69件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

日立金属、英大学と専門組織 高機能金属材を共同研究 (2020/3/26 素材・医療・ヘルスケア)

アモルファス金属リボンの加工モデルや、ニッケル基超合金の機械的特性に関する研究を進め、次世代の省エネルギー型モーターや航空機エンジンに適用可能な材料技術の実用化につなげる。

ニッケル基耐熱合金などを使用した金属粉末が高価であることや酸化するなど、実験で使うには使い勝手の面でハードルが高い。

耐熱超合金には鉄やコバルトをベースにした材料もあるが、我々のグループでは、ニッケルをベースとする超合金の開発を行っている。ニッケル基超合金はおよそ10種類の金属元素を混ぜ合わせて作るが、入れる元素の種...

アルミニウム合金を主体とする従来の機体に比べて重量も減る。... 生産効率が高く、コスト競争力に優れた設計・製造技術を確立し、ニッケル基合金に代わる材料として適用を目指す。

日本冶金、川崎に高効率電炉 130億円投じ22年稼働 (2019/9/26 素材・医療・ヘルスケア)

現有の主力電炉2基を1基に集約して生産効率を高めるとともに、最新の省エネルギー化技術を採用する。... 容量が各60トンの既存の電炉2基の後継機として容量70トンの最新鋭機を導入する。高機能材(ニッケ...

タンガロイ、耐熱合金加工用の高能率カッター発売 (2019/4/23 機械・ロボット・航空機1)

タンガロイ(福島県いわき市、木下聡社長、0246・36・8501)は、耐熱合金向けカッター「セラミック・スピード・ミル=写真」を発売した。丸駒セラミックスインサート(刃先交換チップ)を使用し、航空機部...

ところてんを押し出すような仕組みでニッケルチタン合金製のバネを動かす。... 荒田准教授の研究成果を基に、三松が持つ金属加工やロボットの設計開発のノウハウを融合させながら、開発までには長い歳月を費やし...

独自技術「CR―NITE(ナイト)」により、ステンレス部品に約1000度Cの耐熱性を持たせて、ニッケル基合金といった高価な材料の代わりに使える点を訴求。

400度Cでヨウ化水素から水素を取り出す工程ではニッケル基合金で反応器を構成した。

日立製作所が開発した高耐食性のクロム基合金に、硬い粒子を均一に分散するように加え、土砂による摩耗への耐性を高めた。 同社の試験ではコバルト基の従来型合金に比べて耐食性が10倍以上、耐...

超硬合金のワイヤ放電加工の際には、加工液に水を使用すると超硬合金の結合材であるコバルトが溶出して材料劣化を招くことがあるため、加工液は油でないといけないといわれたこともあった。... 委員会での議論を...

日立金属は27日、耐食性が高い自社開発のニッケル基合金「MAT21」を材料として用い、金属3Dプリンターでの積層造形に成功したと発表した。同合金は半導体工場や化学プラントの設備など高耐食性が必要な部材...

レーザー加工技術のトレンド (2018/10/11 特集・広告)

従来、ステントはステンレス鋼やニッケルチタン合金などの金属製であったが、ピコ秒やフェムト秒超短パルスレーザー技術の登場により、新しい生体吸収性ステントへの応用検討が進んでいる。 &#...

これらは大学や研究機関、素材メーカーなどと協力を深めてきた成果であり、セラミック基複合材料(CMC)の開発も本格化している。 航空機エンジンの需要増加で世界的にチタンやニッケル合金素...

-用途の高機能化に応える-溶射技術 (2018/9/21 特集・広告)

TBCはニッケル基超合金を遮熱し、高温酸化から守るためのコーティングシステムであり、イットリア部分安定化ジルコニア(YSZ)の多孔質厚膜が用いられてきた。... 一方で、近年注目を集め...

長野鍛工、難加工材の高成形実現 第1弾にインコネル (2018/9/11 素材・ヘルスケア・環境)

まずニッケル基超耐熱合金(インコネル718)を耐熱性が求められる車のエンジン部品に量産加工する技術を確立し、2年後の受注を目指す。チタンなど他の合金にも応用可能で、航空機部品や人工関節向けの加工も視野...

日立金属は17日、多くの元素をほぼ均等な割合で含む合金「高エントロピー合金」を3Dプリンターで造形する技術を、日立製作所と共同開発したと発表した。日立製作所が開発した高エントロピー合金「ハイピース」に...

素材を複数のステンレス鋼板とニッケル・コバルト合金薄板との積層体で形成し、形状および構造に特徴を持たせることで、一定の流量を保つことができる。 ... (アクティオ=東京都中央区、0...

ニッケルなどを多く含む高価格帯の合金鋼の需要増に対応する。 増産するのはニッケル基合金など強度や耐熱性や耐食性に優れる製品。... 具体的には、知多工場で19年1月にエレクトロスラグ...

【福岡】九州大学大学院工学研究院の堀田善治主幹教授らは、長野鍛工(長野市)と共同で、ニッケル基の超耐熱合金(インコネル718)を大量生産できる新工法を開発した。... 同合金は航空機や自動車のエンジン...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる