85件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

北川治彦経営基盤本部長に取り組みの狙いなどを聞いた。... 社会課題の解決と成長の両立を目指し、国連の持続可能な開発目標(SDGs)にも合致する。... 「例えば、タイヤのセンサー情報からタイヤや路面...

トーヨータイヤは、雪道を走行する時にタイヤにかかる力を計測する技術を開発した。独自のタイヤ開発基盤技術「T―MODE」による設計のシミュレーション結果と組み合わせることで、使用環境に適したタイヤの凹凸...

東京製綱、スチールコード工場刷新 30億円投じ効率改善 (2019/12/5 素材・医療・ヘルスケア)

東京製綱が培った品質管理や多品種同時生産のノウハウと、高麗製鋼側の量産技術や設備開発能力を生かして「生産のデジタル化」と「生産設備の自動化・無人化」を推進する。 ラジアルタイヤの補強...

公共交通機関であるバス用のバリアフリー縁石の開発をはじめ、タイヤの原材料となる天然ゴムの資源確保や環境負荷を減らす軽量化タイヤの開発を進める。... 米国アリゾナ州の試験研究所で材料の栽培やコンセプト...

ホンダ系3社も次世代技術開発などの対応を強化してきた。... ショーワは自動運転など向けにハンドル操作の力を電気信号でタイヤに伝えるシステム「ステア・バイ・ワイヤシステム(SBWS)」の開発に取り組む...

ハイポア原料のポリエチレン「サンファイン」を生産する基盤マテリアル事業本部長の小野善広常務執行役員は「ポリエチレンは拡大事業。... 【求められる価値】 狭い車内空間に対応するため、...

タイヤ販売が徐々に頭打ちになる中、作った商品を売るだけではなく、顧客の利益拡大に貢献し、タイヤビジネスの次なる成長を狙う。... 住友ゴム/IoT活用、自動運転実証に貢献 住友ゴム工...

タイヤにセンサーを付けてデータを収集し、独自開発のプラットフォーム(基盤)でタイヤの状態を監視する。... タイヤを遠隔で管理したい企業のニーズに応え、現場の業務負荷の軽減につなげる。 ...

横浜ゴムは産業技術総合研究所、先端素材高速開発技術研究組合と共同で、バイオエタノールからタイヤの主原料となる合成ゴムの成分「ブタジエン」を高効率で生成する触媒システムを開発した。... 新エネルギー・...

トーヨータイヤは9日、自動車用タイヤ開発の新しい基盤技術「T―MODE」を開発したと発表した。... 性能検証工程や製品開発期間を短縮し、次世代自動車に対応したタイヤ開発の高精度・高速化につなげる。&...

開発や設計などを統括する金井昌之取締役常務執行役員に、デザインへの取り組みを聞いた。... スーパーコンピューター解析やシミュレーション技術などを合わせた独自の設計基盤を使い、高精度な設計を実現する。...

商社、資源開発を加速 資源大国であるロシアは、商社にとって魅力的だ。 ... また、丸紅はモスクワに鉱山車両用大型タイヤや関連部品を扱う販売会社を設立している。&#...

住友ゴム工業は、CASE対応を含めた次世代タイヤの技術開発構想「スマートタイヤコンセプト」を掲げ、2020年代後半の実用化を目指している。 ... タイヤ開発のほか、データを活用した...

すでにグローバル調達、先行技術開発、日本、アジア、中東、欧州、中国の地域ごとの販売戦略についても両社で協議を始めた」 ―三菱商事の出資金約500億円で米国、マレーシア、日本などの工場...

米国のテクニカルセンター(TC)も活用し需要に応えるタイヤを開発したい。... 車に合ったタイヤを素早く開発できる仕組みができた。... 「次世代タイヤの技術開発構想である『スマートタイヤコンセプト』...

タイヤと車部品の事業拡大への基盤を作ることが目的。... 現地の市場調査部門にライトトラック用タイヤなどの製品設計やデザインまで担える機能を加え、市場ニーズに合った製品の開発速度を上げる。 &...

中堅・中小の海外展開支援、ジェトロとJICAが連携 (2019/1/14 中小・ベンチャー・中小政策)

加えて、17年にはジェトロのエチオピアの投資ミッションに参加、18年6月からは特にタイヤのリサイクル・リユース事業にチャンスがあると考えJICAの案件化調査を進めている。... 中小企業基盤整備機構の...

取締役1人と営業・管理などの人材を送り、経営基盤を強化する。... 東洋ゴムは調達資金を検討中の海外工場建設、米国や東南アジアといった地域のタイヤ製品などの生産能力増強に充てる。三菱商事のネットワーク...

2019年に米国で工場用IoT(モノのインターネット)基盤「フィールドシステム」の運用を始める。同基盤を海外に投入するのは米国が初めてとなる見込み。... 協働ロボットでは無人搬送車(AGV)と組み合...

スマート工場の基盤となるのが、独自開発したICTの二つのシステムだ。... 二つの基盤を活用したタイヤ成形システム「EXAMATION(エクサメーション)」で自動化を果たした。... ブリヂストンはB...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる