8,821件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

産総研センシングシステム研究センターバイオ物質センシング研究チームの福田隆史主任研究員は「波長域が広いほど多くの情報を取れる」と光源を使った測定器の性能向上につながると指摘する。

この脳機能結合をバイオマーカー(判別器)とし、標本群から1例をテスト事例として抜き出し、残りを訓練事例として照合したところ、84%の高精度でメランコリア特徴のうつ病が判定できた。

挑戦する企業/住友化学(21)社長・岩田圭一氏 (2020/3/27 素材・医療・ヘルスケア)

また世界の政治経済の変化に対応するため、オペレーションを高度化する」 「10年先はCASEや第5世代通信の社会実装が進み、20年先にはバイオ技術の存在感が増すだろう。

バイオ医薬品などスペシャリティー医薬品向けの従来システムに温度履歴の取得や多様な温度帯の設定機能を追加した。

生きた状態で1細胞を解析 横河電、バイオ向け装置投入 (2020/3/26 機械・ロボット・航空機2)

バイオ研究分野での細胞解析の用途を想定する。

廃プラスチック問題やバイオマス資源、リサイクル技術などを学んで循環型社会を考えた行動を促す。

メタン発酵の残さを堆肥に マルトー、再生処理システム製品化 (2020/3/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

福岡県久留米市にあるバイオガス発電所のメタン発酵工程で3月末から本格稼働する。... 牛ふんなど家畜の排せつ物を用いたバイオガス発電では、メタン発酵で発生する消化液の処理が課題になっていた。... バ...

太陽光・風力事業者に出力制御要請 中部電が体制整備 (2020/3/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

2021年度末までに出力制御システムを構築し、揚水式発電機の揚水運転やバイオマス電源の出力制御などを行っても供給が需要を上回る場合に太陽光と風力の出力制御を行う。

石巻に国内最大級バイオマス発電施設 日揮が受注 (2020/3/26 機械・ロボット・航空機1)

日揮ホールディングス(HD)傘下で国内事業を展開する日揮(横浜市西区)は、宮城県石巻市で国内最大級のバイオマス専焼発電設備プロジェクト(完成イメージ)を受注した。

バイオ医薬品や試薬の開発時におけるたんぱく質の状態を調べる振とう試験器、製品化した医薬品輸送時の品質管理状況を確かめる輸送環境試験の各装置を発売。... バイオ医薬品の開発の際、たんぱく質の凝集の予防...

研究グループは、日本と英国、フィンランドの、ヒトのさまざまな生体データを蓄積したバイオバンクから計70万人の情報を解析した。

デンカと九大はこれまでに合成ゴムの物性測定や、高分子やセラミックスなどの先端材料、検査薬技術を使った新規バイオマーカー、鉱山の安全な採掘法などに関する共同研究に取り組んだ。

アツギ、包装材に環境配慮型素材 今春夏から切り替え (2020/3/23 素材・医療・ヘルスケア)

パッケージの袋やフックの素材には、焼却処分時の二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減した「グリーンナノCO2OFF」やバイオマスプラスチックを使う。

トッパン・フォームズ、HIROTSUバイオに追加出資 (2020/3/23 電機・電子部品・情報・通信)

トッパン・フォームズは、線虫を利用した早期がんのリスク判定検査を手がけるHIROTSUバイオサイエンス(東京都港区)に追加出資した。... HIROTSUバイオサイエンスが実施した約9億円の第三者割当...

JFE商事、原材料・資機材で機構改革 営業力強化 (2020/3/20 素材・医療・ヘルスケア)

JFE商事は原材料・資機材部門の原材料・資機材企画部を「バイオマス燃料部」に改称し、同じ原材料・資機材部門の第二原料本部に編入させるなどの機構改革を決めた。... 原材料・資機材企画部からバイオマス燃...

大日印、紙仕様のラミネートチューブ開発 (2020/3/19 電機・電子部品・情報・通信1)

プラスチックの使用量を従来比15%削減でき、バイオマスポリエチレンを一緒に使用するとキャップ部分を除いた全体の約75%を植物由来材料で代替できる。

英国子会社でバイオ医薬品の製造設備を新設する。... FDBKはバイオ医薬品CDMO事業の中核拠点。... バイオ医薬品は化学合成による低分子医薬品では実現が難しい作用を示すのが特徴。

東武百貨店、プラ・紙製袋有料化 (2020/3/19 建設・生活・環境・エネルギー2)

プラ製は、バイオマス30%配合素材に変更して1枚消費税込み3円で販売する。

国内では大阪大学発バイオベンチャーのアンジェスが「デオキシリボ核酸(DNA)ワクチン」の開発を表明。

挑戦する企業/住友化学(15)バイオが変える化学 (2020/3/18 素材・医療・ヘルスケア)

バイオならではの化学品に取り組み、技術を磨きつつ、相対的にバイオ由来の競争力が高まる時を待つ。 【自然な流れ】 一方、バイオサイエンス研究所長で常務理事の片木敏行は...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる