1,355件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

「筐体ごと砕き、鉄、アルミニウムから金、銀、パラジウムなど貴金属まで回収する」と価値を高め“勝ち”組を目指す。

 【川越】秩父回収資源(埼玉県皆野町、小澤通利社長)は、廃棄後の電子機器から金、銀、パラジウムなど貴金属を回収する事業を始めた。... その中には「都市鉱山」と呼ばれるほど金、銀、パラジウムなど貴金属...

一方、部品供給網の混乱による自動車の減産を受け、排ガス浄化触媒に使うパラジウムが水準を切り下げた。... 一方、東南アジアの部品供給障害を受けて自動車の減産が広がり、用途の約8割が排ガス浄化触媒のパラ...

電子部品、値上げ顕在化 需要が急回復、納期2倍  (2021/9/21 電機・電子部品・情報・通信2)

抵抗器の抵抗被膜に使う貴金属のルテニウムやパラジウム、センサーが用いるガラスなどの価格も21年以降、値上がりしている。

ガソリン車の排ガス浄化触媒などに使うパラジウムの国際相場が約1年ぶりの安値圏まで下落している。... 下押し圧力 強まる ニューヨーク市場のパラジウム先物は、日本...

ガソリン車の排ガス浄化触媒に使うパラジウムは、東南アジアでの車載部品の供給網の混乱を背景に相場が下押しされた。... ニューヨーク市場のパラジウム先物は、日本時間8月31日昼時点でトロイオンス当たり2...

ガソリン車の排ガス浄化触媒などに使うパラジウムの国際相場の下落が一服している。... パラジウムは半導体不足に伴う自動車減産に上値を抑えられてきたが、足元では需要環境の改善観測もある。... パラジウ...

研究グループはアルミニウム87%に対し、銀、金、コバルト、銅、鉄、イリジウム、モリブデン、ニッケル、パラジウム、白金、ロジウム、ルテニウム、チタンをそれぞれ1%混ぜたアルミ合金を作製した。

日本原子力研究開発機構の藤暢輔グループリーダーと早稲田大学の海老原充教授らは、分析困難な放射性核種の「パラジウム(Pd)107」の簡便な分析に成功した。

パラジウム触媒を用いることで水を溶媒に利用できる。... 次にパラジウム触媒に活性化されたベンジルアルコールが反応してキナゾリノンが合成される。

従来のパラジウム触媒ではなくコバルト触媒を付与することにより、均一で被覆性に優れた無電解メッキ皮膜を得られる。... ニッケルと金、パラジウムと金といった各種無電解メッキ処理に対応する。従来の触媒付与...

Epoc保護基の状態では強酸や強塩基、ヒドラジン、パラジウム触媒にさらされても安定している。

吸着量はパラジウムなど貴金属ナノ粒子の数分の1にとどまるが、ゼオライトは価格競争力が高い。

中でもパラジウムは触媒に半世紀も使われているが、産出量は世界で年200トン程度。

深層断面/循環型社会 藻が活躍 (2021/7/14 深層断面)

金属の溶液中にガルディエリアを入れると、細胞壁の表面に金とパラジウムがくっつく。... 死んでいても金とパラジウムを吸着する性質をもち、強酸性の溶液からも金属を回収できる。

【吸蔵速度着目】 そこで、まず水素吸蔵材として最も基本的なパラジウムを用いて試したところ、一見厄介な結果が得られた。... さらなる研究で非晶質パラジウム合金を用いることにより吸蔵量...

パラジウムなどの遷移金属を用いた触媒を研究した。

膨大なエネルギーコストや、パラジウムなど高価な原材料が課題だった。

中でもガソリン車の触媒に使うパラジウムは排ガス規制の強化で19年以降需要が拡大しているとされる。

非鉄8社の通期見通し、5社が当期減益 相場・為替影響 (2021/5/17 素材・医療・ヘルスケア)

DOWAホールディングス(HD)は製錬事業で、亜鉛、パラジウムといった貴金属価格の上昇が継続するとみて増益を予想する。

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる