130件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

第5世代通信(5G)の先のビヨンド5Gやロボットなどのメタマテリアルを開発する。

NEC、川崎に5G共創施設 50社と社会実装推進 (2022/6/10 電機・電子部品・情報・通信)

さらに2022年度中に5Gの次世代の「ビヨンド5G」や、NTTの次世代光通信基盤の構想「IOWN(アイオン)」をテーマとした共創の場も整備し、イノベーション創出を加速する。 &...

市場の作り方や収益化も考えながら技術を開発する」 ―次世代のクルマを支える第5世代通信(5G)やビヨンド5G関連の研究は。

組織としては次世代通信システム「ビヨンド5G」の基金事業で、運営費交付金よりも大きな金額を差配する。... ―ビヨンド5Gの基金事業として運営費交付金の倍近い予算を管理運営します。 ...

進化するスマートシティー(2)“血管”担う通信インフラ (2022/5/27 電機・電子部品・情報・通信)

ビヨンド5G前倒しを スマートシティーにおける通信の役割を定義するために、従来型都市とスマートシティーとの違いについて考えたい。... デジタル田園都市...

第5世代通信(5G)や、更にその先のビヨンド5G/第6世代通信(6G)を高性能なネットワークとするために、電気と光の信号変換技術は重要な要素技術の一つであり、...

しかし、2030年頃のビヨンド5G/6Gやその先(7G)を見据えた場合、広い周波数帯域の確保の点から数十ギガヘルツのミリ波帯からさらにその上のテラヘルツ(テラは1兆&...

NECネッツエスアイ、2社に出資 ローカル5G差別化で先手 (2022/4/27 電機・電子部品・情報・通信2)

(編集委員・斉藤実) NESICは5Gの次世代の「ビヨンド5G」を含むローカル5G事業を22年度以降の事業拡大戦略の目玉に据え、地域・自...

09年に設立された米ビヨンド・ミート社はエンドウ豆由来の植物肉を主材料とするビヨンド・バーガーをはじめ、これまでに複数の製品を市場に投入している。

研究機関である情通機構が資金配分機関の役割を担い、ビヨンド5Gの研究開発プロジェクトの進捗を管理する。... ビヨンド5G研究開発促進事業の予算は200億円と大きな資金になる。 .....

米国ベンチャーのビヨンド・ミートなどが開発に成功。

デジタル人財育成術(7)ソフトバンク、AI知識、社員へ習得奨励 (2022/3/23 電機・電子部品・情報・通信2)

ソフトバンク採用・人材開発統括部人材開発部の岩月優部長は、通信事業者の枠を超えて多様なIT関連事業を展開する自社の戦略「ビヨンド・キャリア」推進に当たり、人工知能(AI)の知見が必要だ...

NESIC、23年度にローカル5Gで年商100億円 地域・スマートビル照準 (2022/3/1 電機・電子部品・情報・通信)

地域・自治体やスマートビル向けを注力領域とし、次世代の「ビヨンド5G」への対応も含め23年度にローカル5G事業で売上高100億円を目指す。 ... ビヨンド5Gは東京大学発ベンチャー...

KDDI総研が実証 基地局連携で電波干渉・消費電力低減に成功 (2022/2/24 電機・電子部品・情報・通信2)

KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市、中村元所長)は、第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」に向けて、複数の通信基地局を連携させて基地局間の電波干渉の...

シャープは、東京大学や東京工業大学、日本無線などと「ビヨンド5G(B5G)」と呼ばれる第5世代通信(5G)の次の社会基盤実現に向けた研究開発を始めた。

次世代通信「ビヨンド5G」(6G)で使われる電子機器のコネクターや半導体ソケットなどの部品は、薄型・小型化や高周波の伝送特性が必須になっている。

携帯、通信網運用を自動化 障害検知・復旧を迅速化 (2022/1/27 電機・電子部品・情報・通信2)

5Gやその次の世代「ビヨンド5G」(6G)に向け、これまでとは異なる通信障害の発生も懸念される。

三菱ケミ、超低誘電損失フィルム開発 高周波通信向け (2022/1/19 素材・医療・ヘルスケア)

三菱ケミカルは18日、第5世代通信(5G)やビヨンド5Gなどの高周波通信向けに超低誘電損失フィルム2種類を開発したと発表した。

展望2022/日本精工社長・市井明俊氏 摩擦・潤滑技術掘り下げ (2022/1/12 機械・ロボット・航空機1)

軸受にはこだわるが『ベアリング&ビヨンド』をキーワードにうまく技術を掘り下げながら事業領域を拡大する」 ―カーボンニュートラル対応を積極的に進めています。 ...

米KFC、植物由来代替肉のフライドチキン販売 (2022/1/10 建設・生活・環境・エネルギー)

KFCは2019年8月、米ビヨンド・ミート社が手がける代替肉フライドチキンの試験販売を南部ジョージア州アトランタで開始。... ビヨンド・ミートは21年2月、KFCやピザハットを運営する米ヤム・ブラン...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン