75件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

デカップリング(分断)が加速する中、企業は市場展開やサプライチェーン(供給網)の見直しで難しい舵取りを迫られそうだ。  ... 今後も「デカップリングが本格化し、...

ただし、対立が深まり、デカップリング(分断)が進むと、米中それぞれのシステムが固有のものになる。

これまでは米国発のデカップリングがほとんどだったが、中国発のデカップリングもあるのだ。... 今でも米中の緊密な経済関係は存続しているとはいえ、今後は中国発の切り離しの動きが強まり、米中のデカップリン...

さらに、米中のデカップリング(分断)の影響がくすぶる。

そこで頼みの綱が外需だが、米中のデカップリング(分断)の打撃をどう避けるかが重要だ。

半面、輸出規制で米中のデカップリング(分離)が進めば中国と同国以外の地域のそれぞれで設備投資が活発化する可能性もある。

経済のデカップリング(分離)が現実味を帯び始めており、今後は中国産のレアメタルなど資源の調達が困難になる事態も考えられる。

環境対策と経済成長の「デカップリング(分離)」が起きている。

「農産物や非鉄金属など“ハイテク戦争”に関係ない部分でデカップリング(分離)が進み、高関税を緩める可能性がある。

人権や国際法を重んじる欧米先進国と、独自路線を強める中国との関係が、果たして冷却化やデカップリング(分離)に向かうかどうか。

各国の経済・通商政策も内向き志向が強まり、米中経済のデカップリング(分離)すら囁(ささや)かれる。... 米中のデカップリングは日本企業にも経済安全保障への対応を迫ることになる。

多くの企業にとって世界経済のデカップリング(分離)は望ましくない。

米中のデカップリング(分離)で製造拠点が東南アジアにシフトする中、物流倉庫開発にも着手した。

検証2020/半導体装置が活況 5G普及で投資旺盛 (2020/12/15 電機・電子部品・情報・通信1)

むしろ、SMICなど中国企業への輸出規制によって米中のデカップリング(分離)が進めば、中国と同国以外の地域のそれぞれで設備投資が活発化する可能性もある。

活況!半導体製造装置(4)ディスコ社長・関家一馬氏 (2020/12/8 電機・電子部品・情報・通信1)

(たとえ半導体製造装置メーカーへの中国向け輸出が規制されたとしても)それをどこでつくるかという問題になるだけだ」 「むしろ(米中のデカップリング〈分離〉が進めば)中国は中国内で、台湾...

(2)米中対立で技術とサプライチェーン(供給網)のデカップリング(分断)が進み、製造業では米中で作るモノが徐々に分かれてきている。

大きな市場が見当たらなくなり、米中のデカップリング(分離)が進み、コロナ禍が追い打ちをかける。

経済のデカップリング(分離)がじわりと進み、その狭間(はざま)で揺れる日本は難しい選択を迫られることになる。

経済のデカップリング(分離)が進み、両国の間で“踏み絵”を踏まされかねない。

先端技術をめぐって米中対立が激化する中で、「デカップリング(分断)が大きなテーマになった。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる