1,314件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

FCトラックも電動車の一種だ。... 当社はディーゼルと同じ信頼性を提供できるバッテリーの開発に取り組む」としている。 ... 商用車業界では物流における環境負荷低減が重要課題。

関連データを利用し、交通量が少なく汚染物質が多い場合にディーゼル車が多いと推定することで、生活時間帯での迂回(うかい)や倉庫の新設の制限など、地域ごとの交通対策を提案できる。

挑戦する企業/住友化学(17)住友化学をつくる人たち (2020/3/23 素材・医療・ヘルスケア)

諸事情で撤退したが、ディーゼル車用すす除去フィルター(DPF)の早期事業化に大きく貢献した。

【フランクフルト=ロイター時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のウィッター最高財務責任者(CFO)は17日、ディーゼル車排ガス不正に絡んだ罰金および和解金のコストが313億ユーロ(約3兆7...

極東開発工業はコンゴ民主共和国にディーゼル機関車1台(写真)を納入した。全長15メートル、重量72トンで、1400馬力エンジンを搭載する大型機関車。

【ロンドン=ロイター時事】日産自動車は、英国の欧州連合(EU)離脱後もスポーツ多目的車(SUV)「キャシュカイ」の次期モデルを英サンダーランド工場で生産する計画を進めている。... ディーゼル需要の低...

ドイツ新車登録、2月10.8%減 (2020/3/9 自動車)

ハイブリッド車(HV、プラグインハイブリッド車〈PHV〉も含む)の販売が98・1%、電気自動車(EV)が75・8%それぞれ%急増した。これに対し、ガソリン車は22・0%、ディーゼル車は13・4%それぞ...

新型コロナウイルスの影響で、主用途のディーゼル車の排ガス浄化触媒や宝飾品の需要停滞懸念が高まり、下押し圧力が強まっている。... 用途の約3割を占めるディーゼル車向けの排ガス浄化触媒は、環境規制強化で...

日本自動車輸入組合(JAIA)が5日発表した2月の外国メーカー車の輸入車登録台数は、前年同月比8・7%減の2万755台だった。... ジープはスポーツ多目的車(SUV)の新型車の投入や販売店の拡張など...

【フランクフルト=時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、独国内の排ガス不正車の購入者による集団訴訟で、総額8億3000万ユーロ(約1000億円)の補償金を支払うことで和解した。不正発覚の...

【ベルリン=ロイター時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)と独消費者保護団体「VZBV」は、VWのディーゼル車の排ガス不正をめぐる集団訴訟での和解に向けた協議の再開で合意した。 &#...

ドイツではディーゼルやガソリン車の生産は東欧にシフトしており、EVの生産が今後、本格化する。

ディーゼル車の排ガス不正疑惑に関連する費用に圧迫され、大幅減益となった。

西鉄、大型電気バス運行 福岡市東区であすから (2020/2/11 建設・生活・環境・エネルギー)

【福岡】西日本鉄道はディーゼル車を電気自動車(EV)に改造した大型電気バス1台を、12日から福岡市東区で運行する。

【ロンドン=時事】英政府はガソリン車、ディーゼル車の新車販売を2035年に禁止する。ガソリンと電気を使うハイブリッド車(HV)も禁止対象に含める。... 英国はこれまで40年のガソリン車とディーゼル車...

また、独検察当局からディーゼル車の排ガス不正の疑いで捜査を受けたことについて三菱自は1月30日に「不正があったと考えるべき理由はない」との声明を発表。

同社は車向けスターターモーター部品の組み立て加工が主力。... 新工場は社員4人でスタートし、当面はディーゼル車用スターターモーターに使う樹脂部品を月に数万個生産する見込み。... また車の電動化で今...

12年2月に発売した初代「CX―5」は、同技術を全面的に搭載した初の車。... ◇初代「CX―5」(“XD”グレード) ●全長×全幅×全高=4540×1...

不正があるとされたのは、スポーツ多目的車(SUV)「ビターラ」のディーゼル車など。

東芝インフラシステムズ(川崎市幸区、今野貴之社長、044・331・0880)は、ドイツ鉄道の鉄道貨物運営子会社、DBカーゴからディーゼル電気ハイブリッド機関車50両を受注した。... 出力750キロワ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる