23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

【データ集積】 今後は、収集した膨大なデータをビックデータとして集積し、個人が撮影した咽頭後壁の状態を、AIの画像解析によりウイルスの疾患特異性を判断できるようにする計画だ。 ...

このうち、富士通とは人流可視化・広域観光ビックデータの実証試験を小樽・ニセコ地域で実施。

アルプスアルパイン、社員にAI講座 (2020/2/21 電機・電子部品・情報・通信1)

受講生にはビックデータ(大量データ)の処理やAIプログラミング、深層学習などの基盤教育に加え、社会課題をテーマとした実践的な応用教育も行う。

「近年増え続けているビックデータ(大量データ)と、それを分析する力を養う『データサイエンス』を学べる学部を構想中だ。

佐藤工業と滋賀大、データサイエンスで連携 研究開発・人材育成 (2019/10/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

建設施工のビックデータ(大量データ)を活用し、次世代建設技術の研究開発や人材育成につなげる狙い。

ただ、ビックデータの解析やビジネスの価値を創出するデータサイエンティストは専門性が高く、育成は難しい。

ソフトバンクがビックデータ解析やAI(人工知能)開発を支援。

SMFLは企業のビックデータを持つ東京商工リサーチ、データ分析やアルゴリズム開発などに知見がある一橋大学と連携して確立する。

産総研、ジェイテクトと連携研究ラボ (2019/5/16 科学技術・大学)

人工知能(AI)などの革新技術による工場機器のスマート化(知能化・自律化)やビックデータ(大量データ)を高度に使用したスマートファクトリーにつながる工作機械の研究開発、周辺技術開発や実用化に取り組む。...

同事業のほか、人工知能(AI)を活用したビックデータ分析により、不正申し込みや不正アクセスを監視、検知する仕組みを構築する「不正検知プラットフォーム事業」の提供も検討する。

そのうち電波は、関係法令により用途によって周波数が割り当てられているが、スマートフォンの普及やIoT(モノのインターネット)、ビックデータ、AI(人工知能)による新しい産業構造変革によって、従来利用し...

【成果を社会還元】 個別のプログラムとしては(1)人が生き活き生活するため、人の健康増進を統合的に科学し、発展し続けるプラットフォームの創成を目指す「健康“生き活き”羅針盤リサーチコ...

また、ビックデータ(大量データ)解析により、顧客の持つ潜在ニーズに対応した新サービスを生み出し、「生産性を向上させる」(中山泰男セコム社長)方針だ。... AI技術を取り込んでビックデータを分析するこ...

トモニはビックデータ(大量データ)解析や人工知能(AI)技術により発電設備の効率・信頼性を高めるサービス。

連携で、NTTデータが保有するAIやビックデータ処理、情報セキュリティーなどの技術を補完。

IoT(モノのインターネット)、人工知能(AI)、ビックデータ(大量データ)をフルに活用して、社会に役立ちたい」 【記者の目/最新技術・官民連携で主導】 ...

東商、「第4次産業革命」で冊子−中小モノづくり後押し (2016/11/29 モノづくり基盤・成長企業)

中小企業のIoT(モノのインターネット)・ビックデータ・AI(人工知能)・ロボットの活用を後押しするのが狙い。... IoT、ビックデータ、AIなどがモノづくりのビジネスに与える影響を解説する。

NEC、シンガポールで次世代電力網開発プロに参画 (2016/8/19 電機・電子部品・情報・通信1)

ビックデータ(大量データ)分析に基づくリスク管理によって、設備管理の高度化について検討する。

ただ、新たなプロモーション手法やビックデータ(大量データ)の活用は、メーカーが顧客を獲得する有力なツールになることは間違いない。

「中小のICT推進を」 東商、国に要望 (2016/8/2 モノづくり基盤・成長企業)

このため、東商、日本商工会議所ではかねてICT利活用の促進を訴えていたが、今回、さらに専門家の育成、データベース活用講習会の開催数拡大・内容のインターネット配信、企業内研修への講師派遣や、データ活用し...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる