106件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

三井化学と帝人は国内初となるバイオマス原料由来のポリカーボネート樹脂製造と市場展開で協力する。三井化学が原料となるバイオマス由来のビスフェノールAを供給し、帝人がポリカ樹脂を製造する。... 三井化学...

特に国連の持続可能な開発目標(SDGs)や知財、バイオマス原料などの自然素材がキーワードという。

岩谷産業、低環境負荷樹脂の国際認証取得 取り扱い拡大 (2022/6/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

バイオマス由来の樹脂4品目が対象。... 対象となるのはバイオマス由来のポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリスチレン(PS)、ポリエチレン...

住友ベークライトはバイオマス原料を50%以上配合した医薬品包装用フィルム「スミライトNSバイオマスシリーズ」を開発し、医薬品メーカーなどへの提案を始めた。... 3層構造の...

日本環境協会(東京都千代田区)は6月14日16時から、環境配慮を示す「エコマーク商品」におけるバイオマス(生物資源)原料由来ナフサを混合したプラスチックの扱いについての...

20―21年はコロナ下で素材の重要性が再認識された一方、脱炭素・資源循環社会に向けて基礎素材の原料や生産方法の見直しに向け技術開発が加速した。... リサイクルやバイオマス原料利用、グリーン水素などへ...

三菱ケミカルホールディングスグループ(HDG)は、バイオマス原料由来の高品質ポリエステルペレットの製造販売に関する同社グループの基本特許について、欧州特許庁が有効と判断したことを公表し...

ファイルいい話/東レ スエード調人工皮革 (2022/3/25 素材・医療・ヘルスケア)

ウルトラスエードはすでに約80%がリサイクル原料やバイオマス原料を使用するなどしたサステナブル製品のため、環境対応車のEVと相性が良い点が採用拡大につながっている。

深層断面/エンプラ市場、転換点 (2022/3/22 深層断面)

ゼコットはバイオマス原料の使用比率が50%以上のスーパーエンプラで、11年に開発した。... 早ければ20年代後半にも、同社の技術を用いてPA66原料のヘキサメチレンジアミンをバイオマスから製...

グンゼ、バイオマス原料50%使用の収縮フィルム (2022/2/4 素材・医療・ヘルスケア)

グンゼはバイオマス原料を50%相当使用した収縮フィルムを発売した。... 新製品「ファンシーラップGB50」はマスバランス方式によるバイオ原料を約50%相当使用したスチレン系フィルム。...

旭化成、韓国でAN生産 バイオマス由来材を利用 (2022/1/25 素材・医療・ヘルスケア2)

旭化成は2月から、バイオマス由来の材料を用いて、樹脂・繊維原料のアクリロニトリル(AN)の生産を開始する。... ANに任意の割合でバイオマス原料の比率を...

展望2022/東レ社長・日覚昭広氏 環境素材、ナノで付加価値 (2022/1/14 素材・医療・ヘルスケア)

「東レはペットボトルリサイクル繊維『&+(アンドプラス)』やバイオマス原料を使ったバイオPET繊維を展開している。

三菱ケミ、乳化剤で耐水コーティング 食品包み紙に提案 (2022/1/13 素材・医療・ヘルスケア2)

化石資源を原料としない点や食品に対する安全性を訴求し、食品の包み紙などへ採用を目指す。 三菱ケミカルのシュガーエステルは、砂糖と植物油由来の脂肪酸を原料とし、パンや菓子など...

三菱ケミカルはバイオマス原料比率60―80%の新規エポキシ樹脂(写真)や非可食植物を原料に用いたポリウレタンエラストマーを開発した。... バイオマス原料を用いた樹脂の品ぞろえ...

宇部興産子会社の宇部フィルム(山口県山陽小野田市)は、国内生産品で初めてバイオマス原料を25%使用した家庭用ラップフィルム「耐熱ラップeco...

新日本理化は樹脂の加工性や耐熱性を高める目的で添加する可塑剤で、バイオマス原料由来の製品販売を強化する。... 同社が展開するバイオマス可塑剤でバイオマス認証を取得し、顧客に順次訴求する。あわせてバイ...

三井化学は、三菱ケミカルが保有するバイオマス原料由来ポリエステルの特許についてライセンス契約を結んだ。対象は再生可能なバイオマス原料を用いたポリエチレンテレフタレート(PET)で、飲料...

王子HD、ポリ乳酸配合のOPP量産 プラ削減向け来春にも (2021/10/29 素材・医療・ヘルスケア)

日本有機資源協会の「バイオマス認証」の取得を申請中。... ポリ乳酸はトウモロコシやサトウキビなどが由来のバイオマス原料で、今回10%以上を配合した。OPPは包装材料などに使用されており、王子...

新たな事業として「環境に配慮したバイオマス原料のシュリンクフィルムを発売した」(同)と新たな事業領域を拡大する。

日本触媒はバイオマス原料からプロピレンを経由せずに製造できるアクリル酸の実用化に向け、量産技術の開発に着手した。... 具体的なバイオ原料名は非公表だが、商業生産を見据え、安定的に調達可能なバイオ原料...

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン