517件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

演算遅延を0・03ナノ秒(ナノは10億分の1)、光信号の損失を30%程度に抑えられた。... 三つの光の入り口と一つの出口を持ち、干渉が起きる領域の大きさが3マイクロメートル(マイクロは100万分の1...

ポストシリコン材料を用いてシリコンでは困難であった発光素子や受光素子がシリコン集積回路とのワンチップ化されると、これまで夢であった光と電子の機能融合デバイスへの道筋も大きく開ける。(木曜日に掲載)&#...

最小線幅65ナノメートル(ナノは10億分の1)のチップでプログラムができることを確認した。プログラム機能にトランジスタが不要となり、チップの小面積化に加え、データ処理能力の向上もできる。 &#...

TRIPLE―1、深層学習向けAIプロセッサー (2020/2/14 電機・電子部品・情報・通信2)

TRIPLE―1(トリプルワン、福岡市博多区、山口拓也社長、0570・031・119)は、回路線幅5ナノメートル(ナノは10億分の1)のディープラーニング(深層学習)向けAIプロセッサー「GOKU=写...

塗布型半導体で無線通信 東レが低コスト作製 (2020/1/21 素材・医療・ヘルスケア)

東レは20日、高性能半導体カーボンナノチューブ(CNT)複合体を用いた塗布型無線識別(RFID)を作製し、塗布型半導体として、世界初の極超短波(UHF)帯電波での無線通信を達成したと発表した。... ...

半導体、微細化に挑む 5G・EV進展で (2020/1/13 電機・電子部品・情報・通信)

5ナノメートル(ナノは10億分の1)世代という微細な半導体の量産に対応した計測装置「CG7300」を2020年度中に投入する。... EUV露光技術は7ナノおよび5ナノメートル世代の半導体デバイスの量...

【学会で好評】 「日本小児アレルギー学会で製品を紹介したところ好評だった」とアール・ナノバイオの伊藤社長は笑顔を見せる。... アレルギーの原因物質に含まれるたんぱく質を検査キットの...

国際ナノテク展、NOKが出展 (2020/1/13 自動車)

NOKは29―31日に東京・有明の東京ビッグサイトで開催する「第19回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」に出展する。... ピペットチップの先端に装着して使用する「ピペットパッキン」を出展する。ピ...

開発中のチップが1月中に完成しサンプル提供を始める。... ユーザーは試作チップで性能を確認し、自社のチップに回路を組み込めるようになる。 処理フローの切り替えをハードで実行するとナ...

IT各社、プロセッサーの限界に挑む 現行技術、どう進化 (2020/1/6 電機・電子部品・情報・通信)

まずは線幅40ナノメートルの技術を用いて、100ニューロンの1万シナプスが入った3ミリメートル角のチップを試作した。... IBM 砂粒チップ、紙や繊維の中に 米IBMはスーパーコン...

消費エネ100分の1で動作 NTTと東工大が全光スイッチ (2019/11/27 電機・電子部品・情報・通信1)

チップ間やチップ内のコア間の伝送に電子ではなく光子を使うことで、電気制御の限界を大幅に超える情報処理能力を実現する光集積回路への応用を見込む。 プラズモニック導波路と呼ばれる、幅と長...

光固定法によるマイクロアレイ型バイオチップの基幹技術を持つアール・ナノバイオ(埼玉県和光市、伊藤嘉浩社長、048・467・5811)が技術主導し、日本ケミファがアレルギーのスクリーニング検査の診断薬や...

窒化アルミニウム(AlN)基板を使用しており、発振波長は271・8ナノメートル(ナノは10億分の1)。半導体チップから直接レーザーを出力するため光源を小型化でき、波長の短い深紫外レーザーを使うことで切...

試験にはエスペック製小型冷熱衝撃装置「TSE―11」を使用し、熱膨張率の高い銅の基板とシリコンチップを用いた。... 同社が開発したIMCCは、ナノメートル(ナノは10億分の1)単位の銅とスズの金属間...

断面が繊維状になる高分子特有の亀裂をナノメートル(ナノは10億分の1)サイズで制御し、構造色で特定の色を出すことに成功した。... 構造制御技術を応用して微小な流体チップを作り、汗や血液などを分析する...

ヘレウス、分光分析機器用の光源モジュール (2019/6/14 電機・電子部品・情報・通信2)

UVLEDチップと蛍光体を組み合わせ、250ナノ―490ナノメートル(ナノは10億分の1)の広波長領域のUV発光スペクトルを持つ。

【名古屋】SiCツールズ(名古屋市中区、青木渉社長、052・799・7601)は、市販の切削工具に3次元(3D)CMP(化学機械研磨)を施し、鋭利さを示す数値「刃先丸み」を最小50ナノメートル(ナノは...

 中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)は7日、新たなサーバー用半導体チップを発表した。... 華為の発表資料によると、「Kunpeng 920」...

CNC装置とサーボ技術によって0.1ナノメートル(ナノは10億分の1)で指令、制御する。... パネルサイズは6.2インチと大型で、半導体チップは最先端品を採用した。

ディープラーニング(深層学習)に特化した新チップ「MN―コア」を使った専用サーバーを1000台以上としていく。... 西川社長は「ゲノム用の線幅40ナノメートル(ナノは10億分の1)だけでなく、12ナ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる