電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

893件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

日鉄、ノルウェー社と油井管供給契約を更新 (2024/7/11 素材・建設・環境・エネルギー2)

日本製鉄は住友商事と共同で、ノルウェーのエネルギー企業エクイノールに対し、同国などで使用する油井管を最長9年間長期供給する契約を更新した。

ナブテスコ、最適船速制御システムがノルウェー承認取得 (2024/7/9 機械・ロボット・航空機2)

ナブテスコの舶用カンパニーとギリシャ子会社のディープ・シー・テクノロジーズ(アテネ市)は、最適船速制御システムについてノルウェー船級協会のDNV ASから型式承認を取得した。

「EV・FCVトラック元年」熱気 米で導入活発化 (2024/7/3 自動車・モビリティー)

ノルウェーのヘキサゴンプルスは2024年後半に量産を始める米国向け大型EVトラックを5月の展示会で公開した。

【オスロ=ロイター時事】ノルウェー石油・エネルギー省は26日、海底鉱物の探査・掘削ライセンスの初の入札に向け、対象となる北極圏の広大な海域を発表した。... ノルウェーが商業ベースで深海採鉱を...

「チャットGPT」で知られる米オープンAIは、人型ロボットを開発する米フィギュアAIやノルウェーの1Xテクノロジーズに出資済み。

住友商事は洋上風力発電の建設支援船を運航するノルウェーのIWSフリートに対し、6000万ユーロ(約102億円)の出資を決定。

魚の干物、外国産頼み 水揚げ低調で国内調達困難 (2024/6/5 生活インフラ・医療・くらし2)

サバの主産地である千葉県銚子市の水産加工会社「丸安」によると、乾燥機を使った「文化干し」の原料は「銚子港の水揚げが不安定なため、かなり前からノルウェー産を使っている」と話す。 急激な...

海上運賃が急上昇 世界貿易回復で需給逼迫感 (2024/5/31 生活インフラ・医療・くらし2)

ノルウェー・オスロに拠点を置く海運分析プラットフォーム、ゼネタのシニア海運アナリスト、エミリー・スタウスボール氏は「この状況は新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)時の...

住友商事は28日、洋上風力発電施設の建設支援船(CSOV=イメージ)の保有・運航事業を手がけるノルウェーのIWSフリートに出資し、同事業に参入すると発表した...

日立建機、建設現場のゼロエミ化加速 千葉にEVラボ (2024/5/29 機械・ロボット・航空機1)

(編集委員・嶋田歩) 「世界でもいち早く電動化が進んでいるノルウェー・オスロの建設現場を再現した」。

2025年4月の大阪・関西万博に向け、アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドの北欧5カ国が共同出展する北欧パビリオンの工事が大阪・夢洲(大阪市此花...

パナエナジー、商用EV電池参入 北欧社に供給 (2024/5/21 自動車・モビリティー)

第1弾としてノルウェーのヘキサゴンプルスが2024年後半に米テキサス州の新工場で量産を開始する米国向け大型EVトラック「Tern」用に円筒型リチウムイオン電池(LiB)を供給する。

ニュース拡大鏡/SGHD、倉庫効率化 EC物流をロボで変革 (2024/4/26 生活インフラ・医療・くらし)

先進物流施設でなじみが深いオートストア(ノルウェー)の自動倉庫と自動棚搬送ロボット「イヴ」が商品保管やピッキング支援を担い、搬送ロボット「オットー」がピッキング後の商品を梱包工程へ運び...

3月の欧州新車販売、EV不振で前年割れ (2024/4/22 自動車・モビリティー)

ドイツやスウェーデン、ノルウェーなどで消費が落ち込み、EV販売台数は11%減少した。

ニュース拡大鏡/内航船、脱炭素へ出航 燃料に水素・アンモニア (2024/4/19 生活インフラ・医療・くらし2)

また、海外ではノルウェー海運大手のフッティルーテンが電気と風の力で動くクルーズ船「シーゼロ」の開発プロジェクトを進めている。主にノルウェー沿岸での運航を想定した船舶で、太陽光発電パネル付きの帆を持つ特...

NESIC、「ネット会議」有事も円滑 機器・サービス一体提供 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信1)

NECネッツエスアイ(NESIC)は10日、提携先の米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM、カリフォルニア州)とノルウェーのネットフレーム(オスロ市...

LCVは荷物を多く積むため「今の電池性能・コストでは内燃機関に比べ航続距離で劣る」が、2025年にノルウェーで内燃機関車が販売禁止になることなどを受け車種の選択肢を増やした。

ただ国によって浸透に差があり、英国やオランダ、ノルウェーでは補助金など政府の後押しが必要な状況だ。

JERA、ノルウェーで洋上風力 子会社が開発事業者に (2024/4/2 素材・建設・環境・エネルギー2)

JERAは子会社であるベルギーのパークウインド(ルーヴェン市)を通じて、ノルウェー政府による同国北海南部の洋上風力発電事業の公募に応募し、開発事業者に選定された。... 同洋上風力発電...

航続距離300キロメートルを目指し開発中の同モデルは、厳しい環境規制を敷く欧州のノルウェーに25年に先行導入し、右ハンドル仕様を開発してタイ、英国、豪州に順次展開する計画だ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン