62件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

(山谷逸平) 研究に使われる実験動物や植物、細胞、遺伝子、微生物などをバイオリソース(生物遺伝資源)という。... 現在、ニホンザルやメダカ、イネ、病原細菌など30のバイオリソースに...

理研が持つ免疫学、全遺伝情報(ゲノム)科学、各種リソース操作技術などの総合的な強みを生かし、将来の感染症に備えた基礎・基盤的研究を支援する。 ... また、新型コロナをはじめ、感染症...

【まさに宝の山】 理化学研究所バイオリソース研究センターには、多くの研究者の努力のたまものである貴重なバイオリソースが多数保存されており、まさにこれらは宝の山と言うことができる。.....

バイオリソースは安定的に保存されるとともに、時代に応じて高度化されていく必要がある。これを技術的に保証するのがバイオリソース基盤技術である。 ... (月曜日に掲載) ...

我々の開発室では、国内外の研究者により分離・発見され、性質が詳しく調べられた微生物を預かり、研究材料(バイオリソース)として提供する事業を行っている。... (月曜日に掲載) ◇バイ...

理研の最前線(70)遺伝子材料、幅広く貢献 (2020/7/20 科学技術・大学)

加えて、ゲノム編集技術を用いて、分化状態を可視化する蛍光たんぱく質マーカー遺伝子を導入したiPS細胞(人工多能性幹細胞)や、遺伝子ノックアウトなどのマウス系統を作製することにより、先端的なリソースを拡...

(月曜日に掲載) ◇バイオリソース研究センター細胞材料開発室室長 中村幸夫

理研の最前線(68)植物の力、最大限生かす (2020/6/29 科学技術・大学)

そこで実験植物開発室では、わが国で開発された植物遺伝資源(リソース)の収集、保存、提供を通じて植物科学の発展を支えている。 ... また最近当室では、コムギに近縁の雑草「ミナトカモジ...

2002年度からは「文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト」の実験動物マウスの中核機関に選定され、ライフサイエンスの研究基盤として貢献している。 ... 今後も人類のニーズに...

創薬などのライフサイエンス分野や、実用化研究などのバイオテクノロジー分野での深海バイオリソースの産業利用が期待される。 ... 同事業を通して民間企業などは深海バイオリソースを入手で...

【神戸】神戸大学と神戸市、神戸医療産業都市推進機構(神戸市中央区)、シスメックスは30日、臨床情報がひも付いた生体試料「バイオリソース」の利活用を図る一般社団法人「BRIH―K」(同)を設立したと発表...

【米国との違い】 植物―微生物共生研究開発チームは「アーバスキュラー菌根菌のリソース研究」「微小液滴による根圏微生物の新規培養技術の開発」「植物―微生物共生におけるモデル実験系の確立...

(月曜日に掲載) ◇バイオリソース研究センター 次世代ヒト疾患モデル研究開発チーム チームリーダー 天野孝紀

その大きな成果として、理化学研究所バイオリソース研究センターの細胞材料開発室には、約300種類の疾患患者約800人分から作製された3000株以上のiPS細胞株が寄託されるに至った。 ...

【基盤技術開発】 理化学研究所バイオリソース研究センターではさまざまな疾患の患者さんから樹立された疾患特異的iPS細胞をバイオリソースとして提供している。... バイオリソース研究セ...

(月曜日に掲載) ◇バイオリソース研究センター マウス表現型解析開発チームチームリーダー 田村勝

このように利活用される生物特性こそが、バイオリソースの「価値」である。... バイオリソースの利活用にとって、情報は必要不可欠であり、情報がどれだけリソースの「価値」を伝達できるかによって、バイオリソ...

理研の最前線(45)生命科学支える研究基盤 (2019/7/15 科学技術・大学)

バイオリソースセンター(BRC)は2001年に設立され「信頼性」「継続性」「先導性」をモットーに、高品質なバイオリソースを収集・保存・提供する事業を展開してきた。 ... 海外の主要...

理化学研究所生命機能科学研究センターの森本充チームリーダーと同研究所バイオリソース研究センターの田村勝チームリーダー、神戸大学大学院医学研究科の南康博教授らは、気管や食道、腸などの管状の臓器が正しい形...

理化学研究所バイオリソース研究センター(BRC)は14日、4月に発足した「iPS創薬基盤開発チーム」の今後の取り組みを発表した。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる