139件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

極東開発工業はコンゴ民主共和国にディーゼル機関車1台(写真)を納入した。全長15メートル、重量72トンで、1400馬力エンジンを搭載する大型機関車。

新型コロナウイルスの影響で、主用途のディーゼル車の排ガス浄化触媒や宝飾品の需要停滞懸念が高まり、下押し圧力が強まっている。... 用途の約3割を占めるディーゼル車向けの排ガス浄化触媒は、環境規制強化で...

東芝インフラシステムズ(川崎市幸区、今野貴之社長、044・331・0880)は、ドイツ鉄道の鉄道貨物運営子会社、DBカーゴからディーゼル電気ハイブリッド機関車50両を受注した。... 出力750キロワ...

世界の自動車業界では、クリーンディーゼルで行き詰まった欧州での電動車化の進展がかまびすしい。... これまでの伝統的な内燃機関自動車が約1台当たり20キログラム程度だった銅需要は、HV乗用車で60キロ...

【新潟】北陸重機工業(新潟市東区、霜鳥雅徳社長、025・274・3311)は、コンゴ民主共和国に政府開発援助(ODA)で提供されるディーゼル機関車を完成させた。... 機関車は、鉄道による物流を改善し...

挑戦する企業/日本ガイシ(3)内燃機関の技術で勝負 (2019/5/22 素材・医療・ヘルスケア)

電気自動車(EV)化の流れに多くの自動車部品メーカーが戦々恐々とするが、取締役常務執行役員セラミックス事業本部長の松田敦は「内燃機関の技術で勝負する」と強気だ。... ディーゼル車用の粒子状物質減少装...

技術に自信を持ち、ガソリン、ディーゼルの内燃機関エンジンの改良で環境対策は対応できると考え、ハイブリッド、EVへの変化に乗り遅れていたドイツだが、近年取り巻く事業環境が大きく変化した。VWの排ガス違法...

また電動車は内燃機関がなくなることで社内の静寂性が高くなるため、ユーザーは外の騒音などを気にしやすくなる。... 国際エネルギー機関によると、EVなど電動車の乗用車世界販売台数のシェアは、30年には3...

川崎重工業は20日、機関車製造累計5000両を達成し、兵庫工場(神戸市兵庫区)で記念式典を開いた(写真)。機関車5000両目はJR貨物向けEF210形式電気機関車。... 機関車の製造は1911年に鉄...

【名古屋】ジェイテクトはディーゼル機関車向けに、主要部位のゴムカップリングの耐久性を高めた補機駆動軸(写真)を発売した。

国内の輸入車(日本メーカーの逆輸入車を除く)販売台数に占めるディーゼル車の比率が上がっている。... ただ急激な電動化シフトは困難で、ディーゼルを含む内燃機関がまだ重要な役割を担う。VWの計画では25...

トルコ・リラの大幅安を受けて、対トルコ債権を保有する欧州の金融機関のリスク懸念が膨らみ、ユーロ安ドル高が進行。... ディーゼル車の排ガス触媒が主用途となる白金の相場は、欧州でのディーゼル車の生産減を...

西日本豪雨/JR貨物、輸送確保に難航 (2018/7/20 建設・エネルギー・生活2)

非電化区間を走行するにはディーゼル機関車と運転士の確保が不可欠だ。

製鉄所構内などで使うけん引用機関車などの鉄道作業車両事業に参入し、海外インフラ向け受注の獲得などを狙う。 ... 北陸重機工業はけん引用ディーゼル機関車や鉄道保線作業用の軌道モーター...

自動車部品メーカー各社がハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の技術開発でしのぎを削っている。... 中・大型車のPHV化に貢献できるという。... 内燃機関では、触媒メーカーのキ...

調査機関のワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル(WPIC)が14日発表した報告書によると、2018年の白金市場は18万オンスの供給過剰になる見込み。... 商品アナリストは「ディーゼル車...

不撓不屈/コモテック(2)ベンチャー魂培う出会い (2018/4/25 中小企業・地域経済1)

ACEは国や大手トラックメーカー4社などが出資した次世代低排出ガスディーゼルエンジンを開発する研究機関。... 「自分たちが作った車の責任は誰がとるのか。... CNG(圧縮天然ガス)エンジンの研究を...

ウィーン発 2018年04月18日 オーストリア第3の都市リンツ(人口20万)は、2009年から市内交通の電化に力を入れ、現時点で市内の公共交通...

大きなエンジンと大きなモーターを使うストロングHVは車2台分を1台に詰め込んだようなもの。... 「ディーゼルへの反応は報道と実態に落差があり水面下では欧州勢も開発を加速している。... 当面は、スカ...

コモテック、ディーゼル用DPF拡販 輸出2割に (2018/3/28 中小企業・地域経済2)

01年に東京都からの指定DPFの認定取得により、首都圏内のディーゼル消防車の多くに後付けDPFが採用されたほか、非常用発電機用DPFは納入が累計100台、建機用レンタル方式のDPFも累計2000台に達...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる