1,486件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

同学部は欧米などに比べ、データ分析技術や統計の専門性を持つ人材が少ないことへの危機感からできた。... コンピューター科学としては大規模データを収集、加工、処理するための技術、統計学としてはデータを分...

輝け!スタートアップ(65)Rist (2021/3/4 中小・ベンチャー・中小政策)

製造業界では、自社工場のデータを外部に出すことに抵抗がある企業が多い。しかしAIの精度向上には学習の元となるデータが必須。 ... センサーデータ分析による設備の故障予知や、工場全体...

富士ソフト、ネットワーク監視 (2021/3/4 電機・電子部品・情報・通信2)

データ分析作業にAIを活用することで、全ネットワークの挙動監視と高精度な情報分析を可能にした。... 専門技術者が定期的にその内容を分析し、報告する。

NECのAI技術群の一つである「インバリアント分析技術」をロッキード製のデータ分析システム「T―TAURI(ティータウリ)」に統合し、宇宙船の設計・開発や製造、試験段階のシステムの異常予兆検知に用いる...

【A.データ読み解く力育む】 ビジネスや行政などの意思決定に向け、データを分析するデータサイエンス(DS)の教育が広がっています。... 【A】組織の活動やIoT(モノのインターネッ...

そのためには、まず潜在する課題の発見・分析が必要だ。... 協創へデータ分析・ノウハウ蓄積 まず協創へのアプローチとして、課題を抽出してアイデアを具体化するフレームワーク「NEXPE...

eBASE、取扱商品を効率選定 POS分析を小売りに提案 (2021/2/26 電機・電子部品・情報・通信)

販売時点情報管理(POS)データを基に統計分析することで、売れ筋商品などの動向もチェック可能。勘と経験に頼りがちな選定業務を、データ分析で科学的に効率化する。... 月5万円のオプション料金を支払えば...

都心部で社会実装に必要なデータを収集・分析。... 社会実装に向け都心部の交通量の多い状況での制御など、複雑条件下での運転データを収集する。ビジネスモデルを想定して実験し、データ分析などで課題が出てく...

データ分析自動化ツールを活用して新たな商材の開発を模索するタスクフォース(TF、専門組織)を発足した。... TFではNTTのデータ分析自動化技術「RakuDA(ラクダ)」を活用。... これにより、...

製造生産性向上IoT/データ分析ソリューション  WellLineは、①設備稼働の見える化、②作業と位置の見える化、③工程...

経営ひと言/AGC・平井良典社長「DX推進」 (2021/2/9 素材・医療・ヘルスケア)

スマートファクトリーの推進に加え、人工知能(AI)やビッグデータ分析など最先端のデジタル技術を活用し、「あらゆるビジネスプロセスの革新に取り組んでいる」。

NTTコム、千葉大医学部と臨床データ分析の共同研究 (2021/2/9 電機・電子部品・情報・通信)

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は千葉大学医学部付属病院と「秘密計算ディープラーニング」などの技術を活用した臨床データ分析の共同研究を始めたと8日発表した。症例が少ない病気について複数の医療機...

新型コロナ研究連携 四大学連合が共同体 (2021/2/2 科学技術・大学)

具体的な共同研究テーマは定量的な嗅覚異常による新型コロナ診断法、ウェブを使った家庭訪問による環境の危険度把握、新型コロナ対応病院のコスト分析、法整備と各国社会システム比較などで一部スタートしている。医...

三菱電、AIで冷蔵庫の全室制御 開閉データ分析 (2021/1/19 電機・電子部品・情報・通信2)

扉ごとの開閉データを集めて利用者の生活パターンを細かく予測。... 専用ボタンを押すことで扉の開閉データの収集・分析を始める。

最近の統計的なデータ分析結果から「過去1年以内に炎上に参加した人は全体の約0・5%」とわずかであり、属性として「主任・係長以上の世帯年収が比較的高い男性」が炎上に参加しやすいことが分かった。 ...

今後、分析ソフトでデータ分析も実施する計画。モノづくりからデータサイエンスまで幅広い研究ができる人材を創生する。

にっぽん再構築/サービス定着、提案力磨く (2021/1/5 中小・ベンチャー・中小政策)

データ/オンライン商談拡大 富士キメラ総研...

JTB、オンライン開催機能拡充 (2020/12/29 建設・生活・環境・エネルギー)

プラットフォーム上で決済や参加者管理、データ分析までをワンストップで行える。

リスク計測テクノロジーズは音声でのデータ分析に特化したサービスを提供している。声から、その人の心理状態などを分析する。... 同社のストレスチェックは出勤時のあいさつなど、短時間の音声で正確に分析・管...

企業データの分析でAI作成を世界で競うコンペ「Kaggle(カグル)」の世界トップレベルのデータサイエンティストが、製造業の歩留まり改善や予知保全などに対するAI活用の最適な方法をアドバイスする。&#...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる