19件中、1ページ目 1〜19件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

プラットフォーマーに期待 中国では2018年頃から米中貿易摩擦やデレバレッジ(過剰債務の削減)の推進などによる内外環境の変化で、ベンチャー投資が低迷し、「資本の寒冬(資金調達が厳しい...

グローバルの眼/中国経済の見通し (2020/1/15 国際・商社)

ただし、第14次5カ年計画に入る21年以降は債務圧縮(デレバレッジ)を再開する可能性が高い。

経済成長に下押し圧力をかけるデレバレッジを中国政府が進めた背景には、債務のさらなる膨張を許せば、その繁栄はいずれ限界に達し、株式市場などを崩壊させる“ミンスキー・モーメント(瞬間)”に直面する恐れがあ...

さらに、デレバレッジは市中流動性のタイト化を伴うことが多く、公共投資などの資金需要が十分に満たされないことも推察できる。 ... 中国の高い債務水準からすれば、デレバレッジの取り組み...

グローバルの眼/正念場の中国経済 (2019/10/16 国際・商社)

中国経済は昨年、「債務圧縮(デレバレッジ)」を推進したことによりインフラ投資が急減速することとなった。... そこで中国政府は18年12月、「反循環調節(景気減速の押し戻し政策)」と呼ばれる景気対策に...

中国経済は昨年、「債務圧縮(デレバレッジ)」による景気下押し圧力と、それに追い打ちをかけた「米中対立」を背景に減速したが、中国政府が18年12月に「反循環調節(景気減速の押し戻し政策)」に舵(かじ)を...

すなわち(1)デレバレッジ(債務削減)政策の推進(2)米中対立の激化。

ところが急激なデレバレッジ(過剰債務の削減)政策の副作用や米中貿易摩擦による中国経済の減速で、状況が変わった。

そして、18年は行きすぎたデレバレッジ(負債率引き下げ)の副作用が顕在化する中、5月下旬には米中摩擦が深刻化し、夏場以降は量的な金融緩和などの政策が打たれた。

18年に中国経済が減速した原因のひとつは「デレバレッジ」である。中国政府が「デレバレッジ」に舵(かじ)を切ったのは、17年の党大会後に開催された中央経済工作会議でのことで、20年までの中期的な目標とさ...

中国も減速基調にあり、デレバレッジ(債務圧縮)が進むと金利上昇など経済に影響が出始める可能性がある。

「シャドーバンキングの野放図な貸し出しが深刻な弊害を生んだ」として、昨年からデレバレッジ(債務圧縮)が叫ばれてきた。

さらにデレバレッジ(過剰債務の削減)も重くのしかかる。 ... さらにデレバレッジも懸念材料だ。西浜主席エコノミストは、デレバレッジが「内需の引き下げ要因」とみる。

■過剰債務 中国政府は過剰債務の圧縮(デレバレッジ)を図るため、不透明な資金の流れを縮小する金融規制強化を講じたが、企業の資金繰りに深刻な影響を与えている。湯元氏は「デレバレッジの本質は、シャドーバン...

独立系エコノミストで、モルガン・スタンレーのアジア担当チーフエコノミストを務めた経験を持つ謝国忠氏はブルームバーグTVに対し、「習近平国家主席が経済のデレバレッジを望んでいる限り、不動産市場は長期的な...

中国最高指導部は、デレバレッジ(債務圧縮)や工業生産能力の向上、過剰生産能力の削減の必要性を強調し、債務や刺激策に支えられた成長からの転換を示唆したばかりだった。 ...

デレバレッジ(負債圧縮)の中で消費者物価を上げても仕方なく、日銀に解決の手だてはない」 ―日銀総裁に求められる条件は。

リスク性資産を売って負債を圧縮するデレバレッジ(非レバレッジ)が年明け以降から加速し、信用収縮が世界的に広がると見られる。

これが今、逆回転を起こし、レバレッジをどんどん小さくする『デレバレッジ』の動きが始まっている」 ―米国の金融当局の対応については。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる