51件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

2025年までにファインシンターのエンジン用バルブシートのうち、6割以上をコバルト未使用の製品にする計画。 バルブシートの素材には、一般的に高い耐摩耗性を持つコバルトが使用...

21年度中にも、この技術を応用したコバルトフリーのバルブシートの量産を国内向けに始める。 バルブシートの材料には、耐摩耗性を高めるためにコバルトが使われてきた。ファインシン...

日本ピストンリングは材料にコバルトを使用しないバルブシートを開発した。... 従来はバルブシートの耐摩耗性を高めるためコバルトを用いていた。

排気側へのバルブシート採用などで加速特性も高めた。

シート材(板金)などに用いる高出力レーザーはほとんど切断分野に用いられている。... しかし工程によっては効率的な混合気流を創生するために採用されたエンジン内部のバルブシートのレーザー...

エンジン基数は大きく伸びないが、バルブシートは数量が伸びるだろう。... 熱効率50%の実現のため、ピストンリングやバルブシートがどうあるべきか、機能とコストの二面性を追求する。

主力のピストンリングやバルブシートだけでなく、金属粉末射出成形(MIM)製品「メタモールド」の強化や、医療機器分野への本格参入も視野に入れる。... 山本社長は医療機器への展開にも「ピ...

既に「バルブシート」と呼ばれるエンジン部品の生産も山科工場から滋賀工場(滋賀県愛荘町)に移しており、山科工場での焼結部品の生産を減らす考え。

レーザークラッド工法は、バルブをまっすぐにするためバルブシートにレーザーで合金を溶融し、抵抗感なくたくさんの空気を燃焼室に送り込むため高速燃焼につながる。

バルブシートの生産ラインも改良を図っていくつもりだ」 ―電動化の進展でピストンリングのようなエンジン部品は今後どうなりますか。 ... エンジン車のニーズはまだ大き...

日本ピストンリングは自動車エンジン部品のバルブシートの生産拠点で、米国、インド、タイの各拠点の生産ラインを今後数年内に更新する。... バルブシートはエンジンバルブの周囲に取り付けて燃焼室の気密性を保...

同社はこれまでピストンリングやバルブシートなど内燃機関向け部品を乗用車およびバイク向けに納めてきた。

【浜松】エンシュウは11日、自動車エンジンのバルブシートをレーザーで肉盛りするレーザークラッドバルブシート加工機をトヨタ自動車と共同開発したと発表した。... バルブシートはシリンダーヘッドのエンジン...

独立系では、日本ピストンリングが中国でバルブシートを生産する生産子会社に新ラインを導入する。... トヨタ紡織とタチエスは3月に自動車用シート事業で業務提携。シートフレームや機構部品の開発や生産といっ...

バルブシートは自動車のエンジンバルブの周囲に位置し、エンジンの燃焼室の気密性を保って、燃焼性能を高める部品。... バルブシートを生産する子会社は、日ピス福島製造所(福島県川俣町)。....

日本ピストンリングは2018年春までに中国と米国にあるバルブシート生産拠点の能力を増強する。... バルブシートはエンジンバルブの周囲に位置し、エンジンの燃焼室の気密性を保って、燃焼性能を高める重要な...

日本ピストンリングはインド南部のカルナタカ州にバルブシートを作る新工場を約10億円かけて建設する。... 新工場を運営するのは同社子会社のNPRオートパーツ・マニュファクチャリング・インディアで、バル...

【マツダの低燃費技術支える】 マツダの低燃費技術「スカイアクティブ」は、自動車の燃費を2―3割改善したが、裏方で支えるのが日本ピストンリング製のピストンリングやバルブシートなどである...

海外市場を中心にピストンリングやバルブシートの新たな需要を開拓する。

80年代に入り、自動車メーカーからバルブシートの無電解ニッケルメッキの注文が持ち込まれた。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる