23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

標的型攻撃 2割超が経験 セキュリティー関連のインシデント(トラブルなどの事象)発生率は約8割、年間平均被害額は約1億4800万円―。... コロナ禍で在宅勤務が増える中、セキュリテ...

NRIセキュアテクノロジーズ(東京都千代田区、小田島潤社長、03・6706・0500)は、「工場向けセキュリティ教育・インシデント対応訓練プログラム」を発売した。各工場の事情に合わせて作成したシナリオ...

数十億円規模の派手な資金調達をして倒産した企業もあれば、大量のテレビCMを打って人気を博しながら、巨大なセキュリティーインシデントを引き起こした企業もある。

NECネッツエスアイ(NESIC)は、セキュリティー・オペレーション・センター(SOC)と、サイバーリーズン・ジャパン(東京都港区)が提供するエンドポイント・セキュリティー・ソリューション「サイバーリ...

サイバー攻撃に備え IPA、管理人材育成講座を開講 (2019/10/4 電機・電子部品・情報・通信2)

IPAは、産業サイバーセキュリティセンターで2年半、OTとITの両方のスキルを備えたセキュリティー人材を育成してきた。... 全7コースはリスク分析手法、セキュリティー・インシデント対応、保守・運用、...

海外データ保護規制 トレンドと日本企業への影響(9) (2019/9/3 電機・電子部品・情報・通信2)

重要情報インフラ事業者の義務 【保護義務付け】 「中華人民共和国サイバーセキュリティー法」(以下『サイバーセキュリティー法』と表記)には、セキュリティー等級保護制度...

海外データ保護規制 トレンドと日本企業への影響(7) (2019/8/6 電機・電子部品・情報・通信2)

セキュリティー等級保護制度への対応 【リスク高まる】 近年、世界中で多くのサイバー犯罪やセキュリティーインシデントの発生など、サイバーセキュリティーのリスクが高まっ...

社内不正調査にAI、FRONTEOがソフト提供 (2019/5/9 中小・ベンチャー・中小政策)

品質不正や会計不正に加えて、コンプライアンス違反や談合、セキュリティーインシデントなどへも提案する。

ポストGDPR(3)データガバナンスを構築 (2018/10/26 電機・電子部品・情報・通信2)

GDPRが求めるインシデント報告体制整備 【72時間以内】 GDPRでは、規制対象となる個人データの取り扱いにおいて漏えいなどのインシデントが発生した場合、原則とし...

サイバー攻撃や内部犯行による事故「セキュリティー・インシデント」で生じる被害コストの実態とは―。... 調査ではセキュリティー・インシデントにおける対応コストを「対外的コスト」と「対内的コスト」に分類...

日本IBM、AIで沖縄科技大のセキュリティー対応支援 (2018/6/12 電機・電子部品・情報・通信2)

日本IBMは沖縄科学技術大学院大学(OIST)のセキュリティー対応システムの構築を支援した。イベント・ログ(履歴)の統合監視とリアルタイムでの相関分析を行うクラウドサービス「キューレーダー・オン・クラ...

NECフィールディング(東京都港区、中江靖之社長、03・3457・7101)は、セキュリティートラブルの発生時に対策を支援する法人向けサービスを2017年1月に始める。... サービス名は「セキュリテ...

東京電機大学は日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会)に加盟した。... 内閣サイバーセキュリティ補佐官を務める佐々木良一未来科学部教授らを中心に、外部組織と協...

JFEホールディングスは14日、サイバー攻撃などからグループ企業の情報資産を守る情報セキュリティー・インシデント対応チーム「JFE―SIRT(サート)」を新設したと発表した。... 各事業会社ごとに行...

この場合、瞬時に通信を遮断して検疫、隔離するといった「セキュリティーリスク」への自動対処が可能。... NECのSDN製品「ユニバージュ PFシリーズ」と、トレンドマイクロのセキュリティー製品「ディー...

ショーダンを通じて制御システムのセキュリティー問題を考える。... ショーダンは09年に外国人セキュリティー研究者が開発した。... セキュリティーインシデント(事故)の調査機関JPCERTコーディネ...

攻撃を検知できずに“潜伏被害”を受けている組織や、検知した「セキュリティインシデント」の状況や深刻度が認識できずにいる組織を対象に、攻撃の把握や被害の把握、対策の早期着手を支援する。... 攻撃を受け...

CSIRT(コンピューター・セキュリティー・インシデント・レスポンス・チーム)はコンピューター・セキュリティーに関する事故が発生した場合、即座に対応し原因究明や復旧、回復といった一連の作業に当たる専門...

企業における技術的情報セキュリティー対策は相当程度進んできている。... NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の情報セキュリティインシデント調査によれば、個人情報漏えいの原因は「紛失・置...

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSI)の調査報告書(注)によると、07年の個人情報漏えいインシデント件数は864件、想定損害賠償金額は2兆円を超えるとしている。 ... 日本国内において...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる