232件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

SiCと絶縁基板、アルミニウムのヒートシンクを低温低圧の銀焼結で直接接合した。... ヒートシンクなど加圧する接合が使えない複雑形状でも大面積接合ができる。

パワーデバイス用セラミックス回路基板や次世代ヒートシンクへの適用が期待されている。

パワーデバイス用セラミックス回路基板や次世代ヒートシンクなどの高放熱化に適用できる。... このため高放熱のヒートシンクで要求される既存工法のエッチングでは困難なセラミックスへの厚い銅材へ電極形成がで...

発電装置に超低熱伝導率のメラミンスポンジを封止材として用いることで、冷却性ヒートシンクを使わず発電に必要な温度差を確保した。

合金フレームは紫外線での強度劣化がなく、制御機器を内蔵してヒートシンクの役割も果たす。

三菱電、型彫り放電加工に中型機 AIで安定・高速化 (2021/6/25 機械・ロボット・航空機)

自動車のバッテリーケースやヒートシンク、アルミダイカスト金型の加工向けに訴求し、年間100台の販売を目指す。

製品の部品構成について、パワー半導体やヒートシンクなどを搭載する主回路部分と、マイコンやメモリーなどの制御回路部分に分けるプラットフォーム設計を採用する。

国内電線大手、米英で光ファイバー攻勢 中国市場ピークアウト (2021/5/10 電機・電子部品・情報・通信)

(山田邦和) 古河電気工業は、今夏からフィリピンの拠点でヒートシンクなどの量産を始める。

銅合金は熱交換器やヒートシンク、高周波加熱コイルといった熱伝導性や導電性が必要な部品で使われる。

昭和丸筒、熱伝導複合材を今春量産 熱抵抗1ワット当たり0.1℃に (2021/1/19 電機・電子部品・情報・通信2)

ヒートシンク(放熱器)と併用することで電子部品などから発生する熱を効率良く逃がして冷却する。

ダイヤモンドは屈折率や硬度、熱伝導率が極めて高く、パワーデバイスやヒートシンクなどの省電力化、軽量化が実現可能。

軽すぎる!?ヒートシンク かがつう、納入先拡大 (2020/11/19 機械・ロボット・航空機2)

かがつう(東京都中央区、野崎信春社長、03・6661・6341)が2017年に製造販売を始めたプリント基板などを冷却する「ヒートシンク=写真」の納入先が着実に増えている。

従来工法である切削ヒートシンク製造のプロセスと比較して二酸化炭素(CO2)排出量を4分の1程度削減可能との結果を得た。... 長野県工業技術総合センター、東京都市大学、住友精密工業などの協力を得て、航...

吸音材やヒートシンクの代替、フィルターといった、さまざまな用途への活用を提案している。

同社ではこれら量産品のほか、自動車のテールランプ向けのソケット部品(ヒートシンク)でも、専用工場におけるフル生産が続く。

先端材料技術展2020 ONLINE/注目の製品・サービス(4) (2020/10/20 素材・医療・ヘルスケア)

熱・電気・電磁波をコントロールする「iCas(アイキャス)」ブランドから高性能ヒートシンク、ステンレス繊維面状ヒーター、高耐熱の無機繊維シートを出品。

マジックヒートシンクスユニットのヒートシンクとなる冷却フィン形成には、専用の冷間プレス機を用いた。

ランプ部品やヒートシンクなど自動車関連のダイカスト部品の製造を主力とする。

フロロコート、放熱コートの受託加工 冷却効果30%向上 (2020/5/14 素材・医療・ヘルスケア)

ヒートシンクをコーティングで代替できる」(同)ことで部品点数の削減にもつながる。同じ温度特性のアルミニウム製ヒートシンクと比べて、サイズで93%以上、重量で83%以上削減できるという。 ...

回路基板とともにヒートシンクの上に搭載する。 同ヒートシンクはアルミダイカスト製品などと比較して約半分に軽量化を実現。... そのため「約1年後には、ヒートシンクの生産数は月間200...

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる