーターレース「インディカーシリーズ」の冠スポンサーとなった。... インディカーシリーズでは冠スポンサーのほか、公式テクノロジーパートナー契約も...

ケイアイスター不動産、聴覚障害者サッカー部とスポンサー契約 (2020/2/4 建設・生活・環境・エネルギー2)

ケイアイスター不動産は、埼玉県聴覚障害者サッカー部(SDFC)の女子チーム「アレグリーナ」とユニホームスポンサー契約を結んだ(写真)。... 契約期間は4月1日から1年間。

meleap(メリープ、東京都千代田区)の福田浩士最高経営責任者(CEO)は「プロリーグの立ち上げに向けてプレーヤーや監督、スポンサーなど、あらゆる人材を集めている。... フィリピンの最大手メディア...

その後、取引金融機関に返済猶予を要請するとともに、再建方針について協議を重ねた結果、スポンサーに事業を承継するスキームでの再建を決定。最終的に光通信(東証1部)の100%子会社、インシュアランスサポー...

また技術ライセンサーとの契約上の制約もあり、レンダーへの情報開示が限定的となる。こうしたリスクを回避すべく、レンダーはスポンサーに対し完工保証を求めることが多い。 ... もっとも、...

そして15年に国際オリンピック委員会とワールドワイドオリンピックパートナー契約を結んだのを皮切りに、同年に国際パラリンピック委員会、17年に知的障がい者が参加するスペシャルオリンピックスのパートナー契...

スペインのプロサッカーリーグである「ラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)」とスポンサー契約を結んだ。

ソニー銀行は10日、スペインのプロサッカーリーグである「ラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)」の日本における公式バンキングパートナーとしてスポンサー契約を結んだと発表した。... 契約期間は2020年...

光通信子会社のNFCホールディングスがスポンサーとなる予定で、保険契約は別会社に引き継がれるため加入者に影響はないという。

中電不動産、エスコンジャパンリート投資法人を支援 (2019/12/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

中電不動産はエスコンジャパンのスポンサーである日本エスコンから関西の商業施設の不動産5物件を取得し、エスコンジャパンの購入を前提に一時保有するウエアハウジング機能と優先交渉権をエスコンジャパンに与える...

【パリ=時事】2024年に五輪・パラリンピックの開催を控えるパリのイダルゴ市長は、国際オリンピック委員会(IOC)と米民泊仲介大手エアビーアンドビーとのスポンサー契約締結に関してIOCのバッハ会長に書...

同社が契約していたブランドも例に漏れず、90年にはグッチの日本法人設立に伴い、総代理店契約を解消。... その後、資金繰りの悪化で09年夏ごろから金融機関に対してリスケ状態に陥るなか、再建に向けスポン...

IPPでは市場慣行として、銀行団はスポンサーに完工保証を求めておらず、銀行団は建設に関わるリスクをスポンサーとともに負担する。このため、スポンサーとEPCコントラクター間で結ばれる建設請負契約(EPC...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く!  
関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く!  関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる