101件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

コロナ禍で拡大が予想される自動・ロボット化のニーズ拡大を取り込む。 【コロナ関連記事】総合2・総合3・総合4・モノづくり・自動車・機械2・生活2・金融・商況・東日本・西日本・深層断面...

デンマークのOnRobot(オンロボット)は、ネジ締め工程を自動化できる産業用ロボットアーム向けツール「スクリュードライバー」を発売した。ネジの長さとトルク値を入力するだけで、均一なネジ締めを自動で行...

蛇の目ミシン工業は同社製卓上ロボットを活用したネジ締め工程の自動化設備導入支援サービスを始めた。... 同社の多機能型卓上ロボット「JR3000シリーズ」をベースに、ネジ締め工程の自動化に必要なドライ...

2019年12月に開かれた国際ロボット競演会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」のトライアル大会は、競技課題の難度が上がり、どの参加チームも苦戦した。.....

2017年秋に完成した「協調安全ロボットテクニカルセンター」(愛知県一宮市)には、デンマークのユニバーサルロボットやドイツのKUKA、ファナックや安川電機など国内外の協働ロボットがずらりと並ぶ。「協働...

ロボットによるネジ締めは手作業と比べ微調整が効かず、不良が起こりやすい。同社は自動化におけるネジ締めの重要性や推奨製品の情報発信のため、ロボットメーカーとの協働に力を入れている。 ....

稲葉清典取締役専務執行役員は「協働ロボットのための協働ロボット」と自信を示す。 ... ロボ9台でオモチャの部品ピッキングから組み立て、ネジ締め、検査、包装などを行う。... 全工程...

そこでロボットを扱える会社が少ないことを実感。... 導入予定の現場全体を採寸した上でロボット、加工機、供給装置などを組み合わせたシステムの設計に使う3Dデータを活用し、ロボットの配置や動作を仮想空間...

デンマークのユニバーサルロボットは可搬質量16キログラムの協働ロボット「UR16e=写真」の販売を始めた。... 同社製協働ロボットの可搬質量は10キログラムが最大だったが6割引き上げた。... 同社...

会場は省力化につながる技術やサービスの展示などでにぎわい、複数の協働ロボットを組み合わせてソリューションとして提案する姿も目立った。... SKソリューション(福岡市博多区)の担当者は「ユーザーがイメ...

【九州日東精工/ネジ締め、カメラで位置補正】 九州日東精工(福岡市博多区)は、特許保有する異種金属接合技術「アクローズ」をはじめ工業用ファスナー製品を提案する。樹脂やアルミニウム向け...

(0539・62・3151) 【SKソリューション/協働ロボ使いアプリ紹介】 SKソリューション(福岡市博多区)は協働ロボットを使用したさまざまなアプリケーション(...

東京センチュリーは、自動ネジ締めパッケージのレンタルを9月下旬に始める。... 人共存型ロボットのソリューション提案として、中小企業への導入促進にもつなげる。... ハイオスの自動...

卓上ロボットやサーボプレスなどの現地サポート体制を強化し、販売代理店の開拓も積極化する。... 現地化により、電子機器向け部品のネジ締めや材料の塗布などを手がける卓上ロボット、部品の圧入などが可能な装...

従来人手作業だったネジ締めや部品の取り付けを自動化する。... 川崎重工業製の双腕型協働ロボット「デュアロ2」を本社工場に導入する。... 協働ロボットの導入により、類似部品の取り違えなど人為的ミスを...

ハイオス(東京都墨田区、戸津勝行社長、03・6661・8777)は、ネジ締めの自動化に向け、ロボットメーカーと組み、製品の情報発信や拡販に力を入れる。... 戸津社長は、「ネジ締めの自動化はコストダウ...

デンマークのユニバーサルロボットは18日、同社製協働ロボットを使った作業構築を支援するオンラインツールの日本語版を発表した。... ユーザーのロボット活用支援や、新規ユーザーのロボット導入イメージの具...

産ロボ組み立て 安川電機は産業用ロボットの組み立てラインに協働ロボットやIoT(モノのインターネット)技術を導入した。... ネジ締めなど人が手がける作業もIoTで管理。... Io...

「人手でやるものとされていたセル生産をロボットで自動化したラインもある。... ネジ締め良否判定でミスを抑えると同時に、作業のデータを集め分析し、ある人が2本目のネジ締め作業が遅いと分かれば、すぐにそ...

セイコーエプソンは、2019年度中に生産ラインなどで人と協働できるロボットを発売する。... 人協調型ロボットの発売は同社では初めて。 ... また同社が展開する精密機器の組み立て向...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる