117件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

冨沢社長は今後の製品化の方針について「ソフトバンクビジョンファンド(の投資先)や海外拠点と連携し、ニーズが高い技術のロボット化を実現したい」と話した。 ...

運用額約10兆円の「ビジョン・ファンド」を軸としたファンドからの投資利益2966億円も寄与した。

ソフトバンクG、400億円申告漏れ (2020/8/5 電機・電子部品・情報・通信1)

傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)の運営を担う海外子会社への成功報酬約140億円についても経費計上が認められなかったほか、海外にある関連会社の所得の合算漏れなどを指摘されたという。

アームの株式はソフトバンクGと「ビジョン・ファンド」が全て保有している。

SBGは新型コロナウイルス感染症の影響もあり、ベンチャー企業などへの投資を手がける「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」で巨額の投資損失を計上。

このファンドは、ソフトバンク傘下の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」出資のスタートアップ企業に多額を投資しているという。 ... 事情を知る3人の関係者による...

(総合3に関連記事) 20年3月期のSBGは市場環境の悪化もあり、ベンチャー企業などへの投資を手がける「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」で約1兆8000億円の投資損失を計...

孫社長は、ベンチャー企業などへの投資を手がける「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」の現況をこう語った。

人工知能(AI)関連の有望企業に出資する運用額10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」で、約1兆8000億円の投資損失を計上することが響く。 ... だが、19年...

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う市場環境の悪化を受け、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」において約1・8兆円の投資損失を計上することが響く。

孫氏は、SBGが運営する10兆円規模のファンドの出資先企業について「(全88社のうち)15社は破産するだろう」と述べる一方、ファンドの運営には問題がないと強調した。 SBG傘下の「ソ...

SBGは運用額10兆円規模の「ビジョン・ファンド」を通じて人工知能(AI)関連技術を持つ有望企業に投資する戦略的持ち株会社に移行している。... SBG株を取得している米ファンドのエリオット・マネジメ...

運用額10兆円規模のビジョン・ファンドを軸としたファンド事業の営業損失が7978億円に膨らんだ。

これにより、SBGは10兆円規模の投資ファンド「ビジョン・ファンド」を軸とした投資会社としての色合いが強まる。 巨額投資した米シェアオフィス大手ウィーワークや米配車アプリ大手ウーバー...

成長企業に投資する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」主導で2年近く前に2億4000万ドル(現在のレートで約263億円)の出資を受けた米オンライン小売りのブランドレスは、事業を閉鎖すると発表した。.....

【サンフランシスコ=ロイター時事】ソフトバンクグループ傘下の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」は、米国マネジングパートナーのマイケル・ローネン氏が退社した。

産業春秋/孫さんに抜け目なし (2019/12/25 総合1)

ただ、その2分野のAI技術を確立した米企業は、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが出資する企業。

ペイペイは「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が出資するインド最大の決済サービス会社ペイティーエムのデジタル決済技術を活用し、スマホ決済黎明期の日本市場に打って出た。

自動運転ではソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が出資する米GMクルーズが、歩行者の横断や対向車、工事中による道路規制などをAIで認識する自動運転を実現している。

ソフトバンクグループのビジョン・ファンドと中国のアリババ・グループ・ホールディングが出資しているインドネシアの電子商取引サイト運営会社トコペディアは、最大15億ドル(約1630億円)の資金調達に向け協...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる