電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

824件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

蓄電池やバイオはそれぞれスマートコミュニティエネルギーシステム部、材料・ナノテクノロジー部の中に推進室として置かれていたが、機構改革後は独立した部門と位置付けられる。

大熊町は2040年までにカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を目指し、スマートコミュニティー計画を進めている。... PV利用を加速するため、同町を中心に設立した大熊るる...

そうまIグリッド(福島県相馬市)が電気を自営線で28の公共施設や下水処理場へ供給するスマートコミュニティー事業だ。

火力発電のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)化に向け、石油資源開発、IHIなど5社が相馬港にグリーンアンモニア輸入供給基地を計画しており、具体化すれば福島県が造成する相...

帰還困難区域の山林の除染作業の進展にもつながる」 ―スマートコミュニティーを事業化し、再生可能エネルギーの地産地消システムを構築しています。

「スマートコミュニティー構築で公営住宅、複合商業施設、交流館に太陽光発電(PV)や蓄電池を設置し、再生可能エネルギーの地産地消を進める。

2024国際宇宙産業展ISIEX/紙上プレビュー(2) (2024/2/19 機械・ロボット・航空機2)

【日揮グローバル/月面長期滞在、VR体験】 日揮グローバル(横浜市西区)は構想する月面推薬生成プラントを中核に、人類が長期滞在するための...

原町高校は福島県新地町の液化天然ガス(LNG)発電所や新地駅前地区のコージェネレーション(熱電併給)システム、スマートコミュニティーの現場を見学。

今後の住民帰還に向けて脱炭素化、スマートコミュニティー化に取り組む。

スマートコミュニティー構想で小型の発電所を分散させる検討も進んでおり、今後増える街中での発電に当社の強みが生かせるだろう。

会津大と福島・いわき市、産業振興で連携 (2023/5/30 科学技術・大学)

製造業が集積するいわき市で、モノづくりとICTの融合やスマートコミュニティー化を進める。

2次元コードはスマートフォンで簡単に作成でき、暗号化してデータ通信するため使用時はコードと暗号の一致が必要。... (東京都文京区) ソフト部門&...

1万5000kW風力着工 ―葛尾村の中心部に大型太陽光発電(PV)と蓄電池を設置して自営線で電力供給するスマートコミュニティー事業を2020年末か...

エネ関連産業の拠点に ―新地町は駅周辺に電気と熱を面的に供給するスマートコミュニティー事業に乗り出し4年になります。 ... 投資額は14億円で...

「下野上地区でスマートコミュニティーを実現する。... 再生エネ由来の電力をスマートコミュニティーなどに回していく中心的役割を担う」 ―再生エネの今後の導入計画は。 ...

2023国際宇宙産業展/紙上プレビュー(1) (2023/1/18 機械・ロボット・航空機1)

【日揮グローバル/月での共同生活を疑似体験】 日揮グローバル(横浜市西区)は、同社が提唱する「月面スマートコミュニティ Luma...

「全固体LiB」に焦点 LiBは、スマートフォンやパソコンなど幅広い電子機器に使われている蓄電池で、現在、一層の性能向上や安全性などを改善するための研究開発が活発に進められている。....

東京工業大学の柏木孝夫特命教授が「脱炭素社会の実現とスマートコミュニティ」と題して講演する。

付近の中学校跡地に23年度末までに4000キロワットのメガソーラーを建設し、自営線を敷いて産業団地へ電力供給するスマートコミュニティー事業を進める。

「エネルギーの地産地消として東北のスマートコミュニティー事業にも参加している。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン