20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

ソフトカーボン製の自社ブランド製品を中心に展示・販売する拠点で、新型コロナウイルスの感染を防ぐため3月末から休業していた。... 「日本のモノづくりの伝統と革新を融合」をコンセプトに、長野県内で生産し...

負極活物質は黒鉛やソフトカーボン、ハードカーボンなどで、市場は23年に同2・6倍の5817億円。

hide kasuga 1896、東京・表参道に旗艦店 (2019/11/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

ソフトカーボン製品アピール hide kasuga 1896(東京都港区、春日秀之社長、03・6432・9024)は、ソフトカーボン製の自社ブランド製品を中心とし...

hide kasugaは軽量で柔らかく傷や水に強いリアルソフトカーボンなどを展開。

hide kasugaは軽量で柔らかく傷や水に強いリアルソフトカーボンなどを展開。

ライカカメラジャパン(東京都千代田区、福家一哲社長、03・5221・9501)は、外装材としてソフトカーボンを採用したミラーレスカメラ(写真)を発売した。... 採用した外装材は、hide kasug...

弾性、耐久性、耐熱性に優れて無黄変の同素材に、高強度のカーボンなどを掛け合わせて複合化する。 ... 一方、hide kasugaは工業用カーボンに樹脂を含浸させ、軽量で柔らかく傷や...

hide kasuga 1896(東京都港区、春日秀之社長、03・6432・9024)は、ソフトカーボン製のボストンバッグを商品化した。... 商品化した「リアルソフトカーボンボストンバッグ」はブラッ...

東レの炭素繊維「トレカ」をベースに独自加工によって縫製を可能にしたソフトカーボンなどのブランド「hide k 1896」を展開する。

カバーは「hide k 1896」ブランドのソフトカーボン製で、本体の表面にもカーボン柄を再現した。

カバーは独自ブランドのソフトカーボン製で、その柄を生かした本体の印刷は杏花印刷(長野市)に委託した。... カバーは「hide k 1896」ブランドのソフトカーボン製。... ソフトカーボンは春日社...

独自のカーボン素材「hide k 1896」をブランド化し、その素材を使った名刺入れ、コインケース、ランドセルなどを商品化。... そこで自ら会社を立ち上げた」 「スタート時、経営は...

hide kasuga 1896(東京都港区、春日秀之社長、03・6432・9024)は、工業用カーボンを応用した新素材「リアルソフトカーボン」を使用したランドセルを7月初旬から全国の主要百貨店で合計...

The MOT Company(東京都新宿区、済藤友明社長、03・6228・1540)は、ウレタンと炭素繊維クロス(織物)を組み合わせた複合材料「soft carbon(ソフトカーボン)=写真」を開発...

ランドセルは世代を超えてカーボンに親しむアイテムとの位置づけ。 工業用カーボンに軽量で柔らかく絹のような光沢を持たせた新素材「リアルソフトカーボン」を採用。カーボンはレクサスの高級ス...

三越や伊勢丹で販売される名刺入れやスマートフォンケースなどのソフトカーボン素材も手がける。

hide kasuga 1896(東京都港区、春日秀之社長、03・6432・9024)は、カシオとコラボレーションし、カシオが限定発売する時計「OCEANUS(オシアナス=写真左)」リミテッドモデル(...

ソフトカーボン素材によるサイフや名刺入れが、有名百貨店に採用され成長しているという。

中国江蘇省で総額約130億円を投じて電炉用人造黒鉛電極材料のニードルコークスとタイヤ原料のカーボンブラックのプラントを建設。... 新規分野では車載用リチウムイオン電池向けにソフトカーボン製負極材を試...

新日鉄化学(東京都千代田区、二村文友社長、03・5207・7600)は、黒鉛系に比べ充放電速度の速いソフトカーボン系負極材を使った車載用リチウムイオン電池用負極を開発した。... ソフトカーボンはピッ...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる