78件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

電池残存寿命を1分で評価 東洋システム、EV向け技術開発 (2020/1/10 電機・電子部品・情報・通信1)

【いわき】東洋システム(福島県いわき市、庄司秀樹社長、0246・72・2151)は、リチウムイオン電池やニッケル水素電池など電動車搭載の電池パックの充放電残存寿命を数秒から1分前後と、ほぼリアルタイム...

電動車では高性能バッテリーも欠かせない。エネルギー密度が大きく高電圧、高出力を実現するために、現在ではリチウムイオン電池やニッケル水素電池が使用されている。ニッケル水素電池の水素吸蔵合金を加工する際に...

ソーラーパネルを看板表示面の内部に収納しており、日中の太陽光で発電し、電力をバッテリーに蓄電。... バッテリーは充電式ニッケル水素単3蓄電池を採用した。... バッテリーは2100回充放電が可能で、...

【さいたま】ユーパーツ(埼玉県熊谷市、清水道悦社長、048・524・0524)は、ハイブリッド車(HV)の駆動用ニッケル水素バッテリーを再生する充放電試験システム(写真)を開発、特...

チノン/乾電池8本収納の携帯バッテリー (2019/2/25 新製品フラッシュ1)

チノンは単三乾電池もしくはニッケル水素電池8本を収納するタイプの携帯バッテリー「CH―UC800」を発売した。... リチウムイオンバッテリーの代替用途などを想定。

チノン、大容量タイプの携帯バッテリー 乾電池8本収納 (2019/2/8 電機・電子部品・情報・通信2)

【諏訪】チノン(長野県諏訪市、茅野正澄社長、0266・52・1365)は、単3乾電池かニッケル水素電池8本を収納するタイプの携帯バッテリー「CH―UC800=写真」を発売した。... 「1日から国内販...

ニッケル水素電池を小型・軽量化したほか、パワートレーンやバッテリーには新設計思想「TNGA」を適用した。

「11年の東日本大震災を背景に、バッテリーのバックアップ機能のニーズが高まっていた」と丸屋課長。... そこで、システム架台にリチウム電池、本体にニッケル水素電池を搭載し電池容量を増やして対応した。

バッテリーはニッケル水素を採用する。

歩行アシストスーツはモーターや制御回路、ニッケル水素バッテリー、センサーなどで構成し、足の振り出しや持ち上げを支援する。

本体はニッケル水素バッテリーを搭載。

対象とするのは、2003年発売の2代目「プリウス」と09年発売の3代目プリウスに搭載されたニッケル水素電池。... トヨタはこれまでHV用ニッケル水素電池からニッケルを抽出し、バッテリー原料として再資...

バッテリーは充電式ニッケル水素単3電池を使用し取り換えが容易。

同社では最低動作電圧を1・8ボルトに抑えたことによって、単4ニッケル水素充電池2個で11年間のデータ書き換え(1秒ごとに64キロビット)が可能となる。 そのためデータログ(履歴)の高...

鉛蓄電池事業の子会社「パナソニックストレージバッテリー」(静岡県湖西市)株式の85・1%をGSユアサに譲渡し、残り14・9%は2年後に譲渡する計画。... パナソニックはニッケル水素電池やリチウムイオ...

駆動用バッテリーにはリチウムイオン電池を新たに採用した。... 一方、4代目でも一部モデルに搭載するニッケル水素電池も性能を高めつつ小型化した。

駆動用バッテリーにはリチウムイオン電池を新たに採用。現行プリウスに搭載しているニッケル水素電池も10%小型化と充電性能28%向上を果たした。ニッケル技術を底上げしつつ「リチウムも手の内化する」(豊島C...

戸田工業と独化学大手BASFと設立した合弁会社、BASF戸田バッテリーマテリアルズの阿武保郎最高経営責任者は安堵感をにじませながら期待を口にした。... 【家電なども】 また、スマー...

コストダウンの一環として、高価なレアアース(希土類)の使用割合を下げる技術開発も進めている」 ―15年はニッケル水素電池とリチウムイオン二次電池合計の生産能力が年間40万台分増の16...

川崎重工業は明石工場(兵庫県明石市)で大容量ニッケル水素電池「ギガセル」の製造能力を従来比30―40%増強した。停電時に駅間で停車した電車の非常走行を目的とした鉄道システム用地上蓄電設備(バッテリーパ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる