電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

517件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

バーナーで熱しつつ目で温度を判断した上での作業や、ダイヤ1粒ずつの形に応じて接合する作業もある。

ヤマハ発、鋳造に水素ガス活用 森町工場で実証 (2024/7/11 自動車・モビリティー)

実験では鋳造工程で用いるアルミ合金を溶解するバーナーや熱処理炉の燃料を水素ガスにする。 ... 実験では水素ガスを用いた場合の品質への影響を検証するほか、水素バーナーによる温度制御技...

リンナイ、ビルトインコンロ刷新 自動調理機能を充実 (2024/7/4 機械・ロボット・航空機2)

強火力バーナー間の寸法を広げ、調理器具同士の干渉をしにくくした。... 左右二つの強火力バーナー間の寸法を従来の350ミリメートルから370ミリメートルに拡大して、大きなフライパンや鍋の同時調理をしや...

部品交換のみで水素燃焼 横井機械工作所が小型バーナー (2024/6/25 機械・ロボット・航空機2)

そこで横井機械工作所は新開発の小型水素バーナーと合わせて、水素と化石燃料の特性に合わせた2種類のバーナーノズルも開発。... 同社が展開する化石燃料専用のPBX型パイロットバーナーと同程度の出力で、メ...

JFE、ラジアントチューブバーナーを長寿命・低NOx化 (2024/6/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

通常のバーナーと異なり、燃料と空気が金属製のチューブ内で燃焼反応を起こし、加熱されたチューブの輻射熱によって鋼板を加熱する。 ... ラジアントチューブの形状やバーナー周り、伝熱促進...

大陽日酸、排ガスを水素で燃焼処理 半導体向け装置発売 (2024/6/18 素材・建設・環境・エネルギー2)

新製品はバーナー部と1次冷却部、2次冷却(スクラバー)部で構成した。半導体製造装置から出た排ガスは、まずバーナー部で加熱分解。

AXIA EXPO 2024/紙上プレビュー(3) (2024/5/29 西日本)

【横井機械工作所/水素・アンモニア燃料バーナー】 横井機械工作所(名古屋市守山区)は、水素を燃料とする工業用バーナー(写真)やアンモニア燃焼...

排熱ボイラ追焚きバーナーも30%混焼まで製品化が可能だ。

さあ出番/Daigasエナジー社長・福谷博善氏 供給網を俯瞰、営業提案 (2024/5/15 素材・建設・環境・エネルギー1)

バイオガスやバーナーに関しては、独自の技術開発部隊を持つ。

また同工程で排出されるガスを燃焼させて無害化する「アフターバーナー炉」の燃料についても、液化石油(LP)ガスから水素に切り替えた。

IHI、アンモニア燃焼実証 出光のナフサ分解炉で (2024/5/3 機械・ロボット・航空機)

IHIは2021年からナフサ分解炉用アンモニアバーナーの開発に着手。... 開発したバーナーは出光興産の徳山事業所で操業中のナフサ分解炉で実証し、投入熱量比20%程度までの範囲でアンモニアが安...

セメント、脱炭素に知恵 製造工程でのCO2排出量削減図る (2024/5/3 素材・建設・環境・エネルギー)

島裕和フェロー兼地球環境対策プロジェクトリーダーは「シミュレーション技術を活用しながら、開発したバーナーの性能や設置場所を検証する」とした。

エコム、豊通テックからリジェネ事業取得 (2024/4/16 機械・ロボット・航空機1)

【浜松】エコムは豊通テック(愛知県豊田市、西川義史社長)から、廃熱回収性能が高いバーナー「リジェネバーナー=イメージ」の設計・製造・販売・メンテナンスを手が...

もう一つの既存事業であるバーナー部品を生産するための、板材の曲げ加工や溶接技術をアッシュタワーに応用している。

ノリタケ、水素燃焼試験サービス 小牧工場で来月から (2024/4/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

高速の火炎を噴出するハイスピードバーナーと、廃熱で燃焼空気を予熱して省エネルギー化するリジェネレイティブバーナーの2種類を試せる。

日特陶、水素でセラ製品焼成 今月から試験開始 (2024/4/3 素材・建設・環境・エネルギー1)

試験では常温1600度Cの温度域に対応した水素燃焼バーナーを開発・使用する。バーナーはナリタテクノ(愛知県瀬戸市)と共同開発したセラミックス専用のものを使う。

JERA・IHI、碧南火力にアンモニア 初の大規模実証 (2024/4/3 素材・建設・環境・エネルギー2)

IHIは同発電所5号機で行った燃料アンモニアの小規模利用試験(熱量比0・02%)を踏まえ、実証用バーナーを開発。

二酸化炭素(CO2)の分離回収や水素とCO2で都市ガス原料を作るメタネーション、水素燃焼用バーナーなどを紹介する。

出光、ナフサ分解炉でアンモニア燃焼 実証で操業可能性確認 (2024/3/25 素材・建設・環境・エネルギー)

アンモニア専用バーナーの採用や燃焼制御により、窒素酸化物が環境規制値以下であることを確認した。

JERAとIHI、アンモニア20%混焼 碧南石炭火力27年商用化 (2024/3/15 素材・建設・環境・エネルギー)

4号機のバーナー全48本を改造した。... 耐久性への影響を踏まえ、バーナー素材を変えた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン