25件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

デジタル人財育成術(23)ホタルクス 「課題解決」からDX浸透 (2022/8/3 電機・電子部品・情報・通信2)

ホタルクスの従業員は275人。... 現在は178人が参加し、テーマは顧客価値の創造やマーケティングなど。... 一つのテーマ当たり、平均20―30人が所属。

おことわり/「デジタル人財育成術」は休みました (2022/7/27 電機・電子部品・情報・通信)

「デジタル人財育成術」は休みました。

デジタル人財育成術(22)NTTコムウェア アジャイル開発に注力 (2022/7/20 電機・電子部品・情報・通信)

25年度技術者2600人 1月にNTTドコモの子会社となったNTTコムウェア(東京都港区、黒岩真人社長)は、アジャイル開発を行える技術者の育成に力を注ぐ。ド...

先駆けとして、短期間で試行と改良を繰り返すアジャイル手法を技術者育成に導入した。... ただ、デジタル変革(DX)の潮流の中、人事部だけでは想定する人材像を定義しきれない。... 推進...

デジタル人財育成術(20)ウシオ電機 顧客価値“創る力”養う (2022/7/6 電機・電子部品・情報・通信2)

社内のデジタル変革(DX)の機運向上を目指し、“DX人財”を育てるための内容も盛り込まれている。グローバル人事総務戦略部門人事部の市村順太郎次長は、「デジタル技術とデータを前提に、顧客...

デジタル人財育成術(19)大日本印刷 全社員のDX能力向上 (2022/6/29 電機・電子部品・情報・通信)

クラウド・AI習得促進 大日本印刷(DNP)は、自社や顧客のデジタル変革(DX)に資する人材として、情報通信技術(ICT)を活用してサ...

デジタル人財育成術(18)NTT西日本 認定制度、全社員が対象 (2022/6/22 電機・電子部品・情報・通信2)

NTT西日本は2026年3月期までに上級データサイエンティスト400人、中級データサイエンティスト8000人の育成を目指す。... 5月時点のSA認定者は約10人、A認定は約1000人に達したものの、...

デジタル人財育成術(17)大和総研 DS能力、研修で底上げ (2022/6/15 電機・電子部品・情報・通信2)

大和総研は、データサイエンティスト(DS)の人材育成を急いでいる。... 21年度は新人以外にも20―30代を中心にした若手社員など、計650人程度が修了した。 .....

デジタル人財育成術(16)太陽誘電 大学へ派遣。専門家に (2022/6/8 電機・電子部品・情報・通信2)

太陽誘電開発研究所アプリケーション開発部の宝蔵寺学部長は、同社が求めるデジタル変革(DX)人材についてこう話す。 ... 毎年数百人規模が受講する。 ...

おことわり/「デジタル人財育成術」は休みました (2022/6/1 電機・電子部品・情報・通信1)

「デジタル人財育成術」は休みました。

デジタル人財育成術(15)スカパーJSAT とにかく企画提案・実行 (2022/5/25 電機・電子部品・情報・通信)

スカパーJSATはデジタル人財育成について、人事部がデータ分析などを学べる無料のeラーニング講座を開設するなど一部の取り組みを行っているものの、全社的な戦略は確立していない。... 人事部のほか、浅村...

デジタル人財育成術(14)東芝 DX提案募り事業創出 (2022/5/18 電機・電子部品・情報・通信2)

デジタル人材の育成ではデジタル変革(DX)への会社全体の意識を底上げしながら、「単に教育するのでなく、みんなでビジネスを考える活動をしている」(石井CTO)。意識の底上...

KPMGコンサルティング(東京都千代田区、宮原正弘社長)は、デジタル変革(DX)を担う次代のコンサルタントを二つの軸で育成している。... 全従業員1300人のうち、コ...

デジタル人財育成術(12)日立システムズ 全社横断で社員底上げ (2022/4/27 電機・電子部品・情報・通信2)

日立システムズは企業のデジタル変革(DX)を支える基盤として重要なクラウド技術や活用事例に精通した人材の育成に力を注ぐ。... 日立システムズで人材育成施策を企画する人財教育...

受講時間の大部分を演習にあて、より実践的な人材を育成することに注力する。... 年間100人の受講を目指す。 社内でのセキュリティー人材育成にも力を注ぐ。

デジタル人財育成術(10)NTTドコモ 「データ活用」5000人規模 (2022/4/13 電機・電子部品・情報・通信2)

ドコモがデータ活用人材の育成を急ぐ背景の一つには、収益源多様化の必要性がある。... 人材育成の枠組みが充実すれば、成長意欲の高い新卒を採用しやすくなる可能性がある。デジタル人財の争奪戦を勝ち抜く意味...

デジタル人財育成術(9)日本IBM 「自ら学ぶ」文化 定着を (2022/4/6 電機・電子部品・情報・通信2)

日本IBMは米本社が掲げる考え方に沿って、社員のスキル変革を促進する人材育成施策を展開している。... 目玉となる施策は人材育成プラットフォーム(基盤)の「キャリアフレームワーク」と「...

この一環として、自社のデジタル人材高度化に加え、ユーザー企業向けにDX人材育成プログラムの提供を始めた。... 中でも、デジタルビジネスの企画や立案、推進を担う「ビジネスデザイナー」や、デジタルビジネ...

デジタル人財育成術(7)ソフトバンク、AI知識、社員へ習得奨励 (2022/3/23 電機・電子部品・情報・通信2)

2021年12月22日時点でAIを事業に活用する人材向けのG検定に累計1377人が、AIの実装を担う技術者向けのE資格には同84人が、それぞれ合格した。... 1回目では課題解決に向けたデザイン思考を...

ダイワボウホールディングス(HD)傘下の中核事業会社、ダイワボウ情報システム(DIS、大阪市北区)が、デジタル変革(DX)支援ツール...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン