34件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

中小企業優秀新技術・新製品賞 受賞38氏「喜びの声」 一般部門 (2020/4/30 中小企業優秀新技術・新製品賞)

(東京都足立区) 一般部門・優秀賞 アール・ナノバイオ社長 伊藤嘉浩(いとう・よしひろ)氏 このたびは、優秀賞をいただき、誠に...

第32回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2020/4/14 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

(東京都文京区) サラヤ 「創部バイオフィルムを簡便に検出するツ−ル」 慢性創傷などの原因となる微生物の集合体「バイオフィル...

創傷が慢性化する原因とされる、創部のバイオフィルムを2分以内に検出できる。... 青色の濃淡でバイオフィルムの有無を判定できる。 ... バイオフィルム検出ツールは非侵襲かつ短時間で...

ふたに付けた多数のピンにバイオフィルムを形成し、ふたを持って評価対象に接触させて反応を見る。... ふたに付けることで、バイオフィルムを壊さないよう注意して作業する負担や多くの手間が不要になるという。...

ぬめりの有無、触れずに評価 理研 (2019/6/17 科学技術・大学)

バイオフィルムが多糖類やたんぱく質などの水となじみやすい生体高分子を多く含むことに着目。... バイオフィルムの付着を防ぐ素材の開発が期待される。 ... バイオフィルムの有無の評価...

新技術はマイクロナノバブルを横ボーリングの集水管に流し込むことで、管の内外に付着したバイオフィルムを除去し、目詰まりを解消するもの。

歯周病の主な原因はバイオフィルム(歯垢)であるが、歯垢にどんな種類の歯周病菌がいるかで、その病原性が変わる。

装置は炭酸ガスを高圧で吹き出した泡により、配管に付着したぬめりなどのバイオフィルムを分解する。

東京慈恵会医科大学医学部の水之江義充教授らは、感染症などの原因となる微生物の集合体「バイオフィルム」の内部構造を、自然に近い状態で観察する手法を開発した。... 黄色ブドウ球菌や大腸菌など、さまざまな...

【表彰】〈科学技術賞(個人)〉▽里見多一日本パーカライジング社長「ウェザリング技術を基盤としたクロムフリー表面処理技術の開発と普及」〈科学技術功労賞〉▽伊藤幹彌鉄道総合技術研究所材料技術研究部上席研究...

食品工場でスライサーを用いて食材を切る際、野菜汁や肉汁などが菌を保護する”バイオフィルム“ができ、除菌が困難となる。

そこで「微生物が作り出すバイオフィルム(菌膜)を簡単に制御できないか」と考えたという。

二川教授は入れ歯の汚れの研究をしており、口の中の細菌が作るバイオフィルム(菌膜)を制御する方法を考えていた。そこでこの樹脂の部位にスプレーを噴霧したところ、バイオフィルムの形成を抑えられることを明らか...

【新産業ベンチャー起業化支援事業】▽単一接着細胞剥離・回収装置の開発と販売(平藤衛氏、岩田太静岡大学教授、白崎善隆東京大学特任教授、NFコンサルティング)▽水濾過フィルターの目詰まり状態を監視する周波...

増殖の温床となるバイオフィルム(菌膜)を取り除く剥離・分散剤と、浮遊細菌に有効な除菌剤を連続注入。

さらに、第4の規格候補として抗バイオフィルムの研究にも着手した。 ... さらに将来の検討テーマとしてバイオフィルムを設定。... バイオフィルムは細菌によって生成されるぬめり状の物...

長年使った洗濯槽の裏には、バイオフィルム(菌膜)が付着していることが知られている。洗濯槽14台に付着したバイオフィルムを次世代シークエンサー法で解析した結果、すべてのバイオフィルムからマイコバクテリウ...

レジオネラ菌やバイオフィルム(菌膜)の細菌を殺菌できる。

水際に生息するアシや付近の石に付着したバイオフィルム(菌膜)から微生物の生態を解明する研究を行った。

このジオバクターをバイオフィルム化して電極を覆い、有機性廃棄物の処理と組み合わせるシステムを開発した。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる