2,762件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

製造ライン、来年3月稼働 【前橋】タイヨー(群馬県みどり市、川合義一社長)は、定置型発電用途のガスタービン発電機の部品製造に乗り出す。... ガスタービン発電機の製造ラインを2022...

熱と電気の供給最適化 川重、明石でシステム実証 (2021/7/20 機械・ロボット・航空機1)

ガスタービン発電の排熱を利用した熱エネルギーの供給や、蓄電池による充放電などの機能を持ち、熱と電気を必要に応じて利用できる。... 新システムの設備能力はガスタービンが1770キロワット、太陽光発電が...

JERA、米ガス発電で水素混焼 技術蓄積、国内で展開 (2021/7/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

運営会社のクリケットバレーエナジーセンターと、タービンを製造したゼネラル・エレクトリック(GE)が「グリーン水素技術ロードマップ」を策定した。... JERAはガスタービンと蒸気タービンを組み合わせる...

同社の自動調節弁やバタフライ弁は、造船や火力発電所のガスタービンなどに使用される。コロナ禍の影響も受け新造船向けは低調だが、ガスタービン向けや、環境規制対応のためのバラスト水処理装置などの修繕工事向け...

難削材加工、工具・部品に応用 【1000℃以上】 航空機、発電用大型蒸気タービンなどには近年、ハイパーステンレス鋼、ニッケル合金、チタン合金のような高機能材料が使用...

阪大では同合金製低圧タービン翼などで、5年後の実用化を目指す。

電力新時代 変わる経営モデル(47)Jパワー(4)社長・渡部肇史氏 (2021/7/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

わが社の発電は水素でタービンを回すか燃料電池にするかはまだ決めておらず、脱炭素につながる技術は総動員する。

ADJの新機種は磁極配列の最適化で磁界強度を2倍に高め、超高速回転のガスタービンエンジンと組み合わせて高効率・高出力化を狙う。

信越化学、温室ガス削減策強化 電力自給率など向上 (2021/7/2 素材・医療・ヘルスケア)

まず100億円を投じ、群馬事業所にガスタービン発電装置を新たに複数台導入。

利久、茅ケ崎でバイオマス発電 燃料に地元剪定枝 (2021/7/2 建設・生活・環境・エネルギー)

関連会社の都実業(同鎌倉市)が剪定枝を収集・破砕処理する茅ヶ崎営業所の隣接地に、蒸気タービン方式で出力2000キロワット級の発電設備を建設した。

発電タービンは日本製が多いからだが、国内に新規の発電所が少ないと言ったら(自国に市場がない日本を)不思議がっていた」 「エネルギーは日本にとってアキレス腱(けん)であり、その確保が課...

三菱パワー、中国で発電設備受注 (2021/6/30 機械・ロボット・航空機2)

三菱パワーは中国の製鉄大手の江蘇沙鋼集団向けに、出力18万キロワット級のガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備を受注した。... 三菱パワーはガスタービンを製作するほか関連装置や補機類...

IHIと米GEガスパワーは、アンモニアを燃料に使うガスタービンの事業化に向け、協業を検討する覚書を結んだ。アンモニア燃料の市場規模や、日本・アジア地域での同ガスタービンの需要動向などを調査し、採算性を...

出光とIHI、徳山にアンモニア基地 混焼実証 (2021/6/28 建設・生活・環境・エネルギー)

IHIは14年からアンモニア燃焼分野に乗り出し、石炭や天然ガスとアンモニアを混焼する技術を開発、2000キロワット級ガスタービンで、液体アンモニアの70%混焼に成功した。

重工/抜本的構造改革 ガスタービンで脱炭素化 石炭火力発電の縮小は重工大手に戦略の転換を迫る。... このため各社は、ガスタービンの燃料転換を脱炭素化の切り札に掲げる。... IHI...

今後8年間で、石炭火力発電機で50%以上のアンモニアを混焼させる技術やガスタービン発電機でのアンモニアの専焼技術を確立する。

最初は石炭をガス化しガスタービンを駆動させ排熱利用の蒸気タービンと併用する高効率発電。... その後、バイオマスやアンモニア混焼を経て水素タービンに置き換える。

ADJ、ドローン飛行試験 ハイブリッド動力搭載 (2021/6/17 機械・ロボット・航空機2)

エアロディベロップジャパン(ADJ、東京都中央区、田辺敏憲社長)は、飛行ロボット(ドローン)にガスタービンエンジンと特殊な磁石配列のハルバッハ発電機を組み合わせたハイブリッド動力ユニットを搭載し、飛行...

汎用機械は一般用蒸気タービンが南米や東南アジア向けに発電所や石油プラントなどで需要が増加した。

LNGを燃料とした天然ガス発電と、その排熱による蒸気発電を合わせたガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)方式とした。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる