50件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

独テレコム、ファーウェイと関係強化を否定 (2020/7/9 電機・電子部品・情報・通信1)

【ベルリン=ロイター時事】独通信大手ドイツテレコムは7日、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)との取引関係強化に関する一部報道を否定した。 ... ドイツテレコムの5G通信網で...

この株に関する取引について、Tモバイルや、同社の大株主である独通信大手ドイツテレコムと協議をしている。

ドイツテレコムのソリューションでは工場の敷地内にアンテナを立て、1本のアンテナで通常のスマートフォン向けの電波と、工場内だけの電波の2種類を使い分けして、ローカル5Gのニーズに応えようとしている。&#...

ソフトバンクG、Tモバイル株の売却模索 2兆1500億円相当 (2020/5/20 電機・電子部品・情報・通信1)

同紙は先に、ソフトバンクGがTモバイル株の大半を、Tモバイルの筆頭株主である独通信大手ドイツテレコムに売却する方向で協議しているとも伝えた。

「当州にはドイツテレコムとボーダフォンが拠点を設けており、それぞれ第5世代通信(5G)の周波数を割り当てられている。

IBMとタタ以外では、野村証券や独通信大手ドイツテレコムも審議会メンバーとなっている。

サービス最適化および労働力管理ソリューションを提供するクリックソフトウエアは、キャタピラーやドイツテレコムといった企業にソフトウエアを販売している。

ドイツテレコムは、欧州の関連会社がユーザー体験を強化できるように、このソリューションの導入を決定した。

低価格とカバーエリアの広さを武器に、独最大手ドイツテレコムに攻勢をかける。  ... 無制限プランの価格はドイツテレコムより5ユーロ安い80ユーロに設定した。  ....

ドイツテレコムも3日、ドイツ国内6都市で5Gサービスを開始すると発表している。

【フランクフルト=ロイター時事】ドイツの通信大手ドイツテレコムは、米国が次世代高速通信規格「5G」関連で中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)排除に動いていることを受け、通信機器調達計画を見直して...

そうした見方が欧州最大の通信事業者ドイツテレコムの社内調査で示された。  ... ドイツテレコムの広報担当はコメントを控えた。  ... ドイツテレコムは数千もの無...

英BTグループはモバイルネットワークの中核部分から華為製品を取り外すことを先に決めており、欧州最大の通信事業者で華為の顧客企業であるドイツテレコムは、購入戦略を見直している。  

ドイツテレコムは調達戦略を見直していると表明。

 ドイツテレコムが調達戦略を見直している。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)製品をめぐるセキュリティー懸念が広がる中で、ドイツテレコムが同社のネットワーク機器供給企業リストから...

BTは、方針を変更したわけではなく、2016年にドイツ通信最大手ドイツテレコムとフランス同業オレンジによる合弁の英携帯電話合弁会社EEを買収したことに伴い、EEのネットワークを残りの事業と統合するプロ...

合併新会社の持ち株比率はTモバイルの親会社ドイツテレコムが42%、スプリントのオーナーであるソフトバンクグループが27%となる。

持ち株比率はTモバイルUSの親会社であるドイツテレコムが約41・7%、ソフトバンクグループが約27・4%。

Tモバイル親会社の独通信大手ドイツテレコムが新会社の株式の41.7%、ソフトバンクが27.4%を保有し、経営の主導権はドイツテレコムが握る。

報道によると、Tモバイルと親会社の独通信大手ドイツテレコムは、スプリントの評価額を株式時価総額に近い260億ドル(約2兆8300億円)と算定。ドイツテレコムが合併後の新会社を連結対象にすることをソフト...

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる