36件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

AI画像認識、実用化にVBの力 信頼性と費用対効果実現 (2021/1/12 電機・電子部品・情報・通信2)

同社は開発した画像認識AIソフトを自社HPで無償提供する。... そこで人間や車両などを数える物体検知ソフト「トリミー」を年間1万円(消費税抜き)からで提供する。... 同社のゲートウェイは遠隔でソフ...

ソフトの更新で車の機能や性能を拡張することが主流になりつつある。... 車両の全体制御を行う車向けOS(基本ソフト)が中央管理し、スマートフォンのようにソフトで機能を更新する「OTA(オーバー・ジ・エ...

改良モデルのうち、新世代ガソリンエンジン「イー・スカイアクティブX」搭載車は、エンジンとトランスミッションを制御するソフトウエアを更新。... ソフトの更新で継続的に商品改良を重ねていく取り組みの第1...

同社はソフト更新を通じて充電と温度管理の設定を修正し、バッテリーの保護機能と耐久性を高めたという。

米ボーイングのソフト更新は「運用上適切」 FAA審査会 (2019/4/18 機械・ロボット・航空機1)

米連邦航空局(FAA)の飛行基準評価審査会(FSB)は米ボーイングの新型旅客機「737MAX」のソフトウエア更新について、「運用上適切」と判断した。

【ニューヨーク=時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は23日、米航空機大手ボーイングが、短期間にインドネシアとエチオピアで相次いで墜落事故を起こした新型旅客機「737MAX」の自動飛行...

米ボーイングのミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は航空各社や乗客向けに書簡を発表し、墜落事故が相次いだ新型旅客機「737MAX」について、同型機のソフトウエア更新とそれに関連した操縦士訓練が「間...

ボーイングCEO、MAX事故調査に協力継続 (2019/3/19 機械・ロボット・航空機1)

ミューレンバーグCEOは同型機のソフトウエア更新と操縦士訓練の見直しが最終調整の段階に入っていると説明。ソフト更新は誤ったセンサー入力があった場合の飛行制御システム「MCAS」の対応に関するものだとい...

ボーイングは昨年10月にインドネシアで起きたライオン航空機の墜落事故を受け、失速防止システムと操縦用ディスプレーのソフト更新作業を進めている。  ... ボーイング、ソフト更新は最終...

今月10日のエチオピアでの事故後、同社は数週間以内にソフトを更新すると説明しており、対応の遅れが事故の続発につながった可能性がある。  ... しかし両航空は現在も更新待ちの状態だと...

エアビクイティが手がけるソフトの遠隔更新機能「OTA(オーバー・ジ・エア)」のリプログラミングシステムを活用し、コネクテッドカーを進化させる。 OTAはカーナビゲーションシステムの地...

テスラは無線でのソフト更新を通じて顧客にアップデートを送信することが可能。

中国の裁判所では、アップルがクアルコムのソフトに関する特許権2件を侵害していると判断されたという。  ... ソフトのアップデートについて、アップルはロイターに送付した文書で「現在中...

顔認証、マスク着用でも検知 パナソニックがソフト更新 (2018/10/26 電機・電子部品・情報・通信2)

パナソニックは12月中に、監視カメラなどと組み合わせる顔認証システム「フェイスプロ=写真」のソフトウエアを更新し、マスクを着用したまま認証できるようにする。

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がツイッターに、8月のソフトウエア更新でオートパイロット(運転支援機能)が全自動運転に対応すると投稿したことが好感された。 マスク氏は、車線合...

同社がこれまでアイフォーンや「iPad(アイパッド)」、「Mac(マック)」、「アップルウオッチ」、「アップルTV」に搭載される基本ソフト(OS)を更新する際は、ユーザーと端末の関係をより緊密にさせ、...

無線でのソフトウエア更新後、制動距離が20フィート(約6.1メートル)近く縮まった。  ... ソフトウエア更新後の再試験で、モデル3が時速60マイル(約97キロ)から停止す...

パソコンが不要で、管理パソコンの交換や基本ソフト更新の手間がかからない。

日本郵船、NTTなどは15日、航行中の船舶を遠隔管理する基礎技術となる、船陸間通信を介したアプリケーション(応用ソフト)更新の実証実験に成功したと発表した。... アプリ更新に加えて、航海系・機関系の...

日本マイクロソフト(東京)は「実際の攻撃があったとの報告はない」(広報担当者)としつつ、5日までに基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の更新プログラムを公開した。  ... CPUを動...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる