2,635件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

計算科学は、実験科学・理論科学に続く「第3の科学」として、さまざまな分野で活用されている。... 具体的には、ニューラルネットワーク(NN)と呼ばれる脳機能の特性に類似した数理的モデルを利用し、次に出...

材料科学に関する人材や技術、ノウハウを集め、革新的な機能を持つ先端材料の開発を狙う。... こうした組織内の人材を活用し、量子マテリアル開発を先導する理論や材料データプラットフォーム(基盤)を活用した...

生命科学の分野に限って言えば、研究の手法そのものが世界的に大きく変化しつつある中、日本では教育・研究の体制や研究者マインドが追いついていないことが要因の一つと考えられる。 この変化と...

沖田 つい最近も文部科学省の科学技術・学術審議会の下部に設置された「将来宇宙輸送機システム調査検討小委員会」という場でJAXAの取り組みを説明しましたが、使い切りロケットだけでなく、将来に向けた再使用...

このままではスパコンの進歩、ひいては関連する科学技術の技術革新が止まってしまうかもしれない。 ... これまでに、機械学習の一手法である深層学習に特化してその処理を省電力に実行できる...

政府は日本など韓国に入境制限を課した国を見下しつつ、検査体制や科学技術の自賛に余念がない。 ... 中核となる通信ではファーウェイ問題が象徴するように中国が最先端技術を掌握し、デジタ...

日本ももっと研究しないと」と嘆くのは、九州大学大学院システム情報科学研究院教授の櫻井幸一さん。 ... 暗号は安全で的確なデータ管理に不可欠。「データは社会の利便性を高める。

デジタル変革の道 ICT羅針盤(12)「非ノイマン型」が担い手 (2020/3/19 電機・電子部品・情報・通信1)

しかし、ムーア則の終焉(しゅうえん)やデータ爆発という背景から、その構造上の制約を超えた新しい処理方式が生まれた。... 最初の材料候補の絞り込みには組み合わせ最適化に向く非ノイマン型、材料候補の特性...

県が運営する、あいち産業科学技術総合センターは、その中核施設だ。... 試作品依頼では3DCADデータを持ってきてもらい、データを一緒に確認してから我々が試作品をつくる。

AIはビッグデータ(大量データ)を解析して最適解を見つけるのが得意と言われるが、実際に材料開発の現場ではターゲットとなる材料に関して多くのデータがあらかじめ存在することは少ない。... このようなスモ...

リュウグウ、隙間だらけ JAXAなど解析 (2020/3/17 科学技術・大学)

小惑星探査機「はやぶさ2」によるリュウグウの全球撮像データを解析し明らかにした。... 成果は英科学誌ネイチャー電子版に17日掲載される。

経済産業省が産業技術総合研究所に人工知能研究センターを2015年に、文部科学省が理化学研究所に革新知能統合研究センターを16年に設置するなど、日本がAI研究への投資に力を入れているのは事実である。16...

ワクチンは、長期的な疾病予防効果よりも短期的に発生する副作用に注目が集まりやすく、科学的根拠に基づく議論が重要だ。 ... また、科学者コミュニティーによる適切な情報発信も重要だ。&...

既存の観測データ量が多く、火星に近い軌道を回り火星由来の物質が豊富に存在すると推定されるフォボスが探査対象になった。 ... 探査機にはMMXローバー(探査車)などの科学観測機器が1...

立命館大学生命科学部の伊藤将弘教授らは、生命科学ビッグデータに人工知能(AI)を使った解析で、新型コロナウイルスの進化に関与している可能性の高い2種類のたんぱく質を突き止めた。

今後は、既存のシミュレーション技術にデータ科学を融合させることがカギであると考えている。演繹(えんえき)的手法であるシミュレーションに対して、データ科学とは実験やシミュレーションで得られた結果から帰納...

快諾し、今は本業の遠隔画像診断システムを流用してカブトムシの成長過程の画像データを蓄積している。英科学誌ネイチャーに自分の研究が載る日も近いかも。

これらを支えてきたのが物理、化学、材料科学をベースとする材料・デバイス技術である。... 【3つの環境変化】 (1)IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ(大量データ)、さらに...

得られた測定データを確率的手法の「ベイズ推定」で解析し、信号強度が弱い写真から実際の界面構造を取り出せた。 ... 成果は米科学誌フィジカル・レビュー・マテリアルズに掲載された。&#...

素材の開発・生産に関する膨大なデータを人工知能(AI)に学習させ、アルゴリズムをつくり、目的の特性を持つ素材のレシピ候補を導く。... 1年半前、デジタル革新部R&Dデータ科学チームリーダーの西野信也...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる