673件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

【仙台】アウラグリーンエナジー(青森市、川越幸夫社長、017・752・0682)とWWB(東京都品川区、増田裕一郎社長、03・6433・2789)は、カンボジア・カンダール州にコメのもみ殻を燃料とする...

沖縄電、金武火力で木質バイオマス混焼 (2020/3/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

沖縄電力は石炭火力発電所での木質バイオマス混焼を金武(きん)火力発電所(沖縄県金武町)に広げる。... 県内で発生する建築廃材を原料とする木質ペレットをバイオマス再資源化センター(同うるま市)から調達...

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故から9年。... バイオマス発電はエイブルエナジー(同広野町)が国内最大規模の11万キロワット級をいわき市に建設し、21年に完成する。 ...

中部電、愛知・岡崎に地域電力小売り会社設立 東邦ガスなどと共同 (2020/3/10 建設・生活・環境・エネルギー1)

同市のゴミ処理施設のバイオマス発電設備などで発電した電力を同市の公共施設などに供給する事業を7月に始める。... ゴミ処理施設や同市内の太陽光発電所などからの電力を市役所や小中学校などの高圧設備に供給...

木質バイオマス発電の燃料乾燥装置など向け。日本商工会議所から補助金を受け開発した。... 発電用木材チップなどを乾燥する。

イーレックスとのバイオマス発電事業、海外水力発電所への出資参画、陸上風力発電事業などいくつか案件を検討する」 ―維持管理、不動産、インフラ運営をどう伸ばしますか。

バイオマス発電事業者やチップ製造事業者に提案し、年15台の販売を目指す。 ... 木質チップはバイオマス発電所などの燃料として使われる。カンテナーを利用すれば、チップ製造工場や発電所...

東芝は、地域の分散電源を活用する仮想発電所(VPP)の定額サービス提供を夏に始める。... 得意の人工知能(AI)技術も駆使し、高精度な電力需要予測や太陽光発電量予測を可能にする。 ...

小水力ではチェコ製の発電機が、木質バイオマスでは米国製の破砕機が活躍する。 小水力発電所を運営する自治体は、チェコ製を採用した理由について「日本製より安価で実績が豊富」と話す。......

【いわき】エイブルエナジー(福島県広野町)は、同社が福島県いわき市で建設中の「福島いわきバイオマス発電所」向けの木質ペレット燃料全量(年間44万トン)を米国東海岸から輸入する。... 定格出力11万2...

インドで液化天然ガス(LNG)の再ガス化設備建設プロジェクトや愛知県蒲郡市のバイオマス発電所建設プロジェクト、静岡県御前崎市と同牧之原市のバイオマス発電所建設プロジェクトなどを受注した。今後もリスクを...

三菱重工業は10日、グループ会社のイタリア・ターボデン(ロンバルディア州)が、カナダ・サスカチュワン州の先住民居住地メドウレイク区向けに、木質バイオマス燃料の出力8000キロワット級のバイナリー発電設...

製鉄所向けのダクトや石炭を搬送するコンベヤーなど大型構造物の生産に強みを持つ。近年はバイオマス発電設備の仕事を始め「今後は洋上風力発電設備の仕事も手がけたい」(畑島美緒社長)。 .....

ジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京都港区、竹内一弘社長)と連携し、熊本県と鹿児島県で建設している太陽光発電所3カ所の発電事業に共同出資する。... 出資を決めた3カ所の発電所は、年間発電...

タクマ、鹿児島で木質バイオマス発電所受注 来年6月稼働 (2020/1/30 機械・ロボット・航空機1)

タクマは29日、鹿児島県さつま町に設置予定のバイオマス発電設備(完成イメージ)を受注したと発表した。... 自然電力(福岡市中央区)が設立した事業会社のさつま町バイオマス発電(東京都文京区)から受注し...

神鋼、JRAに発電機納入 バイオマス発電用 (2020/1/20 素材・医療・ヘルスケア)

神戸製鋼所は日本中央競馬会(JRA)が栗東トレーニング・センター(滋賀県栗東市)に設置したバイオマス発電プラントに発電機を納入した。高効率なスクリュー式小型蒸気発電機2台と、未利用の低圧蒸気を生かして...

太平洋セメントがイーレックスとの共同出資で設立した大船渡発電(岩手県大船渡市)は、太平洋セメント大船渡工場(同)においてバイオマス発電の営業運転を始めた。... 大船渡バイオマス発電所はバイオマス燃料...

一方で長瀬勝義社長は「いずれ制度は終わる」と見込みながら、中山間地に設置する太陽光発電所と電気の消費地が離れていることに違和感を覚えていた。 ... MOVIMAS(東京都新宿区)の...

展望2020/大阪ガス社長・本荘武宏氏 再生エネ開発、倍増視野 (2020/1/10 建設・生活・環境・エネルギー)

先月に米国シェールガス開発会社の買収手続きが終わり、米国で出資する、天然ガス火力発電所と液化天然ガス(LNG)事業『フリーポートLNGプロジェクト』が商業運転を始めた。... バイオマス発電に立て続け...

展望2020/中部電力社長・勝野哲氏 競争勝ち抜ける未来描く (2020/1/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

「地上の風力発電は開発が進んだ。... 徐々に増やしているバイオマス発電は今後も拠点を設ける」 ―海外にも活路を求めています。 ... 三菱商事と共同でのオランダの...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる