57件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

従来もバイオインフォマティクス(生命情報科学)など、情報科学の利用は進められてきた。

ミドリムシを活用した食品や化粧品、バイオ燃料事業などを手がけるユーグレナが、新型コロナウイルスの抗体検査サービスを開発、提供を開始した。... バイオインフォマティクス事業を担当する高橋祥子執行役員に...

学生時代は70年代後半、バイオインフォマティクスなど生物分野の境界領域が急発展していた。

富士フイルム、米にバイオ医薬研究拠点 日米2極整う (2019/12/6 素材・医療・ヘルスケア)

富士フイルムは5日、米国でバイオ医薬の研究拠点「バイオサイエンス&エンジニアリング研究所」(ウィスコンシン州)を設立し、稼働したと発表した。... 研究所では、バイオ医療に必要な細胞と培地の一体的な研...

細胞培養 AIで最適化 【手作業の問題】 バイオ産業は、先端産業の花形であろう。... 筆者は長年バイオインフォマティクスに携わっており、自動化の重要性は身に染みて...

今後は自動運転やスマート医療、バイオインフォマティクス(生命情報科学)をはじめ、人工知能(AI)などを活用した新しいサービスが登場する。

米国では、17年に買収した米創薬支援のインヴィクロ(マサチューセッツ州)にバイオインフォマティクス分野の専門家150人が在籍している。

クラウン・バイオ、蘇州に事業所開設 (2018/12/25 素材・ヘルスケア・環境)

創薬研究開発サービス企業のクラウン・バイオサイエンス(クラウン・バイオ)は中国江蘇省蘇州市に新事業所を開設し、既存のトランスレーショナル・オンコロジー研究能力を強化したと発表した。前臨床および臨床研究...

遺伝子の塩基配列を読み出せる「次世代シーケンサー」を扱える人材6人、バイオインフォマティクス(生命情報科学)担当4人を抱え、「開発力に絶対の自信がある。

金久氏は全遺伝情報(ゲノム)などの生命科学のビッグデータ(大量データ)から生体システムの機能を解読し医療や創薬につながるデータベース(DB)「KEGG」を開発し、バイオインフォマティクス(生命情報)技...

産業技術総合研究所人工知能研究センターの瀬々潤機械学習研究チーム長と富井健太郎インテリジェント・バイオインフォマティクス研究チーム長らは、薬剤などの低分子化合物とたんぱく質の相互作用を予測する人工知能...

不撓不屈/西田(4)品質と開発、親子の葛藤 (2018/4/13 中小企業・地域経済1)

【せめぎ合い】 11年に入社した有一郎は生物情報科学(バイオインフォマティクス)を専門とする研究者として大学や研究機関に在籍していた経歴を持つ。

■アクセスランキング・ベスト10(12/11~12/17) 1位 ものづくり補助金、“1万社支援”が復活 17年度補正予算1000億円 ...

また博士課程(4年制)では、「臨床統計・バイオインフォマティクス」、博士後期課程(3年制)では「先進医療デバイスIoT(モノのインターネット)学」「疾患生命創薬科学」の各プログラムを設置する。 ...

しかしながら、産総研が持つ高度なバイオインフォマティクス技術によって短期間のうちに従来よりも高精度の遺伝子予測と機能推定が行えた。

【神戸】シスメックスは1日、情報技術で生命現象を解明する技術「バイオインフォマティクス(生命情報科学)」の研究開発施設を川崎市に開設したと発表した。... 人工知能(AI)や生体反応・機能を数値化して...

人工知能(AI)、ビッグデータといった最先端ビジネスで、欧米企業の下支え役を果たすとともに、自社でもバイオインフォマティクス、スーパーコンピューター、フィンテックなどの分野に力を注いでいる。 ...

産総研人工知能研究センターの目指すブラックボックスではない、判断に至ったプロセスを説明できるAI、それに産総研のバイオインフォマティクス(生命情報科学)の知見もフル動員しながら、専門家の知見や技量に頼...

情報技術を駆使して生物学の課題を解く「バイオインフォマティクス(生命情報科学)」の研究者だ。

投資分野はIT関連、デジタルヘルス、バイオインフォマティクス、再生医療としている。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる