33件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

光のトポロジカルな性質を利用した「トポロジカルフォトニクス」と呼ばれる分野で光制御の新たな可能性を開く。 出射方向や、トポロジカルな性質による特殊な偏光状態を自在に制御できるレーザー...

【裾野の広い展開】 この数年は、次世代の材料を見いだすべく、単結晶化やトポロジカル材料導入などを試みている。... トポロジカル材料では、ワイル磁性体という歴史の浅い材料に注目してい...

すでに見つかっているトポロジカル絶縁体の上に通常の超電導体となる鉛の薄膜を作製し接合。接合した鉛薄膜がトポロジカル超電導体に変化していることが分かった。... 鉛薄膜がトポロジカル超電導体に変化してい...

「トポロジカル電磁伝送」という現象を利用した。

近年理論的に発見され、実験によって実証されたトポロジカル絶縁体、トポロジカル超伝導体はその代表例である。

(4)のトポロジカルスピントロニクスは、現在、物性物理学分野で大きな潮流になっているトポロジカル物理と磁性物理との融合の研究である。... トポロジカル絶縁体でのスピン−電変換やスキルミオンとよばれる...

半導体基板上への転写による室温で電子の電荷と、スピンを利用したエレクトロニクスやトポロジカル超電導体などへの応用が見込まれる。

そこでマイクロソフトでは、エラー訂正機能を量子ビットそのものに組み込むトポロジカル量子ビットを採用し、信頼性を向上させた量子コンピューターの開発を進めている。

助成対象は田邉洋一東北大学大学院助教の「3次元トポロジカル絶縁体を用いた低散逸高オンオフスイッチングデバイスの開発」など280件。

東京工業大学と東京大学、分子科学研究所、広島大学などの理論研究グループは、物質内部は絶縁体ながら、表面は電気を通す「トポロジカル絶縁体」の表面近傍に規則的な強磁性層を埋め込み、トポロジカル絶縁体を強磁...

磁場によってトポロジカル数を制御でき、メモリーなどへの応用につながる。 研究チームは磁性金属中において、トポロジカル数が2の新しい磁気スキルミオン結晶が現れ、磁場に応じてトポロジカル...

理化学研究所と東京大学、東北大学、産業技術総合研究所の共同チームは、物質内は電気を通さないが表面は電気を通す物質「トポロジカル絶縁体」の表面金属の状態を絶縁化することに成功した。... 共同チームは、...

ビスマスは安定で安全、安価な物質であり、トポロジカル物質固有の性質を生かした次世代デバイスの開発につながる可能性がある。 ... ビスマスは代表的な半金属材料で、最近はさまざまなトポ...

【重点研究開発助成Aグループ研究(塑性加工)】▽「生体吸収性マグネシウム素形管材の革新的レーザダイレスフォーミング法の開発」東京大学生産技術研究所古島剛准教授ら 【重点研究開発助成B課題研究(...

京大、特定方向に整列する超電導状態を発見 (2016/10/13 科学技術・大学)

強さの方向を制御できれば、超電導デバイスの開発やトポロジカル超電導を利用する量子コンピューターの実現につながる。

現在は特に、内部は絶縁体だが、表面は電気を通す「トポロジカル絶縁体」の研究が世界的に盛んで、日本の研究者も活躍する。

内部は電流の流れない絶縁体だが、表面は金属のように電流を流す不思議な物質「トポロジカルな絶縁体」などが注目されている。

受賞理由は「トポロジカル相転移と物質のトポロジカル相の理論的発見」。 ... 最近ではこの分野が、内部は絶縁体で表面だけに電気を通すトポロジカル絶縁体はじめ、凝縮系物理学で最先端の研...

研究グループは、ビスマス、アンチモン、テルルから成るトポロジカル絶縁体を使ったスピントロニクス素子を作製。このトポロジカル絶縁体の表面における、電流とスピン流の変換現象について調べた結果、界面で高効率...

トポロジカル絶縁体は、物質内部は絶縁体であるにもかかわらず、質量のないディラック電子が電気伝導を担う特殊な金属状態が表面に存在する物質。 研究グループは、クロム、ビスマス、アンチモン...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる