95件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

これまで近畿大学構内の2回の実証を経て洗浄部分をタンブラーにも対応させ直径57ミリ―80ミリメートルに広げた。

アサヒGHD、サステナ事業で新会社 ECでエコ商品販売 (2021/12/6 建設・生活・環境・エネルギー)

パナソニックと共同開発したバイオマス素材のエコカップ「森のタンブラー」の販売や、フードロスなどの課題解決につながるクラフトビール事業などを展開し、初年度1億5000万円の売り上げを目指す。 &...

象印、ベトナム拡販 来月ホーチミンに事務所 (2021/6/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

ベトナムでは、まずステンレスのボトルやタンブラー、ガラスマホービンといった非家電製品の拡販に力を入れる。

サイトでは職人手削りの江戸木箸、大阪のスズ製タンブラー、京染正絹ストール、栃木レザーを使用したトレーなど、日本全国にある取引先の信用金庫約100社が手がけた商品を掲載している。

ウオーターサーバーから客室へ水を運ぶカップにはアサヒビールとパナソニックが共同開発した「森のタンブラー」を用いる。同タンブラーは木材由来の原料であるセルロースファイバーを55%活用するなど、環...

商品サイズはタンブラーが縦78ミリ×上部横78ミリ(下部横52ミリ)×高さ90ミリメートル。

タンブラーや鍋なども発売したい考えで、武田社長は「窒化処理以外の処理でも付加価値が高い製品を作り、販売したい」としている。 ...

高桑製作所(東京都大田区、高桑英治社長、03・3731・4647)は、ヘラ絞りで成形したチタン製ビアタンブラー「東京職人タンブラー=写真」を発売した。... これにより高さのあ...

それでも全員集合をかけると、ワイングラス、ロックグラス、ショットグラス、タンブラーなど、いつのまにか10脚くらいになっている。

ニュース拡大鏡/プラスチック製品、廃棄削減で異業種連携 (2020/8/19 建設・生活・環境・エネルギー1)

パナソニックは混合プラを家電に採用し、アサヒビールとは飲み物を注ぐタンブラーを共同開発した。

パナソニックとアサヒビールは植物由来のセルロース繊維を混合したプラを使い、ビールを注ぐタンブラーを共同開発した。... 2社はマイカップによるプラ削減に貢献しようとタンブラーを開発。19年夏のJリーグ...

ビール各社、主力ブランド育成 酒税一本化で生き残り戦略練る (2020/1/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

料飲店で氷点下の温度帯で提供する「エクストラコールド」で、家庭でも楽しめるタンブラーなどで体験機会を増やすほか、工場コンセプトショップを東京、名古屋、大阪の3都市で展開する。

アサヒ、ビール類1.4%増 今年「スーパードライ」強化 (2020/1/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

家庭で氷点下のスーパードライを楽しめる専用容器「同タンブラー」の提供キャンペーンを実施。

ちょっと訪問/豊永 研磨技術をタンブラーに応用 (2019/12/4 中小企業・地域経済1)

新潟県燕市の食器メーカーと組んでタンブラーの製造販売を始めた。 ... 厚手のステンレス板を採用したことで、海外製のタンブラーに比べて、飲み物の熱が下がりにくいなど、保温性に優れるの...

スマートフォンアプリ、近距離無線通信技術を組み込んだタンブラー、交通系ICカードでの決済に対応する。アプリとタンブラーの場合、あらかじめ登録したクレジットカードで決済が行われる。

完全有機無農薬「ヤイロアワビ」栽培事業 蜂谷潤(高知大学) 【経済産業大臣賞・ビジネス部門大賞】 みんなで作る問題集携帯スタディ王国 ...

従来の装置はコンベヤー型とタンブラー型が主流。... タンブラー型は装置内に部品を投入し、撹拌してブラスト処理するが、毎回の処理後に装置を止めて部品を出し入れしなければならなかった。コンブラーの処理効...

象印マホービンは象印食堂オリジナルステンレスタンブラーの新製品を発売した。

ラインアップは丸皿がサイズ別に三つと、タンブラーの計4種類。

これまで新潟県燕市の伝統的な金属加工技術を用いたタンブラーや、金沢市の九谷焼の食器などを製品化した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン