2,924件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ニッケル市場に資源ナショナリズムの波が押し寄せている。ニッケル産出量最大のインドネシアが鉱石輸出を禁止し、ステンレス鋼の原料となるニッケル銑鉄を増産しており、2020年の生産量は世界最大の中国を上回る...

ステンレス鋼の添加剤などに使うニッケルの国際相場が高止まりしている。... ニッケルの最大消費国である中国では、用途の約7割を占めるステンレス鋼などの建材需要が堅調だ。... 当局の消費刺激策などが奏...

日鉄ステンレスは7日、ステンレス冷延薄板の国内店売り向け製品について、10月契約分価格をニッケル系は1トン当たり5000円引き上げ、クロム系は据え置くと発表した。

日本化学産業は5日、リチウムイオン電池用正極材であるニッケル酸リチウムの受託加工の月産能力を2022年1月に現状比25%増の約750トンまで高めると発表した。... 日本化学産業は現在、福島第一工場(...

【福島】アサカ理研は2021年までに使用済みリチウムイオン電池からコバルト、ニッケルなどのレアメタル(希少金属)を回収・精製する新たな設備をいわき工場(福島県いわき市)に新設し、22年から本格的な事業...

印刷用インキや印刷後に塗布するニスの中に、抗菌作用を持つニッケルの粉末を配合して菌の増殖を抑える。... ケニファインは組織や成分を制御して抗菌性を高めたニッケル合金が材料。

量産するリチウム鉄リン系複合酸化物バッテリーは、鉛電池やニッケル水素電池、リチウムイオン電池に比べ爆発や発熱、有毒ガス発生の心配がなく、安全性の高さは日本産業規格(JIS)に基づく検証で確認されている...

日鉄ステンレスは23日、ステンレス線材の9―11月契約分の価格を、ニッケル系の基準鋼種「SUS304」でトン当たり2万円値上げし、クロム系の基準鋼種「同430」で据え置くと発表した。... 特殊鋼種も...

【ブルー水素】 そこで筆者らは、極細(10ナノメートル〈ナノは10億分の1〉未満)繊維状のNiと酸化イットリウムからなる「根留触媒…Ni#Y2O3(ニッケル・ハッシュタグ・イットリア...

樹脂メッキ膜全体の厚さが40マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のところ、わずか0.3マイクロメートルの厚さのニッケル層の凹凸度がつや消し度合いを決める。

鉄鋼 中国需要本物か(下)対中輸出、商社の収益下支え (2020/9/18 素材・医療・ヘルスケア)

青山実業グループのニッケル銑鉄、ステンレス熱延鋼板の製造にもかかわる。 ... インドネシアで、車載用リチウムイオン電池正極材向けニッケル・コバルト化合物の生産に関与。

さらに航空機エンジンの燃焼効率向上に向け、ニッケル合金より3分の1程度の重さで耐熱性に優れたCMCの活用も期待されている。

産業技術総合研究所の村上敬主任研究員らは、ニッケル合金などの難削材を容易に切削加工できるセラミックスと金属の複合材料を開発した。... 航空機や発電用タービンなどの分野ではニッケル合金やスーパーステン...

開発に携われば、EV用電池の主材料となる低炭素ニッケルの入手が可能になる。

すでに銅やニッケルの再資源化はパイロットプラントで実現。... その材料にはニッケルやコバルト、銅など金属資源が使われるが、特にレアメタル(希少金属)であるコバルトは、需給逼迫(ひっぱく)の可能性が懸...

この中にリチウムイオン電池の大容量化・高出力化に不可欠のコバルトやニッケル等の希少金属が含まれるのが最大の特徴である。

日鉄ステンレスは3日、ステンレス冷延薄板の国内店売り向け製品で、9月契約分価格をニッケル系で1トン当たり1万円引き上げ、クロム系は据え置くと発表した。... ニッケル系冷薄は、足元の原料価格からみて先...

ニッケル地金の国際価格が、約10カ月ぶりの高値圏まで上昇している。... 中国の消費刺激策で電気自動車(EV)の販売が持ち直していることも、ニッケルの電池材向け需要の追い風になっている。 &#...

現在、主にニッケル―チタン合金が医療デバイスなどに使われている。... 今回開発したのは、鉄を主成分とし、マンガン、アルミニウム、ニッケル、クロムを含んだ鉄系超弾性合金。

新材料の「NIMA(ニーマ)90B」は、耐高温腐食性を高めたニッケル基合金。配合は非公表だが、同社従来品に比べニッケルなどの含有量を高めたという。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる