19件中、1ページ目 1〜19件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

モジュール化すると全て自前でできないので、他の部品メーカーと連携することは重要だろう」 ―2020年の自動車市場をどう見ていますか。 ... 自社開発する「樹脂バッ...

八千代工業は従来の鉄製より約4割軽量化できる樹脂製のバックドアモジュールの開発を進めている。... ホンダと共同開発することが多いが、樹脂バックドアモジュールは耐久性などで自社開発にこだわり、ホンダ以...

八千代工業は「第46回東京モーターショー」に、「樹脂バックドアモジュール」と大開口などが特徴のサンルーフを出展する。 樹脂バックドアモジュールは得意とするバンパーなど樹脂製品の成形・...

ハイレックスコーポレーションは6月から米国で、自動車の軽量化につながる新型ドアモジュールの出荷を始める。... 従来のドアモジュールはモーター、ケーブル、レールなどで構成する窓開閉装置「ウインドー・レ...

帝人、樹脂製の車用座席ドア 鉄より35%軽量化 (2019/3/7 素材・ヘルスケア・環境)

帝人は6日、部材の大半を樹脂製にした自動車の座席ドアモジュール(イメージ図)を開発したと発表した。... 座席ドアに必要な強度を保ちつつ、鉄を使った従来のドア部品と比べて約35%の軽量化を実現した。....

加マグナ・インターナショナルが熱可塑性樹脂製バックドアモジュールの生産体制を拡充している。... マグナが中国で熱可塑性樹脂のバックドアを生産するのは初めて。... 現状、熱可塑性樹脂を使ったバックド...

独ランクセス、樹脂複合材をエルリングクリンガーに供給 (2017/7/11 素材・ヘルスケア・環境)

独ランクセスの熱可塑性樹脂複合材「テペックス」が、自動車の窓ガラス用部品やスピーカーなどを組み込む小型車の「ドアモジュールキャリア」に採用された。... ドア4枚に使う場合、従来の金属に比べて約5キロ...

ハイレックスコーポレーションは2017年内に米国で自動車用ドアモジュールの生産体制を拡充する。... 両工場はウインドレギュレーター(WR、ドア窓開閉装置)や、WRなどで構成するド...

車用ドアモジュール工場で2019年6月稼働予定。... ドアモジュールは、樹脂製などのモジュールプレートにウインドレギュレーター(WR、ドア窓開閉装置)、電装品など組み付けたモジュール品。... 同社...

ハイレックスコーポレーションは欧州市場攻略に向け、自動車向けウインドレギュレーター(WR、ドア窓開閉装置)を手がけるCSAウインドレギュレーター(スペイン)を約2億円で買収した。... ハイレックスは...

車載用はドアモジュールなどが堅調だった。

同社は受注拡大に向け、北米でエンジン周辺やブレーキの関連部品、バックドア部品などの生産能力も増強。... バックドアモジュールと呼ばれるガラス繊維強化樹脂製の外装品については、11月から日立化成の製品...

東プレは国内で軽自動車向けバックドアモジュールの生産に乗り出す。... 同社にとって軽のモジュールの生産は初めて。... バックドアモジュールについて東プレは相模原事業所(相模原市中央区)でプレス加工...

アルプス電気はセンサーやドアモジュールなどが好調で、車載市場向けの売上高は同20・7%増の1690億円、日本航空電子工業は車載用コネクターの売上高が同27%増の476億円を見込む。

日立化成工業は26日、中国河南省で2014年1月から自動車向け樹脂製バックドアモジュールの生産を始めると発表した。... 同社では生産に高い技術が必要なバックドアモジュールの製造から始め、今後、ほかの...

ハイレックスコーポレーションは米国の関連会社で自動車用ドアモジュール製品の生産量を約2割増やした。... 増産を始めたのは、ドアモジュール製品を中心に手掛けるダイドーハイレックスオブアメリカ(アラバマ...

すでにドアモジュールの部品を試作している。

【広島】ダイキョーニシカワ(広島県坂町、井上等社長、082・885・6634)は、樹脂製の自動車用後部ドアモジュール(写真)を開発した。... 後部ドアモジュールは05年、マツダ「プレマシー」に採用さ...

韓国の現代自動車、起亜自動車向けに、窓用自動昇降装置(ウインドレギュレーターシステム)を組み込んだドアモジュールを生産する。... ウルサン工場では、主に現代自向けのドアモジュールを生産する。... ...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる