電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

18件中、1ページ目 1〜18件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

この硫黄はスルフィドとして存在し、酸化剤で処理すると酸素が一つ加わったスルホキシド、酸素が二つ加わったスルホンと段階的に変換できる。スルホンは親水性。

アニリンと有機スルホン酸やアニリン塩をエタノールなどの有機溶媒に加え、微量のヨウ素を添加してかき混ぜるだけで合成できる。

その結果、研究チームはp―フェノールスルホン酸とホルムアルデヒドから新しい高分子スルホン酸フェノール樹脂触媒を開発した。

低刺激ニーズが増加し、スルホン酸塩から低刺激なカルボン酸塩やアミノ酸系などにシフトする動きがみられる。

スルホン酸を加えた有機溶媒にフッ化カリウムを入れると、スルホン酸とフッ化カリウムが反応し、有機溶媒中にフッ化水素が発生する。

旭硝子、フッ素系イオン交換膜を発売 (2017/11/7 素材・ヘルスケア・環境)

旭硝子はスルホン酸ポリマーを含むフッ素樹脂製のイオン交換膜「FORBLUE(フォアブルー)Sシリーズ」を発売したと6日発表した。... 酸やアルカリなどに対する高い耐性を持つほか、スル...

ベンゼン環の連なったポリフェニレンを主鎖にベンゼン環にスルホン酸基のついた分子を混ぜた高分子を電解質膜に採用した。

その結果、カソード側では材料特有のスルホン酸由来と硫酸塩由来の成分を確認。

水溶性を高めるため、DN―BODIPYに一つか二つ、親水性を与えるスルホン化して「MS―DN―BODIPY」と「DS―DN―BODIPY」を合成したところ、この二つの色素の水溶性は100倍以上増加した...

フッ素系樹脂「FEPフィルム」の薄膜に、60キロボルトとエネルギーの低い電子線を照射して、「スルホン酸基」という硫黄と酸素と水素からなる原子団を結合させる処理を施すと、膜の深さ方向にスルホン酸基の濃度...

今回、硫黄と酸素を含むスルホン系の有機化合物を溶媒としたアルミニウム電解液を使い、電解液の粘性やアルミニウムの濃度を最適化することで、25度Cで可逆反応を起こすことに成功した。 今回...

首都大学東京の川上浩良教授らは、スルホン酸基と呼ばれる部位を持つポリマーをナノファイバー化(ナノは10億分の1)すると、同じポリマーで不織布にした場合に比べてプロトン(水素イオ...

例えばスルホン酸基を導入すると酸触媒として働き、植物油を原料としたバイオディーゼル燃料製造に活用が見込める。

そこで水と相性が良い性質(親水性)のスルホン酸をフラーレンに結合させた複合分子を作製した。スルホン酸と結合させることでアルツハイマー病の原因物質のアミロイドβとも結合しやすくなる。フラ...

具体的には倉敷繊維が有機溶出成分の少ないポリエチレン100%の不織布を開発し、原子力機構がエマルショングラフト重合法を用いて不織布に金属捕集力の高いスルホン酸基を合成して、有機溶出成分が微量の...

電子線照射によって異なる材料をつなぐ電子線グラフト重合技術で、EVOHの表面に高分子鎖と官能基であるスルホン酸ナトリウムを結合した。

同社の電解質膜は炭化水素系で、従来の電解膜に比べてイオン交換基(スルホン基)濃度を高くした構造のため、水素イオン伝導性能に優れている。

開発したフラーレンは、スルホン酸、ホスホン酸という試薬をセシウムで架橋する技術を採用した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン