22件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

DXの先導者たち(7)日商エレクトロニクス RPA製品、一元管理 (2020/9/3 電機・電子部品・情報・通信2)

日商エレは2018年、RPAと、人工知能を用いた光学式文字読み取り装置(AI―OCR)で生み出すソフトウエアロボットを労働力として安全に戦力化させるサービス「デジタルレイバー」の提供を...

日本IBM、デジタルレイバー監視 品質検査・復旧まで (2020/9/2 電機・電子部品・情報・通信1)

AOCCは米IBMがデジタルレイバーの遠隔監視や運用、メンテナンスを目的に、2017年から提供してきたサービス。全世界で180社以上、1800以上のデジタルレイバーを監視してきた実績を持つ。 ...

日商エレ、RPA担当倍増 23年度売上高50億円 (2020/8/26 電機・電子部品・情報・通信)

日商エレは18年2月、顧客企業のさまざまな要望に応えるべく、複数のRPA製品の提供と環境構築を支援するサービス「デジタルレイバー」の提供を開始。同4月には市場の成長を見据え、デジタルレイバー専門組織を...

新型コロナ/RPA、初心者使いやすく 休業協力金業務を効率化 (2020/6/5 電機・電子部品・情報・通信)

米ユーアイパスが日本で存在感 新型コロナウイルス感染症対策をテコに、RPA(ソフトウエア型のロボットによる業務自動化)に代表される“デジタルレイバー”の活躍の場が広が...

RPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)導入研修を軸にデジタルレイバー(仮想労働者)の育成拠点として展開する。

そこで、教え込ませる作業自体を共通化できないか、という発想で同社が進めているのが、「デジタルレイバー マーケットプレイス」だ。

そこで、教え込ませる作業自体を共通化できないかという発想で同社が進めているのが「デジタルレイバー マーケットプレイス」だ。

「一般的にRPAは全社で統一した業務を自動化するデジタルレイバーと言われるがセルフはパソコンに入れて社員を助ける“デジタルヘルパー”」と同社デジタルサービス部の岡田一志副部長は話す。 ...

「野良ロボ」対策急務 IT各社、管理ソリューション提供 (2019/3/21 電機・電子部品・情報・通信)

RPAは業務効率化を支援する“デジタルレイバー(仮想労働者)”としての期待が高まるが、RPA導入後の課題として「野良ロボット(管理されていないロボット)」などが浮き上が...

NEC、マルエツ本部にRPA納入 (2019/2/22 電機・電子部品・情報・通信2)

付加価値の高い業務に人員をシフトするため、RPAを“デジタルレイバー(社員の一員)”として位置付け、人の作業が代替可能な業務の自動化を進めている。

共同創業者・CEOのミヒール・シュクラ氏 「RPA」日本市場を開拓/オープンなシステムで勝つ 米オートメーションエニウェア(カリフォルニア州)は、R...

働き方改革の切り札 デジタルレイバー(仮想労働者)としてもてはやされているRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)―。

だれでも、どこでもデジタルレイバーと呼ぶRPAを構築、共有できる環境を整えて中堅・中小企業のホワイトカラー業務の効率化を後押しする。

RPAは「デジタルレイバー(仮想労働者)」とも呼ばれる。その実体は、パソコン上のルーティンワークなどを代行させるソフトウエアに他ならないが、システム上では人間のように機能することから、...

まず、この【図】のタイトルに「アビームの考える次世代型デジタルレイバーへの進化」とあるが、デジタルレイバーは「仮想知的労働者」を意味し、つまりはRPAそのものを指している。 ...

AIとの組み合わせにより、より高度な仮想知的労働者(デジタルレイバー)が登場するのは確実だ。 ... 「デジタルレイバーはミスもなく24時間働いて、採用と雇用のリスク...

RPAや人工知能(AI)は海外では「デジタルレイバー(仮想労働者)」とも呼ばれ、「人間の仕事を奪う」ことへの懸念も広がっている。一方、日本では労働人口の減少に伴う人手不...

KPMGコンサル、働き方・生産性向上を支援する新組織を発足 (2017/4/13 電機・電子部品・情報・通信2)

人間の労働者を補完する「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」とも呼ばれている。

RPAとはAIなどを組み合わせて「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」と呼ばれる仮想ロボを創出し、人間だけが対応可能と想定されてきた作業を代替する一連の仕組み。

続いて日本RPA協会の田中淳一専務理事(KPMGコンサルティング パートナー)は「テクノロジーで変わるホワイトカラーの働き方 RPA(ロボティック・プロセス・オ...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン